プリンターの買い替え時期はいつ? タイミングや処分方法について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

プリンターは、パソコンの周辺機器として用いられることが多い電化製品です。電化製品には必ず寿命が訪れるものですが、急な故障には戸惑いますよね。必要としているときに壊れてしまえば、支障をきたしかねません。また、寿命が近くなると、さまざまな不具合が起きやすくなります。一体どのような不具合が起きるのか、プリンターの買い替えタイミングを知っておかなければなりません。本記事では、プリンターの買い替え方法・データの消去・回収業者に依頼する場合について説明します。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. プリンターの買い替え~残ったデータに注意
  4. プリンターの処分~回収業者に頼む場合
  5. プリンターの買い替え・処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、プリンターをスムーズに買い替えるための知識を身につけることができます。方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


1.プリンターの買い替えについて

プリンターはいつ買い替えをすれば良いのでしょうか。具体的なタイミングについて説明します。

1-1.プリンターを買い替えるタイミングについて

主に、故障したとき・寿命がやってきたときに買い替えを検討する方が多いでしょう。それでは、それぞれの時期について詳しく説明します。

1-1-1.故障について

キレイに印刷されない・電源が入らない・印刷のズレが生じるなど、プリンターの故障がきっかけで買い替えを検討することがほとんどです。プリンターが使えなければ、買い替えなければなりません。ただし、故障内容によっては、修理のほうが費用を抑えることができるケースもあります。

1-1-2.寿命について

修理か、買い替えのどちらを選ぶべきか悩んだときは、使用期間を目安にしてください。プリンターの平均寿命は5年といわれており、その期間が修理と買い替えの判断基準となります。使用期間が5年以上経過しているプリンターは、買い替えをしたほうが良いでしょう。

1-1-3.メーカーの部品保有期限・使用頻度について

メーカーによって、部品保有期限が決まっています。部品保有期限とは、販売終了してから部品を保有する期日のことです。この部品保有期限をすぎると、修理を申し込んでも部品がそろわない可能性があります。メーカーによって具体的な期限は異なりますが、販売終了から5~6年が目安です。
また、プリンターを毎日使っていると、寿命が短くなることがあります。使用頻度によっても、買い替えタイミングが異なることを覚えておいてくださいね。

1-2.修理する場合

先ほども説明しましたが、使用年数が5年以上の場合は修理よりも買い替えが最適です。使用年数が5年以内の場合は、修理を選択しても良いでしょう。ただし、故障内容によっては使用年数に限らず、買い替えのほうが良いケースがあります。
故障内容によって買い替えよりも修理費用が高くなるのであれば、思いきって新しいものを購入したほうが、再び壊れる心配はありません。

2.プリンターの買い替え方法

それでは、プリンターの買い替え方法について説明します。

2-1.買い替えの流れ

新しいプリンターの購入と同時に、古いものを処分するケースが多いでしょう。自分で処分することもできますが、家電量販店などの店舗で引き取ってもらうこともできます。処分方法によって買い替えの流れも異なるため、どのような処分のやり方があるのか把握しておかなければなりません。

2-2.プリンターの処分について

プリンターの処分方法は、自治体・家電量販店・メーカー・不用品回収業者への依頼があります。それぞれの特徴についてチェックしておきましょう。

2-2-1.自治体の回収

プリンターは家電リサイクル法の対象外となるため、自治体にゴミとして回収してもらえます。プリンターが何ゴミになるのかは、自治体によって異なるでしょう。ほとんどの自治体では「粗大ゴミ」に分類されていると思います。処分する前に、自治体のホームページなどでゴミの分類を確認してください。

2-2-2.家電量販店による回収

新しいプリンターの購入を検討している方は、購入店舗で引き取り・下取りサービスが利用できる可能性があります。まだ、正常に使用できるプリンターなら、下取りしてもらえるかもしれません。ただし、下取りを実施している店舗は少ないため、事前に確認しておきましょう。また、引き取りの場合は、処分費用がかかるか、無料で回収してもらえるのか確認が必要です。

