月別アーカイブ 2017年2月

遺品整理を行う時期とは? 後悔しないために押さえるべきポイント

故人の葬儀が終わった後、遺品整理が待っています。しかし、気持ちの切り替えができない・やり方がわからないという理由で動けない人もいるでしょう。そこで、遺品整理について困っている方のために情報を紹介したいと思います。この記事では、遺品整理を行う時期や方法についてまとめました。

  1. 遺品整理を開始する時期は?
  2. 遺品整理の方法
  3. 業者に依頼する方法もある
  4. 業者に依頼するときに注意点
  5. まとめ

引越しをスムーズに! 重い荷物の運び方にはコツがあった!

引っ越しの準備は大変な作業です。荷造りはもちろんのこと、重い荷物を運ぶために体力が必要になります。「引っ越しを機に不用品を処分したい」と思っても、重い家具や家電などを自分で運ぶのは簡単なことではないでしょう。実は、重い荷物を楽に運ぶためには、コツが必要なのです。

「引っ越しの準備をしている」「力がなくても重い荷物を楽に運べるようになりたい」「運びやすくするための梱包(こんぽう)のポイントは?」そんな人たちのために、重い荷物の運び方についてご紹介します。

  1. 重い荷物の運び方
  2. 梱包(こんぽう)のポイント
  3. 重い荷物を運ぶときの注意点
  4. まとめ

電気ポットの寿命は何年くらい? 処分法とともにご紹介します。

電気ポットは、水を入れるだけでいつでもお湯が使える便利な家電です。しかし、その反面「すぐに故障してしまった」という声も少なくありません。そこで、今回は電気ポットの寿命についてご説明しましょう。単純な家電ほど長持ちしやすいのですが、電気ポットは少々事情が違うのです。また、壊れた場合は修理と買い替え、どちらがお得かということもご説明します。電気ポットの調子が悪いと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気ポットの寿命は何年?
  2. 修理と買い替え、どちらがお得?
  3. 電気ポットを長持ちさせるには?
  4. 電気ポットの寿命が近くなってくると起こりやすい現象とは?
  5. 寿命を迎えた電気ポットの処分方法とは?
  6. おわりに

炊飯器の廃棄方法は? 素材や大きさによって扱いが異なる?

私たちの生活は家電に囲まれていると言っても過言ではありません。毎日の生活の中に電化製品がなかったら、生活は成り立ちませんよね。そんな家電にも寿命があり、一定期間が過ぎると買い替える人がほとんどです。最近は家電リサイクル法や小型家電リサイクル法が施行され、使用しなくなった家電の取り扱いに注意が必要になってきました。大型のものはほとんどリサイクル料を支払って引き取ってもらう必要がありますが、では小さな家電は・・・・?

ここでは、炊飯器の廃棄方法についてご紹介しようと思います。炊飯器を買い替えた方や古い炊飯器を廃棄したい方は、ぜひ参考になさってください。


いらない掃除機を処分したいあなたに知って欲しい3つの処分方法

掃除機。それは部屋を掃除するために無くてはならない物ですよね。最近では高機能掃除機がたくさん販売されています。あなたもそろそろ掃除を買い変えたいと思っていませんか? 掃除機は家電リサイクル法対象商品ではありません。そのため新しい物を購入したお店で不要になった掃除機を引き取って貰うことが出来ない場合がほとんどです。したがって、別の処分方法を考える必要があるでしょう。

自宅で不要になった掃除機。どのように処分すればいいのでしょうか? この記事では不用になった掃除機の正しい処分方法を3つご紹介します。不用になった掃除機の処分方法にお困りの方は是非お役立てください。

  1. 処分方法その1:粗大ごみに出す
  2. 処分方法その2:不用品回収業者を利用する
  3. 処分方法その3:リサイクルショップに出す
  4. まとめ

廃棄はもったいない! 中古デジカメを賢く処分する4つの方法とコツ

イベントごとや旅行の際には、デジカメが大活躍するでしょう。最近ではスマートフォンなどで写真を撮る人が多くなってきているものの、デジカメの人気はいまだに衰えていません。しかし、不要になったり壊れたりしてしまったデジカメの処分は悩んでしまうものですよね。そこで今回はデジカメの処分するための4つの方法をご紹介します。

  1. デジカメを処分・廃棄したいと思ったら?
  2. デジカメの処分方法~自治体回収に出す(自分で捨てる)
  3. デジカメの処分方法~下取りに出す
  4. デジカメの処分方法~リサイクル・リセールに出す
  5. デジカメ処分~回収業者に依頼する
  6. デジカメの処分についてよくある質問
  7. まとめ

各方法の注意点や、メリット・デメリットなど詳しくご説明します。各項をしっかり読んでいただくことで、思いもしなかったデジカメの処分方法が見つかるかもしれません。お得に楽に処分するためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。


冬の必需品だからこそ知っておきたい!加湿器の寿命は何年?

寒くなってくると気になるのが乾燥ですよね。お肌のカサカサやウイルスの浮遊を防ぐためにも、加湿器を活用している家庭は多いでしょう。「加湿器なしでは冬を過ごせない」という人もいます。しかし、いつかやってくるのが家電の寿命というもの。「最近、加湿器の調子が悪い」という人は、修理や買い替えを検討する必要があるでしょう。

  • 加湿器の調子が悪いので買い替えるべきか迷っている
  • 加湿器の寿命は何年なのか?
  • 長く使うためにはどうしたらよいのか?

そんな人たちのために、加湿器の寿命や主な故障内容、長く使うための手入れ方法についてまとめてみたいと思います。

  1. 加湿器の寿命
  2. 加湿器の主な故障と寿命が近いサイン
  3. 加湿器を長く使うための手入れ方法
  4. まとめ

引越しする人は要チェック! 引越し前にやることリストをまとめよう

引越しを順調にすすめるためには“断捨離”が大きなポイントになります。要らないものをすべて処分しなければ、新居はものであふれてしまうでしょう。気持ちよく新生活をスタートするためにも、引越しで不用品を処分してください。そこで、引越し前の断捨離のコツや断捨離のメリット、不用品の処分方法について説明します。

  1. 引越し前の断捨離のコツ
  2. 断捨離のメリット
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

ガスボンベの安全な保管方法を知って危険を回避するためのポイント

皆さんは、ガスボンベの安全な保管について考えたことはありますか? 防災グッズとして、鍋料理のお供としてなど、さまざまな使い方があるガスボンベはとても便利ですね。そのため、ガスボンベが切れないように、買っておいて自宅に保管しているという人は多いでしょう。しかし、保管方法に気をつけないと、危険につながる恐れもあるので、注意が必要です。この記事では、ガスボンベの正しい保管方法についてご紹介します。ガスボンベを保管している人は、危険を回避するためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. ガスボンベの保管方法
  2. ガスボンベを保管するときの注意点

ガスコンロはDIYで交換できる?その際の注意点とは?

ガスコンロは調理器具として、多くのご家庭で使われているものです。
現在はIHコンロも普及していますが、火力の調節が容易ということでガスコンロの人気は高いでしょう。
しかし、ガスコンロは定期的な交換が必要です。
そこで、今回はDIYでガスコンロを交換する方法をご紹介します。
ガスコンロには現在、大きく分けてふたつの種類があるのです。
その両方とも自分で交換は可能なのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。
ぜひ参考にしてください。

  1. ガスコンロの種類とは?
  2. ガスコンロの寿命は何年くらい?
  3. ガスコンロはどこで売っているの?
  4. ガスコンロをDIYで交換する方法
  5. 不要になったガスコンロを処分する方法
  6. おわりに

1 2 次へ