【必読】ルーターの処分方法が知りたい! 上手に廃棄するポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

インターネット接続に必要なルーターは、パソコン周辺機器の1つです。買い替えや引っ越しなどで、要らなくなったルーターを廃棄することがあるでしょう。しかし、どのように処分すれば良いのか、自治体のゴミとして処分できるのか、分からなくなりますよね。処分方法もさまざまなので、それぞれのメリット・デメリットを知り、適切な方法を選択することが大切です。本記事では、ルーターの基礎知識や処分方法・それぞれのメリットやデメリットなどについて説明します。

  1. ルーターとは
  2. ルーターを処分する前の注意点
  3. ルーターの処分~自分で捨てる方法
  4. ルーターの処分~買い替えや交換をする場合
  5. ルーターの処分~リセールやオークションについて
  6. ルーターの処分~回収業者に依頼する場合
  7. ルーターの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ルーターを正しく処分するために必要な知識を深めることができます。処分方法が知りたい方は、ぜひチェックしてください。


1.ルーターとは

正しい方法で処分するためには、ルーターの基本情報を知っておかなければなりません。概要や必要性と目的、普及率・最近の傾向について説明します。

1-1.どんなものか

ルーターは、複数の端末が同時にインターネットと接続できる通信機器です。金属やガラス・プラスチックなどでできており、サイズは種類によって異なります。一般的なサイズは、手のひらに収まる程度ですが、基本的に大きさで性能が決まる製品ではありません。通信範囲の広さや機能などで選ぶことになります。機能としては、専用アプリを使ってスマホから設定変更ができる機能やWi-Fiかんたん設定・複数の端末から印刷可能なプリントサーバー機能などさまざまです。

1-2.必要性と目的

ルーターは、複数のコンピューターで1つのインターネット回線が共有できる通信機器です。インターネットで扱うデータを、ルーターが自動的に振り分けて共有できます。また、LAN(1つの機関で多面的な処理ができるコンピューターネットワーク)でファイルのやり取りを行う場合は、IPアドレスの割り振りが必要です。IPアドレスとは、各コンピューターの住所となる数値で、ルーターはそれを重複することなく自動的に割り振る機能を持っています。

1-3.普及率・最近の傾向

コンピューターが普及している現在、ルーターの普及率も高くなっています。特に、近年は、無線でインターネットに接続できる無線LAN(Wi-Fi)が人気です。接続コードが必要ないため、範囲内であればいつでもインターネットに接続できます。