2-2-3.メーカーによる回収

プリンターの場合、メーカーによる回収は行っていないことがほとんどです。パソコンは、メーカーによる回収が義務づけられていますが、プリンターは義務づけられていません。たとえば、キャノン(canon)は、法人向けに対しては回収サービスを行っていますが、一般家庭向けの商品は自治体の指示に従って処分してほしいとホームページに記載されています。

2-2-4.不用品回収業者への依頼

壊れているプリンターや、ほかにも処分したい家電製品があれば、不用品回収業者への依頼をおすすめします。不用品回収業者は、使えるもの・壊れているものすべてを回収してくれるでしょう。また、不用品をまとめて処分でき、業者スタッフが自宅へやってきてくれる出張回収も利用できます。手間と時間がかからない処分方法と言えるでしょう。

2-3.リサイクルについて

不具合が起きていない、正常に稼働するプリンターであれば、リサイクルショップ・買取専門店・ネットオークションなどで売ることができます。欲しがっている人のもとで使ってもらえれば、楽な気持ちで手放せるでしょう。
また、壊れているパソコンでも、部品に分解してリサイクルしている業者もあります。プリンターには、レアメタル・銅・鋼などの貴重な資源が含まれているため、リサイクルすればエコにつながるでしょう。

2-4.インクなどの周辺部品について

プリンターを処分する場合は、インクを取りはずさなければなりません。取りはずしたインクは、メーカーに回収してもらうか、燃えるゴミとして処分する方法があります。エプソン(EPSON)キャノンなど多くのメーカーでは、インクの回収を行っているのでホームページをチェックしてください。燃えるゴミとして処分する場合は、処分方法について自治体のホームページなどを確認しましょう。

3.プリンターの買い替え~残ったデータに注意

プリンターの買い替えをする場合は、データに注意が必要です。データに残るプリンター・チェック方法・削除の必要性・印刷物について説明します。

3-1.データに残るプリンターとは

家庭用プリンター自体にデータが残る危険性は、ほとんどないといわれています。ただし、業務用プリンター(複合機)やハードディスクを搭載したプリンターの場合は、データが残るでしょう。モデルによっては、データの漏えいに注意しておかなければなりません。

3-2.チェック方法

手元に取扱説明書があれば、データ消去法が記載されているのでチェックしてください。ハードディスクが搭載されているプリンターの場合、データを消去(リセット)しなければなりません。すべての処理とメモリーに受信されたデータを消去したい場合は、「ハードリセット」を行います。プリンターの画面指示に従いながら、リセットを選択しましょう。具体的な方法については、機種によって異なるため、取扱説明書かメーカーに問い合わせて確認してください。

3-3.削除の必要性

きちんとデータを消去しておかなければ、プリントデータが外部に流出してしまいます。何をプリントしたのか、筒抜け状態になってしまうのです。実際に、データ消去をしていないプリンターをゴミ捨て場に置き、第3者が勝手に持ち去って情報が流出したというトラブルが起きています。ハードディスクが搭載されているか確認して、データを削除することが大切です。

3-4.印刷物・USBメモリーなどもチェック

処分前に、プリンターに残っているインクや印刷物をすべて取り出しておきましょう。処分する際は、プリンター本体だけが対象となるため、インク・印刷物類は分別して捨てなければなりません。また、たまに、メモリーカードやUSBメモリーがついたまま処分しているケースがあります。保存メディアを使用してプリンターに出力することもあるため、これらが差しっぱなしになってないかも確認してください。

4.プリンターの処分~回収業者に頼む場合

プリンターの処分で悩んでいる方は、回収業者に依頼することをおすすめします。ここでは、業者選びのポイント、メリット・デメリット、料金、回収方法、注意点についてチェックしていきましょう。

