引越しゴミはどう処分するのか? おすすめの方法とコツを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引越しゴミの処分にお困りではありませんか? 引越しを機に処分するものはたくさんあるでしょう。そのゴミをどのように処分すべきか、迷っている人は多いと思います。引越し前にはやらなければならないことがたくさんあるため、できればゴミの処分もスムーズに済ませたいものですよね。この記事では、引越しの際に出るゴミの処分方法やコツなどについてご紹介しましょう。

  1. 引越しで出るゴミについて
  2. 自治体を利用して引越しゴミを処分する場合
  3. 引越し業者に依頼して引越しゴミを処分する場合
  4. リサイクルやリセールで引越しゴミを処分する場合
  5. 回収業者に依頼して引越しゴミを処分する場合
  6. 引越しゴミの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、引越しの際に出るゴミの処分についてわかるはずです。ぜひ参考にして、引越しをスムーズにすすめてください。


1.引越しで出るゴミについて

引越しで出るゴミにはどのようなものがあるのか、困りごとや注意すべき家電などをまとめました。

1-1.どんなものが出るのか?

まず、引越しで出るゴミにはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1-1.可燃物

可燃物は指定のゴミ袋に入れてゴミの日に出して処分できます。ただし、引越しとなると大量の可燃物が出る可能性があるため、多すぎる場合は捨て方を考える必要があるでしょう。ゴミ捨て場が一気にいっぱいになると、ほかの人に迷惑をかけることになってしまいます。計画を立てて何日かに分けて捨てるか、別の捨て方を検討してください。

1-1-2.電化製品

引越しを機に電化製品を買い替える人は多いと思います。寿命が近づいているものがあれば、この機会に買い替えるとよいでしょう。事前に買い替える電化製品を決めておき、どのように処分するか考えておいてください。状態によっては、家電量販店の下取りやリサイクルショップの買い取り対象になるものもあるはずです。

1-1-3.大型家具

「新居に置くにはサイズが合わない」「雰囲気を変えたい」などの理由で、ベッドやタンスなどの大型家具を買い替える人も多いでしょう。特にタンスは、クローゼットのサイズによっては新居で必要なくなる場合もあります。大型家具は基本的に、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることが可能です。しかし、自治体によって分類や捨て方に違いがあるため、事前に確認しておきましょう。

1-2.困りごととは?

引越しゴミにありがちな困りごとは、まず「大量である」という問題です。通常の片づけや模様替えなどでは出ないような量のゴミが発生する可能性があるでしょう。そのゴミ一つ一つに、適した処分方法があります。分別して処分方法を考えていくのは、大変な作業になるはずです。また、中には「まだ使えるけれど必要のないもの」もあるでしょう。買い替えや新居の状況によっては、持っていかないものもあるはずです。そういった不用品をどのように処分すべきか、考えなければなりません。

1-3.注意すべき家電

注意が必要なのは、家電リサイクル法に定められた冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビの4品目です。この4つは法律によって粗大ゴミとして捨てることができません。基本的にはメーカーが回収して認定事業者がリサイクルすることが義務づけられているのです。また、パソコンも自治体が回収するゴミとして捨てることができません。メーカーによる回収か回収業者への依頼を検討しましょう。