引越しゴミはどう処分するのか? おすすめの方法とコツを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引越しゴミの処分にお困りではありませんか? 引越しを機に処分するものはたくさんあるでしょう。そのゴミをどのように処分すべきか、迷っている人は多いと思います。引越し前にはやらなければならないことがたくさんあるため、できればゴミの処分もスムーズに済ませたいものですよね。この記事では、引越しの際に出るゴミの処分方法やコツなどについてご紹介しましょう。

  1. 引越しで出るゴミについて
  2. 自治体を利用して引越しゴミを処分する場合
  3. 引越し業者に依頼して引越しゴミを処分する場合
  4. リサイクルやリセールで引越しゴミを処分する場合
  5. 回収業者に依頼して引越しゴミを処分する場合
  6. 引越しゴミの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、引越しの際に出るゴミの処分についてわかるはずです。ぜひ参考にして、引越しをスムーズにすすめてください。


1.引越しで出るゴミについて

引越しで出るゴミにはどのようなものがあるのか、困りごとや注意すべき家電などをまとめました。

1-1.どんなものが出るのか?

まず、引越しで出るゴミにはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1-1.可燃物

可燃物は指定のゴミ袋に入れてゴミの日に出して処分できます。ただし、引越しとなると大量の可燃物が出る可能性があるため、多すぎる場合は捨て方を考える必要があるでしょう。ゴミ捨て場が一気にいっぱいになると、ほかの人に迷惑をかけることになってしまいます。計画を立てて何日かに分けて捨てるか、別の捨て方を検討してください。

1-1-2.電化製品

引越しを機に電化製品を買い替える人は多いと思います。寿命が近づいているものがあれば、この機会に買い替えるとよいでしょう。事前に買い替える電化製品を決めておき、どのように処分するか考えておいてください。状態によっては、家電量販店の下取りやリサイクルショップの買い取り対象になるものもあるはずです。

1-1-3.大型家具

「新居に置くにはサイズが合わない」「雰囲気を変えたい」などの理由で、ベッドやタンスなどの大型家具を買い替える人も多いでしょう。特にタンスは、クローゼットのサイズによっては新居で必要なくなる場合もあります。大型家具は基本的に、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることが可能です。しかし、自治体によって分類や捨て方に違いがあるため、事前に確認しておきましょう。

1-2.困りごととは?

引越しゴミにありがちな困りごとは、まず「大量である」という問題です。通常の片づけや模様替えなどでは出ないような量のゴミが発生する可能性があるでしょう。そのゴミ一つ一つに、適した処分方法があります。分別して処分方法を考えていくのは、大変な作業になるはずです。また、中には「まだ使えるけれど必要のないもの」もあるでしょう。買い替えや新居の状況によっては、持っていかないものもあるはずです。そういった不用品をどのように処分すべきか、考えなければなりません。

1-3.注意すべき家電

注意が必要なのは、家電リサイクル法に定められた冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビの4品目です。この4つは法律によって粗大ゴミとして捨てることができません。基本的にはメーカーが回収して認定事業者がリサイクルすることが義務づけられているのです。また、パソコンも自治体が回収するゴミとして捨てることができません。メーカーによる回収か回収業者への依頼を検討しましょう。

2.自治体を利用して引越しゴミを処分する方法

自治体のゴミ回収に引越しゴミを捨てる方法についてまとめました。

2-1.可燃物

可燃物を処分する方法をご紹介します。

2-1-1.回収日について

可燃物は自治体ごとに決められた回収日にゴミ捨て場に持っていきましょう。多くの自治体では週に2回ほど回収日が定められています。自治体ごとに指定されたゴミ袋があるため、その中に入れて捨ててください。

2-1-2.大量の場合は直接持ち込むことも

大量にある場合は、直接ゴミ処理場に持っていく方法もあります。自治体に依頼して持っていってもらうこともできますが、運搬費用が発生するため注意が必要です。

2-2.電化製品

電化製品には捨てられるものとリサイクルすべきものがあります。方法や料金などを知っておきましょう。

2-2-1.捨てられるものとリサイクルするべきもの

家電リサイクル法の対象品目である冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビとパソコン以外は、基本的に自治体のゴミ回収を利用して捨てることができます。ただし、小型家電リサイクル法を採用している自治体では、デジタルカメラやゲーム機・携帯電話などの小型家電を回収ボックスで回収しているところもあるため、事前に確認してください。リサイクルすべきものはリサイクルに回しましょう。回収ボックスの設置場所については、各自治体のホームページから検索可能です。

