オーディオ機器の処分方法が知りたい! リセール・無料回収も徹底解析

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

要らなくなったオーディオ機器の廃棄は、多くの人が頭を抱えている問題です。正しい方法がわからないまま処分するのは、とても危険な行為であり、自治体や業者との間でトラブルを招く原因となります。スムーズに処分するためには、必要な知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、オーディオの基礎知識から処分方法・リセール・無料回収について説明します。

  1. オーディオの基礎知識
  2. オーディオの処分方法
  3. オーディオの処分~リセールする場合
  4. オーディオの処分~無料回収の場合
  5. オーディオの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、オーディオの正しい処分方法を知り、状況に合った方法で処分できます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.オーディオの基礎知識

処分方法の前に、まずは、オーディオ機器の種類から最近の傾向について説明します。

1-1.どんな種類があるか

オーディオ機器とは、音を録音再生したり、変換したりするための音響機器のことです。ステレオやオーディオセットとも呼ばれており、音楽を聴く・映画を楽しむときに活用することが多いでしょう。種類によって、音の出し方や聞こえ方などが異なります。主なオーディオ機器の種類を以下にまとめてみました。

  • アンサンブル型ステレオ:レコードプレーヤー・センターユニット・スピーカーを完全一体化したステレオセット
  • セパレート型ステレオ:家具調ステレオと呼ばれており、左右のスピーカーに加え、レコードプレーヤー・アンプ・チューナーを一体化したもの
  • コンポーネントステレオ:独立したアンプ・スピーカー・チューナー・CDプレーヤーなどの音響機器を組み合わせたもの
  • システムコンポーネント:自分の好みに合わせて構築できる。メーカーではセットとして販売されていることが多い
  • ミニコンポ:通常よりもサイズが小さく、ラジオカセットほどのサイズ

1-2.最近の傾向

オーディオは、音を読み取るプレーヤー・音量と音質を調整するアンプ・音を再生するスピーカーで成り立っているものです。高音質でホームシアターや音楽を楽しみたい方が増えており、音質にこだわるタイプに人気が集まっています。たとえば、音の好みや部屋の大きさを考えて、自由に組み合わせることができるタイプなどです。また、スマートフォンやiPodが使用できるタイプもあります。