パソコンを譲る前に必ずチェック! データ消去の必要性と注意点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンは1人1台欠かすことができない、重要なアイテムになりました。パソコンで仕事をしますし、買い物や情報収集もパソコンです。これほど便利なパソコンですが、ずっと同じパソコンを使っているわけにはいきません。新製品が次々発売され、機能も充実しています。新製品に切り替わると、古い製品は壊れたときのサポートも受けられないため、買い替えるしかないでしょう。

捨てるのももったいないから、譲ろうと考える人もいます。しかし、本当にそのまま譲って大丈夫でしょうか。

今回は、パソコンを譲る上で気をつける点、パーソナルデータの内容やデータ消去の必要性、消去する際の注意点についてご紹介します。

目次

  1. パソコンのパーソナルデータとは
  2. データ消去せずに譲った場合のリスク
  3. 自分でデータ消去ができない場合の対処法
  4. まとめ

1.パソコンのパーソナルデータとは

1-1.個人情報

生年月日、氏名、住所などは、個人を特定できる個人情報と呼んでいます。一般的に、個人情報とパーソナルデータはわけて考えられやすいデータです。しかし個人情報もパーソナルデータの一部といえるでしょう。パーソナルデータの中で、最も個人を特定できる情報です。通販で買い物をするときに、個人情報を入力することも多いでしょう。そのため、パソコン内に個人情報は残っています。

1-2.過去の買い物履歴・閲覧履歴

ネットの通販や、ネットサーフィンで調べ物をした履歴も、立派なパーソナルデータです。その人が何をしたのか、行動がわかるものであれば、すべてパーソナルデータと呼びます。パソコンを使えば必ず閲覧履歴は残るでしょう。知らない間にたくさんのパーソナルデータがパソコン内にたまっています。

1-3. カード情報やパスワード

クレジットカードで通販をした経験があると、入力情報がパソコンに残るでしょう。ネットバンキングを利用している人は、パスワードやIDも知らない間に保存されます。金銭関係のトラブルは多いので、特に気をつけるべきパーソナルデータといえるでしょう。

1-4.自分以外の個人情報

パソコンで年賀状の作成や、友人知人のアドレス帳を登録すると、自分以外の個人情報も預かっている状態です。自分以外の個人情報も、パーソナルデータと呼びます。自分の個人情報は気を使っていたつもりでも、自分以外のデータ管理ができていないと、個人情報がもれてしまうでしょう。注意してください。

1-5.保存していた写真

パーソナルデータは文字の情報以外に、写真や動画も含まれます。顔がわかってしまうので、個人情報です。最近はデジタルカメラで撮影して、パソコン内に入れてから印刷をする人が増えました。たくさんの写真を保存しているでしょう。何気なくパソコンに入れていますが、重要なパーソナルデータとして扱われます。

12