プリンターの買い替え時期はいつ? タイミングや処分方法について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

プリンターは、パソコンの周辺機器として用いられることが多い電化製品です。電化製品には必ず寿命が訪れるものですが、急な故障には戸惑いますよね。必要としているときに壊れてしまえば、支障をきたしかねません。また、寿命が近くなると、さまざまな不具合が起きやすくなります。一体どのような不具合が起きるのか、プリンターの買い替えタイミングを知っておかなければなりません。本記事では、プリンターの買い替え方法・データの消去・回収業者に依頼する場合について説明します。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. プリンターの買い替え~残ったデータに注意
  4. プリンターの処分~回収業者に頼む場合
  5. プリンターの買い替え・処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、プリンターをスムーズに買い替えるための知識を身につけることができます。方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


1.プリンターの買い替えについて

プリンターはいつ買い替えをすれば良いのでしょうか。具体的なタイミングについて説明します。

1-1.プリンターを買い替えるタイミングについて

主に、故障したとき・寿命がやってきたときに買い替えを検討する方が多いでしょう。それでは、それぞれの時期について詳しく説明します。

1-1-1.故障について

キレイに印刷されない・電源が入らない・印刷のズレが生じるなど、プリンターの故障がきっかけで買い替えを検討することがほとんどです。プリンターが使えなければ、買い替えなければなりません。ただし、故障内容によっては、修理のほうが費用を抑えることができるケースもあります。

1-1-2.寿命について

修理か、買い替えのどちらを選ぶべきか悩んだときは、使用期間を目安にしてください。プリンターの平均寿命は5年といわれており、その期間が修理と買い替えの判断基準となります。使用期間が5年以上経過しているプリンターは、買い替えをしたほうが良いでしょう。

1-1-3.メーカーの部品保有期限・使用頻度について

メーカーによって、部品保有期限が決まっています。部品保有期限とは、販売終了してから部品を保有する期日のことです。この部品保有期限をすぎると、修理を申し込んでも部品がそろわない可能性があります。メーカーによって具体的な期限は異なりますが、販売終了から5~6年が目安です。
また、プリンターを毎日使っていると、寿命が短くなることがあります。使用頻度によっても、買い替えタイミングが異なることを覚えておいてくださいね。

1-2.修理する場合

先ほども説明しましたが、使用年数が5年以上の場合は修理よりも買い替えが最適です。使用年数が5年以内の場合は、修理を選択しても良いでしょう。ただし、故障内容によっては使用年数に限らず、買い替えのほうが良いケースがあります。
故障内容によって買い替えよりも修理費用が高くなるのであれば、思いきって新しいものを購入したほうが、再び壊れる心配はありません。