買い替える前に確認!パソコンのデータ移行に必要な方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンの買い替えを検討しているものの「中のデータをどうやって移行するのか分からない」という人は多いでしょう。
大切なデータがたくさん入っているパソコン。
新しいパソコンも快適に使うために、スムーズにデータ移行したいものですよね。

  • パソコンの買い替えを検討している
  • 新しいパソコンにデータ移行する方法を知りたい
  • データ移行時の注意点とは?

そんな人たちのために、古いパソコンから新しいパソコンにデータ移行する方法をまとめてみたいと思います。

目次

  1. パソコンのデータ移行方法
  2. データ移行時の注意点
  3. 古いパソコンの処分方法
  4. まとめ

1.パソコンのデータ移行方法

パソコンのデータを移行する方法はいくつかあります。
比較的簡単にできるものをご紹介しましょう。

1-1.USBリンクケーブルを使う

2代のパソコンをUSBでつなぐことで、中のデータを移行することができる「USBケーブル」というものをご存じでしょうか。
パソコンのUSBポートに差し込むだけで使用することができ、ドライバーのインストールも不要です。
パソコンに詳しい人でなくても、簡単に使用することができるでしょう。
移行できるデータは、文書や写真、動画や音楽ファイル、メール、アドレス帳、お気に入り、インターネット設定など。
一括転送が可能なため「移行できるデータはすべてしたい」という人には大変おすすめです。

1-2.クロスケーブルを使う

「クロスケーブル」は、パソコン同士を直接結ぶために使用するケーブルのことです。
パソコンのLANポートを使って、パソコン同士を直接つなぎます。
設定が必要になりますが、難しい操作ではないでしょう。
移行したいデータを1つのファイルにまとめておくとスムーズにすすみます。

1-3.手動でバックアップをとって転送する

もちろん、手動でバックアップをとってデータを転送することも可能です。
外付けハードディスクやDVD、USBメモリーなどに直接データをコピーして、新しいパソコンに移します。
移行するデータを自分で選びたいときには、この方法がよいでしょう。

12