ブルーライトの影響と対策~増える現代病を何とかしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間デスクワークをしているといろいろなことが気になってきますよね。
ブルーライトの影響もその1つではないでしょうか。
パソコンから出るブルーライトが何となく身体に悪いということは分かっていると思います。
ブルーライトによる身体への影響と対策について知っておくべきです。

  • デスクワーカーなのでブルーライトの影響が怖い
  • ブルーライトが及ぼす身体への影響とは?
  • どんな対策法があるのか?

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


1.ブルーライトとは

パソコンやスマートフォンから出ているブルーライト。
そもそも、具体的にどのようなものなのか知らない人も多いでしょう。
人の目で見ることのできる光を「可視光線」と言います。
その中でも、最も波長が短く強いエネルギーを持つ光がブルーライト。
ブルーライトは、波長が380~500ナノメートルの青色光のこと。
パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれているのです。
一般的に私たちが「光」と呼んでいるのは可視光線のこと。
可視光線の波長は400~800ナノメートルで、400ナノメートルより短くなると紫外線、700ナノメートルより長くなると赤外線と呼ばれます。
目の角膜や水晶体は、およそ350~800ナノメートルの波長を透過する仕組みです。
つまり、網膜に達する光の中で、紫外線に最も近い「強いエネルギーを持つ光」がブルーライトということになります。
角膜や水晶体で吸収されず網膜まで到達してしまうブルーライトは、私たちの身体にさまざまな影響を与えることになるでしょう。

2.ブルーライトによる身体への影響

では、私たちの身体はブルーライトによる影響をどのように受けているのでしょうか。
毎日のように長時間パソコンに向かうデスクワーカーなら、知っておくべきです。

2-1.目への影響

ブルーライトが目に与える影響は大きいと言われています。
ブルーライトは波長が短いため、光が散乱しやすく色がにじみやすいのが特徴です。
なぜ目に負担がかかるのかと言うと、水晶体の調節が難しくなるため。
目の疲れだけでなく、ドライアイや眼精疲労、視力の低下にもつながる可能性があります。
また、そういった問題だけでなく、深刻な目の病気を引き起こす原因になる場合も。
ブルーライトが網膜に到達すると活性酸素を発生し組織の酸化を促進します。
この刺激が続くことで「加齢黄斑変性」を引き起こしてしまう可能性があるのです。
加齢黄斑変性とは、網膜の内部にある「黄斑」に異常が生じる病気。
中高年期以降に起こる失明原因の1つであり、紫外線や喫煙、肥満のほかに、ブルーライトも発症原因として知られています。
「ものがゆがんで見える」「視野の中心が欠ける」「ぼやけて見える」などの自覚症状があり、早期の場合、視野の真ん中以外は普通に見えているため気づくのが難しいでしょう。
定期健診で異常を指摘され、眼科を受診するケースが非常に多くなっています。

2-2.睡眠への影響

ブルーライトが与えるのは目への影響だけではありません。
現代病の1つである睡眠障害の原因になる場合もあるのです。
私たちの身体には24時間の生体リズムがあり、網膜に到達する光の量や食事のタイミングなどによって体内時計がコントロールされています。
「日の出とともに目覚めて活発に活動し、日が沈むと仕事をやめて身体と脳を休める」というのが、健康を維持するためのリズム。
夜遅くまで、パソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活を続けるとどうなるでしょうか。
生体リズムが乱れ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼすことになるのです。
網膜がブルーライトの強い刺激を受けると、たとえ夜だとしても脳は「朝だ」と判断します。
そして、「メラトニン」という睡眠をコントロールするホルモンの分泌が抑制され、目覚めてしまうのです。
その結果「寝つきが悪い」「眠りが浅い」などというように、睡眠の質が低下してしまうでしょう。

2-3.そのほか体調への影響

正常なメラトニン分泌が阻害されるとさまざまな健康被害の原因になります。
ストレスや睡眠障害はもちろんのこと、エネルギー代謝がくるって肥満を促進することにもなるでしょう。
また、高血圧や糖尿病といった生活習慣病のリスクが高まる可能性も指摘されています。
さらに、「うつ病患者の中には、体内時計に大きな乱れが生じている人が多い」という研究も発表されているのです。
このように、ブルーライトは現代人に典型的な病気の発症に大きくかかわっている可能性があります。

3.ブルーライトのカット対策

ブルーライトの影響を完全に防ぐことは不可能です。
しかし、できるだけ影響を少なくするための対策を考えることが大切でしょう。

3-1.ディスプレイの明るさを下げる

最も簡単で効果的なのは、パソコンのディスプレイを調整して明るさを下げることです。
もちろん、ディスプレイからは青色以外の光も出ています。
しかし、明るさ全体を下げることで青色光も減らすことができるでしょう。
また、青色光だけ精度を下げる方法もあります。
赤と緑の発光が青より大きくなるため、画面が少し赤っぽくなるでしょう。
慣れれば問題ないため、この方法も効果的です。

3-2.ブルーライト軽減アプリを使用する

ブルーライトを自動調整して軽減してくれるアプリもあります。
時間帯や周りの明るさで調整してくれるものなどもあり、大変便利です。
自分にとって使いやすいアプリを探してみてください。

3-3.ブルーライト対策メガネを使用する

ブルーライトをカットする効果のあるメガネを使用する方法もあります。
パソコンとスマートフォン、両方で使うことができるため、人気が高くなっているのです。
ブルーライト対策メガネは、さまざまなメーカーから発売されています。
より効果を感じる、かけ心地のよいものを選んでください。
「メガネを使用するようになってから、目の疲れが減った」という人もたくさんいます。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここ数年で注目を集めるようになったブルーライト。
普段当たり前のように使っているパソコンやスマートフォンから、私たちはさまざまな影響を受けているのです。
その内容を知り、自分なりの対策方法を見つけていきましょう。
今まで悩んでいた体調の問題が解決できる可能性もありますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由