PC購入で迷っている人必見!ノートとデスクトップの違いとそれぞれのメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

新しくパソコンを購入する際、どんなパソコンを選ぶべきか迷う人は多いでしょう。
パソコンを選ぶときは、自分の使用目的に合ったものを選ぶ必要があります。
特に、ノートパソコンかデスクトップパソコンかでは大きな違いがあるため、よく考えて購入する必要があるでしょう。
ノートとデスクトップにはどのような違いがあるのかを知り、どちらが自分にとって合っているのか検討してみてください。

  • パソコンの購入を検討している
  • ノートとデスクトップで迷っている
  • ノートとデスクトップの違いを知りたい

そんな人たちのために、ノートパソコンとデスクトップパソコンの違いについてまとめてみたいと思います。

目次

  1. ノートとデスクトップの違い
  2. それぞれのメリットとデメリット
  3. 処分方法と注意点
  4. まとめ

1.ノートとデスクトップの違い

1-1.大きさの違い

ノートとデスクトップの違いは、まず大きさです。
薄くてコンパクトなノートパソコンと比較すると、デスクトップは大きいものだとランドセルくらいの大きさはあります。
机の上に設置する場合がほとんどですが、場所を取ることになるでしょう。
また、デスクトップは本体とモニターが別れていますが、ノートパソコンは一緒になっています。

1-2.性能の違い

ノートとデスクトップの性能を比較してみましょう。
「パソコンを快適に使用したい」という人におすすめなのが、デスクトップです。
ノートパソコンの方がコンパクトに作られている分、同じ金額で購入するならば、デスクトップの方が高性能なものが買えるでしょう。
しかし、ノートパソコンの方が性能的に低いというわけではありません。
最近のノートパソコンはデスクトップ同様、処理速度が高まってきているのです。
「それほど高い性能を求めない」という人であれば、ノートパソコンでも十分でしょう。

1-3.価格の違い

パソコンを選ぶ際に「価格を重要視したい」という人も多いでしょう。
一般的には、ノートパソコンの方が価格は高く、コストパフォーマンスが低くなっています。
パソコンは、小型化するほど重量を抑えるために各部品にかかるコストが高くなるのです。
つまり、ノートパソコンの方が本体の価格が高くなってしまう、ということ。
さらに、小型と高性能を両立するためには、発電量が大きくなりすぎてしまいます。
そのためにさらにコストがかかるため、高性能な小型ノートパソコンだと、十分な予算が必要になってしまうでしょう。

12