2-2-2.方法と料金

家電リサイクル法の対象品目については、家電量販店などの小売業者にリサイクル料金を支払って回収してもらうことができます。この場合は収集運搬料金も支払う必要がありますが、金額はお店によって異なるため確認してください。小型家電リサイクル法の対象になるものは、自治体によって回収方法が異なります。多くの自治体ではスーパーや公共施設に回収ボックスを設置しているため、ホームページで設置場所を調べてみましょう。投かん口から入れるだけで回収してもらえるため、費用はかかりません。

2-2-3.メリットとデメリット

自治体を利用するメリットは、やはり安さでしょう。その反面、指定の場所まで自分で不用品を運ばなければならない点、回収日が決まっている点などをデメリットに感じる人も多いはずです。

2-3.大型家具

大型家具の処分方法についてご紹介します。

2-3-1.処分方法

大型家具の場合は、ほとんどが粗大ゴミ扱いになります。まずは電話やインターネットで予約をし、回収日時と回収場所・料金を確認してください。事前にコンビニや郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、家具に貼った状態で指定の日時に回収場所に持っていくという流れです。

2-3-2.大きさや解体・運搬についての注意点

粗大ゴミにも大きさの制限があり、自治体によって何cmまでと決められています。サイズを超えた場合は解体する必要があるため、十分注意してください。また、大型家具を回収場所まで運搬する際は、一人で行うと危険な場合もあります。手伝ってもらえる人がいない場合は、別の方法を検討すべきでしょう。

2-4.自転車

自転車は基本的に、粗大ゴミとして回収する自治体がほとんどです。しかし、防犯登録の抹消手続きを済ませていることが条件になります。自転車を購入したお店に行き、身分証明書を提示して手続きをしてください。

3.引越し業者に依頼して引越しゴミを処分する場合

引越しを依頼した業者にゴミの処分を依頼できる場合もあります。

3-1.引越し業者が回収してくれるもの

引越し業者に引越しゴミの処分を依頼すると、引越しと不用品の処分が同時にできるため大変便利です。引越しの見積もりを依頼したときに一緒に処分費用の見積もりを出してもらいましょう。引越し業者が回収してくれるものは可燃ゴミから大型ゴミまで幅広いのが特徴ですが、業者によっては分別が不明確なものなどは対象外になる場合もあります。事前に確認しておきましょう。

3-2.料金

ほとんどの引越し業者では、有料のオプションサービスとして用意されています。1点あたり3,000~5,000円程度が相場になるため、自分で処分する方法よりも高くなることが予想できるでしょう。「お金がかかってもよいので手間を省きたい」という人は、引越し業者に依頼してみてください。

3-3.注意点

引越し業者によってはゴミの処分を行っていないところや、エリアによっては回収できない場合もあります。また、回収だけでなく買い取りも対象にしている業者もあるため、引越し業者選びは慎重に行う必要があるでしょう。料金だけでなく、サービス内容についてもしっかり比較して選んでください。

4.リサイクルやリセールで引越しゴミを処分する場合

まだ使える状態の家具や電化製品などは、買い取りに出すことをおすすめします。

4-1.不用品のリサイクル・リセールとは?

不用品をリサイクル・リセールすることには、ゴミを減らすこと・資源を再利用することなどのメリットがあります。まだ使える状態で「捨てるのがもったいない」と思うものは、リサイクルに回しましょう。処分費用もかからないため、処分する側としてもメリットが大きい方法です。

4-2.どんなものが可能か?

