パソコンに飲み物をこぼしたときはどうする!?冷静に正しい対処を!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンに飲み物をこぼした経験がある人は多いでしょう。
長時間パソコンを操作しているとお茶やコーヒーが欲しくなりますよね。
万が一、パソコンに飲み物をこぼしてしまったとき、どうしたらよいのでしょうか。
慌てて間違った対処をしないように、正しい方法を知っておきたいものですよね。

  • パソコンに水やジュースをこぼしてしまった
  • パソコンに飲み物をこぼしたら壊れてしまうのか?
  • 正しい対処法を知りたい

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


1.パソコンに飲み物をこぼしたときの対処法

パソコンに飲み物をこぼしてしまったときは、慌てずに以下のことを試してみてください。
今回は、ノートパソコンを例に挙げてご紹介します。

1-1.まずは電源を切る

パソコンは、飲み物をこぼした時点では壊れません。
こぼした後に対処せず、そのまま使い続けているとショートして壊れてしまうのです。
そのため、素早く対処することで故障を防ぐことができるでしょう。
飲み物をこぼしてしまったら、まずはすぐに電源を切ってください。
そして、ACアダプターを抜いてバッテリーを取り外しましょう。
電源を入れたままの状態で拭いていると起動しなくなる可能性があります。

1-2.キーボードの水分をしっかり拭き取る

キーボード内部まで水が浸入してしまっても、慌てる必要はありません。
まずは、乾いた布などでできる限り水分を拭き取りましょう。
ただし、糖分を含んだ飲み物の場合は、乾いた後もベタつくため内部が腐食してしまいます。
可能であれば、分解して拭き取った後、乾かしましょう。
分解方法は、メーカーの型番で調べて確認してください。
自分で分解する自信のない人は、パソコンを購入した店舗のサポート窓口に電話してみましょう。
水分をこぼしてしまった場合の修理は、有償になることがほとんどです。

1-3.キーボードを下にする

全体的に拭き取りが済んだら、キーボードを下にして水が流れるようにしましょう。
吸収力のあるタオルや布を置いて放置します。
拭き取りきれなかった水分が流れてくるでしょう。

1-4.水分を乾かす

キーボードを下にしたら、水分が蒸発しやすいように天日干しにしておきます。
ドライヤーで乾かすのも効果的でしょう。
ドライヤーを使うときは、なるべく遠くから風を吹きかけるようにしてください。
熱風でパソコンが壊れてしまう可能性があります。
内部にしみ込んだ水分はなかなか蒸発しないでしょう。
時間をかけて乾かす必要があります。

1-5.修理や買い替えを検討する必要も

自分で対処しきれずパソコンが壊れてしまった場合は、修理や買い替えを検討する必要があります。
まずは、いくらで修理が可能なのか問い合わせてみましょう。
場合によっては、修理に出すよりも買い替えた方がお得なこともあります。

12