4-1.業者選びのポイント

どの回収業者を選べば良いのか分からなくなったときは、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧でスピーディーな対応か
  • 低料金または無料で回収してもらえるか
  • 無料回収の理由が記載されているか
  • 回収方法が選択できるか
  • 即日対応が可能か
  • 口コミ・評判が良いか
  • 古物商の許可を取得しているか

4-2.メリット・デメリット

不用品回収業者の大きなメリットは、処分に時間と手間がかからないことです。プリンター以外にも処分したいものがあれば、まとめて回収してもらえます。即日対応が可能な業者に依頼すれば、すぐに処分できるでしょう。また、重いプリンターを運ぶのは困難ですよね。出張回収を利用すれば、スタッフが自宅にやってきてくれるので運搬の必要がありません。
ただし、業者の中には、リサイクル料金以外に運搬費用がかかるところもあります。できるだけ、費用を抑えたい方は、複数の業者を比較してください。

4-3.料金について

リサイクル料金・運搬費用がかかる業者はありますが、無料回収が可能なところもあります。パソコン・不用品の無料回収を行っている「パソコン処分本舗」は、処分費用が一切かかりません。宅配回収の場合、対象商品が1点でも含まれていれば無料回収が可能です。対象商品は、デスクトップパソコン・ノートパソコン・液晶モニター・タブレット端末・スマートフォンなどがあります。詳細は、こちら(公式ホームページ)をチェックしてください。

4-4.回収方法

主な回収方法は、宅配回収・持ち込み回収・出張回収の3つです。ライフスタイルや状況に合わせて回収方法が選択できるでしょう。たとえば、不用品が多数ある場合は、出張回収がおすすめです。

4-5.注意点

「回収後、見積書にはない追加料金を請求された」「不法投棄されていた」など、業者との間でトラブルが起きています。トラブルを未然に防ぐためには、慎重に業者を選ばなければなりません。

5.プリンターの買い替え・処分に関してよくある質問

プリンターの買い替え・処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.寿命が近いときに現れる故障内容とは?
A.プリンターから異音が出る・印刷のズレが生じる・色合いの変化が激しいなどの不具合が起こります。使用期間が5年以上で「使いづらいな」と思ったときは、買い替えのタイミングでしょう。

Q.業務用プリンターの処分方法とは?
A.法人向けのプリンター回収を受けつけているメーカーに依頼するか、不用品回収業者を利用してください。業務用は産業廃棄物となるため、自治体で処分できません。「パソコン処分本舗」では、法人向けの回収も可能です。

Q.買い取り額はいくらぐらいか?
A.一般的に、買い取り額は販売額の5~10%といわれています。ただし、目立つ傷がついている・汚れがひどい・不具合が出ている・壊れているプリンターは買い取り対象外となるので要注意です。

Q.回収後、プリンターはどうなるのか?
A.「パソコン処分本舗」では、中古品として需要のあるものをリユース品として販売しています。たとえ、使えないものでも修理用パーツとしてリサイクルしているのでご安心ください。リサイクルを徹底しているからこそ、無料回収ができるのです。

Q.無料回収業者に依頼する際の注意点とは?
A.無料回収業者の中には、無料と偽ってリサイクル料金を請求する不正業者が存在しています。不正業者のほとんどは、古物商の許可を取得していない・無料回収の理由を記載していない傾向があるのです。きちんと許可を取得して、無料回収の理由がハッキリしている業者を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか? プリンターの処分方法は、自治体・家電量販店などの販売店・リサイクルショップ・不用品回収業者などがあります。それぞれ、方法が異なるので事前に把握しておかなければなりません。まとめて不用品を処分したい・壊れているプリンターを廃棄したいと思っている方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。無料回収業者へ依頼するときは、業者選びのポイントを押さえて選んでくださいね。きちんと知識を持っておけば、スムーズに処分できるでしょう。