ブルーライトの影響と対策~増える現代病を何とかしよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

長時間デスクワークをしているといろいろなことが気になってきますよね。
ブルーライトの影響もその1つではないでしょうか。
パソコンから出るブルーライトが何となく身体に悪いということは分かっていると思います。
ブルーライトによる身体への影響と対策について知っておくべきです。

  • デスクワーカーなのでブルーライトの影響が怖い
  • ブルーライトが及ぼす身体への影響とは?
  • どんな対策法があるのか?

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


1.ブルーライトとは

パソコンやスマートフォンから出ているブルーライト。
そもそも、具体的にどのようなものなのか知らない人も多いでしょう。
人の目で見ることのできる光を「可視光線」と言います。
その中でも、最も波長が短く強いエネルギーを持つ光がブルーライト。
ブルーライトは、波長が380~500ナノメートルの青色光のこと。
パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれているのです。
一般的に私たちが「光」と呼んでいるのは可視光線のこと。
可視光線の波長は400~800ナノメートルで、400ナノメートルより短くなると紫外線、700ナノメートルより長くなると赤外線と呼ばれます。
目の角膜や水晶体は、およそ350~800ナノメートルの波長を透過する仕組みです。
つまり、網膜に達する光の中で、紫外線に最も近い「強いエネルギーを持つ光」がブルーライトということになります。
角膜や水晶体で吸収されず網膜まで到達してしまうブルーライトは、私たちの身体にさまざまな影響を与えることになるでしょう。

12