フロッピーディスクを安全に廃棄する方法とは?データは消去すべき?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

データを保存するときに役立つフロッピーディスクの処分は、十分に注意しなければなりません。大切な情報が入っていればはなおさらのこと、データの扱いに注意が必要です。しかし、どうすれば安全に処分できるのかわからない方も多いでしょう。処分方法がわからないまま捨ててしまうと、大切な情報が流出してしまいます。そこで、本記事では、フロッピーディスクの基本情報はもちろん、処分方法やデータ消去のやり方・注意点など詳しく説明しましょう。

  1. フロッピーディスクとは
  2. フロッピーディスクの処分について
  3. フロッピーディスクのデータ消去について
  4. ゴミとして処分する際の注意点
  5. フロッピーディスクの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、フロッピーディスクの正しい処分方法とデータの消し方がわかります。フロッピーディスクの廃棄方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


1.フロッピーディスクとは

安全に処分するためには、フロッピーディスクとはどのようなものなのか把握することが大切です。フロッピーディスクの種類や使用目的・メカニズムなど詳しくチェックしておきましょう。

1-1.フロッピーディスクとはどんなものか?

フロッピーディスクは記憶媒体の1つです。記憶媒体とは、データを記憶・保存する装置や部品のことを指しています。フロッピーは柔らかいという意味、ディスクは薄い円盤状の意味です。つまり、構造が薄いディスクを硬い保護ケースに包んだものがフロッピーディスクになります。また、磁気ディスクの一種であり、薄いディスクの内部には磁性体を塗布したプラスチック円盤がついているのです。現在は、CD・DVD・Blu-rayなど光ディスクメディアに記録することが多いですが、従来はフロッピーディスクを使用してデータを保存していました。

1-2.フロッピーディスクの種類

フロッピーディスクの種類は大きさと容量で区別されます。ディスクの大きさは3.5インチ・5インチ・8インチの3種類です。中でも3.5インチのフロッピーディスクの普及率は高く、2004年ごろまでにおよそ1億台が生産されました。そして、容量は2DDと2HDの2種類が主になります。2DDは720キロバイト、2HDは1.44メガバイトに対応できる種類です。

1-3.フロッピーディスクの使用目的

主な使用目的は、ファイルや画像などのデータを保存することです。パソコン本体に保存はできますが、急に壊れるとデータをすべて失ってしまいます。もしものときのために別の場所へ保存しておくと安心ですよね。また、別のパソコンにデータを移行するためにも、フロッピーディスクが活躍します。会議で使うデータを職場の人に渡したいとき、保存されているフロッピーディスクを渡すだけでいいのです。

1-4.フロッピーディスクのメカニズム

フロッピーディスクの内部にあるプラスチック円盤が回転することで、信号を記録します。プラスチック円盤には磁性体が塗布しているため、駆動装置で回転させ、円盤の片面・両面に信号が記録できるようになっているのです。駆動装置から媒体の取りはずしができる点は、フロッピーディスクの特徴といえるでしょう。現在、一般的になっているハードディスクは駆動装置から媒体を取りはずすことはできません。フロッピーディスクは情報を持ち運び、違う情報機器へ移すことができるのです。

1-5.フロッピーディスクの販売状況・需要

現在、記録媒体として主流になっているのはハードディスク(HDD)です。フロッピーディスクはパソコンについている専用フロッピーディスク(FD)ドライブに挿入して使います。しかし、現在のパソコンにはほとんど挿入口がついておらず、フロッピーディスクは使用できないことが多いのです。すでに、フロッピーディスクの生産は終了し、販売数も減少しています。