炊飯器の廃棄方法は? 素材や大きさによって扱いが異なる?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活は家電に囲まれていると言っても過言ではありません。毎日の生活の中に電化製品がなかったら、生活は成り立ちませんよね。そんな家電にも寿命があり、一定期間が過ぎると買い替える人がほとんどです。最近は家電リサイクル法や小型家電リサイクル法が施行され、使用しなくなった家電の取り扱いに注意が必要になってきました。大型のものはほとんどリサイクル料を支払って引き取ってもらう必要がありますが、では小さな家電は・・・・?

ここでは、炊飯器の廃棄方法についてご紹介しようと思います。炊飯器を買い替えた方や古い炊飯器を廃棄したい方は、ぜひ参考になさってください。


不燃ごみ? 粗大ごみ? 自治体によって違う炊飯器の扱い

炊飯器は、自治体によって扱いが違っています。ゴミに出す時は「不燃ごみ」もしくは「粗大ごみ」の扱いになることがほとんど。外側がプラスチックの場合は外側だけを「燃えるごみ」として分別します。粗大ごみとして出すかどうかは大きさと素材でわけます。

例えば
外側が金属製の炊飯器の場合、

  • たてよこがそれぞれ30㎝未満なら「不燃ごみ」
  • たてよこがそれぞれ30㎝以上なら「粗大ごみ」

外側がプラスチックの場合は

  • たてよこが50㎝未満なら「燃えるごみ」
  • たてよこが50㎝以上なら「粗大ごみ」

↑こんな風に分別されます。
また、中にあるお釜は金属製の場合がおおいので

  • 内釜のたてよこがそれぞれ30㎝未満なら「不燃ごみ」
  • 内釜のたてよこがそれぞれ30㎝以上なら「粗大ごみ」

となります。今は外側がプラスチックの場合が多いので、外側は「燃えるごみ」、内側のお釜は「不燃ごみ」に該当する場合が多いと思います。内釜と外側の素材が違う場合は、必ず分けて捨てましょう。大きさや分別方法は自治体によって違います。不燃ごみでも細かく分かれていたりしますので、各自治体で要確認ですね。

不用品回収業者なら確実

今すぐに処分したい、ごみとして出すのがめんどくさい・・・そんなひとは不用品回収業者に持ち込んでみましょう。小さなものでも家まで回収してくれる業者も多いですから、自分の都合の良い時間に引き取ってもらえます。時間のない方にとってはこの廃棄方法が最も便利ですね。引越などで廃棄するものが多い場合はまとめてお願いしてしまいましょう。

ちなみに、当社でも宅配による無料回収サービスを提供しています。送料のみで処分できるので、他の回収業者に依頼するよりもずっとお得です。

炊飯器の廃棄方法まとめ

  • 炊飯器は大きさによって粗大ごみ、不燃ごみに分かれる
  • 外側の素材がプラスチックの場合は外側だけ燃えるごみになることが多い
  • 内釜と外側は分けて捨てる
  • 時間がない人やゴミ捨てがめんどうな場合は不用品回収業者にお願いすると便利

炊飯器は大きさによって粗大ごみになったり不燃ごみになったりします。素材によっても扱いが違うので、注意が必要ですね。よほど大きなものでない場合はプラスチック製なら外側を燃えるごみ、内がまを不燃ごみとして扱う場合が多いと思います。必ず自治体に確認して、正しい捨て方で捨ててくださいね。