USBメモリの処分方法は? 注意したい3つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンが生活のツールとして活用くし、自分で作ったデータをUSBメモリに保存していることでしょう。USBメモリに入れているから大丈夫と思っていても、USBメモリが何かの影響で使えなくなってしまうこともしばしば。そんな時、あなたはそのまま使えなくなったUSBメモリをごみ箱に捨てていませんか?

USBの接続部分が破損していて使えない場合、中のデータはそのまま残っていますから、ちょっと知識のある人であればその壊れたUSBメモリからデータを盗み見られてしまうかも。壊れたなと思った時にはただ捨てるのではなく、データが復活されないようにしてから捨てることが大切です。


  1. USBメモリを処分するときはデータを消してから
  2. USBメモリそのものを破壊してしまう
  3. 個人情報の漏えいには細心の注意を
  4. まとめ

1.USBメモリを処分するときはデータを消してから

使わなくなったUSBメモリを処分したいという場合、ただ捨てるだけではいけません。まずUSBメモリの中身を空にしてから、ごみ箱へ捨てるようにすることが大切です。USBメモリの中に万が一個人情報が含まれている場合、捨てた本人はごみと思っていても、拾った人に個人情報を見られて情報漏えいなんていくことも。

そうならないようにするためには、まずUSBメモリの内部データをすべて消去する(フォーマット)をかけるようにしましょう。ただファイルを削除するのではなく、フォーマットといってデータをクリーンにしてしまうことが大切です。

12