エアコンの寿命は何年? 買い替えを検討すべき時期とは!?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エアコンも家電製品ですからいつかは壊れてしまいます。そして、それがいつやってくるのかが問題です。壊れたその日に新しいものへと変えられるなら問題ありませんが、現実はそう都合良くありません。ですから、夏に壊れることを避けるためにも、買い替えの時期を見極める必要があるのです。

そこで、今回はエアコンの買い替え時期を知るために、エアコンの寿命や不具合の例などを中心にご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

  1. エアコンの寿命について
  2. エアコンの寿命が近くなると起きる不具合
  3. まとめ

1.エアコンの寿命について

まずはエアコンの平均寿命についてお話しします。

1-1.メーカーの想定耐用年数は10年前後

2009年より施行された『長期使用製品安全表示制度』により、製造および輸入された家電製品5品目に『設計上の標準使用期間』、および使用上の注意を促す内容の表記をすることとなりました。通称、『設計標準使用期間』や『標準使用期間』といわれるものです。

この法律は経年劣化による事故を防ぐためのもので、上記した5品目にそれぞれの使用期間が表記されています。これによると、エアコンの標準使用期間は『10年』です。

つまり、企業としては10年程度の使用には耐えられるように作っているということになります。ですから、10年を目安に買い替えるのが、一つの手です。

『長期使用製品安全表示制度』の対象となる家電5品目

  1. 扇風機(リビング扇、壁掛け用、天井扇)
  2. 換気扇(一般換気扇、熱交換型換気扇、空調換気扇、天井埋め込み型換気扇、パイプ用ファン、レンジフードファン)
  3. エアコン、電気冷房機(クーラー)
  4. 電気洗濯機、電気脱水機(洗濯乾燥機は含まない)
  5. ブラウン管方式のテレビ

『長期使用製品安全表示制度』で表示される項目

この制度によって、上記の5品目(2009年以降製造のもの)には、見やすい位置に下記の項目が表示されなければいけません。

  1. 製造された年(または輸入された年)
  2. 設計上の標準使用期間
  3. 注意(例……設計上の標準使用期間を超えて使用すると、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります)

1-2.買い替えは保証切れを目安に

エアコンの標準使用期間は10年であるとご紹介しました。しかし、実際10年使ったら必ず壊れるというわけではありません。使い方によっては15年や20年も使い続けているという場合も少なくないでしょう。

また、どの程度の不具合まで許すのかで寿命というのは変わってきます。たとえば、エアコンの効きが悪くなってきたら寿命なのか、エアコンが完全に動かなくなったら寿命なのかでは、数年の違いが出てくることでしょう。つまり、正確な寿命というものは存在しません。ですから、私は買い替えの時期を『保証期間後に不具合が出たら』と考えます。

保証期間内なら保証しだいでは多少の不具合が出ても大丈夫。買い替える必要はありません。しかし、保証期間を超えれば古いエアコンを直すのにお金もかかるようになります。しかも、たとえ直っても経年劣化によって性能は新品の状態には戻りません。

古いエアコンに高いお金を出して直すぐらいなら、買い替えた方がはるかにお得ですよね。最近では3万円台からエアコンを購入することができます。しかも、当然技術が進歩して性能が上がり、さらに性能の落ちていない新品をです。ですから、保証期間が過ぎて何かしらの不具合が出たら、修理よりも買い替えを検討するのが賢明でしょう。

2.エアコンの寿命が近くなると起きる不具合

2-1.冷暖房が効かない

代表的な例といえば、やはりこの『冷暖房が効かない』という不具合でしょう。修理すれば多少は改善されますが、それならば新しいものを買った方が経済的です。買い替えましょう。

2-2.操作が効かない

ボタンを押してもエアコンが付かない、風向などを調整しようとしても羽が動かない、冷房を押しても暖房や送風になる……などといった操作の不具合が出てきたら、そろそろ寿命が近い証拠です。突然うんともすんともいわなくなる場合もあるので、早めに買い替えを検討しましょう。

2-3.ブレーカーが落ちる

エアコン用の専用コンセントがあるのに、エアコンを動かすと分電盤のブレーカーが落ちるという場合も寿命が近いサイン。エアコン内部でショートや漏電を起こしていることが原因です。コンプレッサーの故障によるものの場合、高額修理となるので買い替えが賢明でしょう。

3.まとめ

いかがでしたか? 今回はエアコンの買い替えにまつわる情報をご紹介しました。

  1. エアコンの寿命について
  2. エアコンの寿命が近くなると起きる不具合

エアコンは夏の最中に壊れると大変です。特にお盆休みなどは業者も休みになっている場合がありますので、故障と時期が重なると非常に困ったことになってしまいます。後悔しないためにも、早めに買い替えておきましょう。