パソコンを譲る前に必ずチェック! データ消去の必要性と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンは1人1台欠かすことができない、重要なアイテムになりました。パソコンで仕事をしますし、買い物や情報収集もパソコンです。これほど便利なパソコンですが、ずっと同じパソコンを使っているわけにはいきません。新製品が次々発売され、機能も充実しています。新製品に切り替わると、古い製品は壊れたときのサポートも受けられないため、買い替えるしかないでしょう。

捨てるのももったいないから、譲ろうと考える人もいます。しかし、本当にそのまま譲って大丈夫でしょうか。

今回は、パソコンを譲る上で気をつける点、パーソナルデータの内容やデータ消去の必要性、消去する際の注意点についてご紹介します。

目次

  1. パソコンのパーソナルデータとは
  2. データ消去せずに譲った場合のリスク
  3. 自分でデータ消去ができない場合の対処法
  4. まとめ

1.パソコンのパーソナルデータとは

1-1.個人情報

生年月日、氏名、住所などは、個人を特定できる個人情報と呼んでいます。一般的に、個人情報とパーソナルデータはわけて考えられやすいデータです。しかし個人情報もパーソナルデータの一部といえるでしょう。パーソナルデータの中で、最も個人を特定できる情報です。通販で買い物をするときに、個人情報を入力することも多いでしょう。そのため、パソコン内に個人情報は残っています。

1-2.過去の買い物履歴・閲覧履歴

ネットの通販や、ネットサーフィンで調べ物をした履歴も、立派なパーソナルデータです。その人が何をしたのか、行動がわかるものであれば、すべてパーソナルデータと呼びます。パソコンを使えば必ず閲覧履歴は残るでしょう。知らない間にたくさんのパーソナルデータがパソコン内にたまっています。

1-3. カード情報やパスワード

クレジットカードで通販をした経験があると、入力情報がパソコンに残るでしょう。ネットバンキングを利用している人は、パスワードやIDも知らない間に保存されます。金銭関係のトラブルは多いので、特に気をつけるべきパーソナルデータといえるでしょう。

1-4.自分以外の個人情報

パソコンで年賀状の作成や、友人知人のアドレス帳を登録すると、自分以外の個人情報も預かっている状態です。自分以外の個人情報も、パーソナルデータと呼びます。自分の個人情報は気を使っていたつもりでも、自分以外のデータ管理ができていないと、個人情報がもれてしまうでしょう。注意してください。

1-5.保存していた写真

パーソナルデータは文字の情報以外に、写真や動画も含まれます。顔がわかってしまうので、個人情報です。最近はデジタルカメラで撮影して、パソコン内に入れてから印刷をする人が増えました。たくさんの写真を保存しているでしょう。何気なくパソコンに入れていますが、重要なパーソナルデータとして扱われます。

2.データ消去せずに譲った場合のリスク

2-1.なりすまし詐欺

データの中で最も危険なのは、ネットバンキングやクレジットカードのデータです。クレジットカードデータがわかってしまうと、勝手になりすましてカードで買い物をする犯罪に巻き込まれるでしょう。ネットバンキングのデータを元に、お金を引き落される被害も起きています。

自分ではない人が使ったということは怖いですし、犯罪に巻き込まれるのも怖いです。

2-2.個人情報を悪用される

自分の個人情報はもちろん、アドレス帳に登録していた友達や家族、知り合いの個人情報を悪用されます。個人情報を売る人も多いので、つながりがないところからダイレクトメールがくるようになったら、個人情報が悪用されていると思ってください。

3.自分でデータ消去ができない場合の対処法

3-1.データ消去ソフトを使う

自分でデータ消去がしきれない場合、専用のデータ消去ソフトがあります。使い方は意外と簡単です。自分でデータ消去をどれだけ頑張っても、データを復元する特殊なソフトを使い、パーソナルデータを悪用します。専用のデータ消去ソフトは、復元ソフトを使っても復元できないようにしてくれるので安心です。

3-2.ハードディスクを壊す

最も物理的な方法で、パソコンの底を開けてハードディスクを取り出し、破壊してデータが復活できないようにします。ハードディスク内にデータはすべて含まれるので、ハードディスクさえ壊せばデータは残りません。

この方法を使う場合のデメリットは、譲れなくなることです。買い取りしてくれる業者もたまにありますが、古いパソコンだとハードディスクがすでに販売されていません。そのため、買い取り不可になります。譲りたいと考える人は避けたほうがいいでしょう。もしもそのまま処分するつもりであれば、データの悪用ができないよう完全に壊してください。

3-3.データ消去専門業者に依頼する

パソコンのデータ消去をする専門業者があります。自分でデータ消去ができたか不安、自分では難しそうと感じる場合は依頼しましょう。データを復元できないようにしてくれます。

依頼する際は、どのようなデータ消去法で作業をするのか、きちんと説明してくれる業者を選んでください。消去をしたという証明書を発行してくれる業者もあります。

3-4.信頼できる買取業者に引き取ってもらう

買取業者なら安心と思うでしょうが、中にはデータを悪用する悪質な業者も隠れているのが実態です。そういう業者に買い取りしてもらわないよう、注意してください。長く営業していて、買い取り体制がしっかりしている業者を選びましょう。口コミで評判がいい業者もおすすめです。

データ消去を同時に請け負ってくれる買取業者も多いので、信頼できる買取業者さえ見つかれば安心でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

  • パソコンのパーソナルデータとは
  • データ消去せずに譲った場合のリスク
  • 自分でデータ消去ができない場合の対処法

パソコン内のパーソナルデータは、思っているよりたくさんあります。個人が特定されないような情報でも、人に知られるのはイヤだと感じる人が多いでしょう。実際に被害がなくても、人に知られていると思うだけで怖くなります。

自分のパーソナルデータは自分自身で責任持って消去するのが一番ですが、パソコン初心者の人にとってハードルが高いです。

そのため、自分以外で依頼できる人や依頼できる業者を探しておくと、安心できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由