使用感が少なく比較的きれいな状態のもの・動作に問題がないものであれば、たいていは買い取り可能になるでしょう。ただし、買い取り先によっては買い取り対象にならないものもあるため、事前にホームページや電話などで確認しておくことをおすすめします。

4-3.メリットとデメリット

リサイクルやリセールに出すメリットは、やはり「お金になる」という点でしょう。引越しには何かと出費がかさむため、お金をもらって不用品を処分できるのはありがたいと感じる人が多いはずです。ただし、買い取り先によって査定基準は異なります。高く買い取りしてもらうためには、しっかりと比較して選ぶ必要があるでしょう。

4-4.方法

不用品をリサイクルする方法として最も手軽なのが、リサイクルショップでしょう。その場で査定して現金化してもらえるため、急いで処分したい人にはおすすめです。ただし、リサイクルショップの買い取り価格は低めなのが一般的なため、高価買い取りを期待している人には不向きでしょう。また、買い取りしてもらえなかった場合、せっかく持ち込んだ不用品を再び持ち帰らなければなりません。また、不用品の回収や買い取りを行っている専門業者を利用するのもおすすめです。買い取りの対象にならなかったものは回収という形で引き取ってもらえるため、確実に処分できます。ただし、悪質な営業をしている業者もあるため、注意が必要です。

4-5.注意点

少しでも高く買い取りしてもらうためには、査定を依頼する前にできるだけきれいな状態に掃除しておきましょう。高額査定のポイントは、できるだけ新品の状態に近づけることです。付属品や外箱などがあればそろえておいてください。

5.回収業者に依頼して引越しゴミを処分する場合

引越しゴミの処分を回収業者に依頼する方法についてご紹介します。

5-1.業者の選び方

不用品の回収を受け付けている業者はたくさんあります。その中から信頼できる業者を選ぶためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確であるか
  • 料金体系がわかりやすいか
  • 事務所の所在地や電話番号を明記しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーであるか

5-2.メリット

不用品回収業者を利用する最大のメリットは、手間をかけずに引越しゴミを処分できるという点でしょう。電話1本で自宅まで回収に来てもらえるため、自分で手続きをしたり運んだりする必要はありません。

5-3.回収方法と流れ

パソコンや不用品の無料回収を行っている「パソコン処分本舗」では、持ち込み回収と宅配回収から選択することができます。さらに、東京のみであればパソコン15台以上からは出張回収も選ぶことが可能です。宅配回収では、パソコンや液晶テレビなどの対象品目と一緒に不用品を送ると、全国どこからでも送料無料で回収します。不用品を段ボールに入れて運送会社に集荷を依頼し、「パソコン処分本舗」の住所を書いて着払いで発送してください。発送前の連絡は不要です。

5-4.料金設定

料金設定については、業者ごとに異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶのがおすすめです。大まかな相場を知ることができるため、損をせず引越しゴミを処分できるでしょう。

5-5.注意点

回収業者の中には、必要な許可を持たずに営業し、悪質な行為をしているところもあります。「高額な料金をだまし取られた」「回収した不用品を不法投棄された」という例も数多く報告されているため、十分注意してください。業者を選ぶ際には、インターネットの口コミなども参考にするとよいでしょう。

6.引越しゴミの処分に関するよくある質問

「引越しゴミの処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.なぜ自治体によってゴミ回収にかんするルールが異なるのですか?
A.自治体によって差がある理由には、人口や焼却設備の能力などが関係しています。人口が多い都市部ではゴミの量も多くなるため、リサイクルや処理が大変になるという理由から大まかな分別になっているのです。また、焼却設備の処理能力が低いところでは、細かく分別する必要があります。

Q.粗大ゴミは申し込みをすればすぐに回収してもらえるのでしょうか?
A.申し込みから回収までは数日かかります。場合によっては1~2週間ほどかかることもあるため、余裕を持って申し込みをしておくのがおすすめです。

Q.回収業者が回収できないものもありますか?
A.基本的に、生ものや危険物・医療器具類などは回収していない業者がほとんどです。

Q.なぜ無料で回収できるのでしょうか?
A.「パソコン処分本舗」では、回収したパソコンを修理して再活用しています。修理できないものは分解して部品を取り出し、資源を再利用することで利益を得ているのです。

Q.不用品回収業者とトラブルが発生した場合は、どこに相談すればよいでしょうか?
A.国民生活センターに相談してください。的確なアドバイスをもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたか? 引越しで出るゴミをどのように処分すべきか、詳しくご紹介しました。引越しゴミにはさまざまな種類があり、それぞれ適切な処分が必要です。引越し前後にはほかにもやらなければならないことがたくさんあるため、ゴミの処分はできるだけスムーズに行いましょう。ぜひこの記事を参考にして、引越しゴミを賢く処分してください。