【必見】iPodの処分方法とは? 処分前にすべきことや注意点など

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

オシャレなデザインで高機能なiPodは、人気の音楽プレーヤーです。流行に乗って購入したけれどスマホで音楽を聴くようになった・壊れた・新しいものに買い替えるなどで、要らなくなったiPodを処分することになるでしょう。しかし、「処分方法が分からない……」と悩んでいる方は多いはずです。そこで、本記事では、iPodの基礎知識や処分の前にすべきこと・処分方法などについて説明します。

  1. iPodとは
  2. iPodの処分について
  3. iPod処分の前にしておくこと
  4. iPodの処分~自分でする場合
  5. iPodの処分~リセール・買い取りについて
  6. iPodの処分~無料回収について
  7. iPodの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、iPodを正しく処分するために必要な情報が分かります。処分方法を知りたい方や処分したい方は、ぜひ参考にしてください。


1.iPodとは

正しく処分するためには、iPodの基本情報を把握しておかなければなりません。ここでは、iPodの概要や種類、人気・最近の傾向について説明します。

1-1.どんなものか

iPodは、米アップル社から販売されているデジタルオーディオプレーヤーです。何千曲もの音楽を保存することができ、好きなときに再生して楽しめます。また、最新のモデルでは、音楽の再生以外にビデオ・写真の表示や再生、本体だけで音楽の購入が可能です。パソコン(Windows/Mac)とiTunesというパソコン用ソフトを使用して、音楽をCDから取り込み、iPod本体に転送できます。

1-2.種類

2017年現在、iPodの種類は、iPod touch、iPod nano、iPod Shuffle、iPod mini、iPodの5種類があります。それぞれの特徴を以下に記したので、ぜひチェックしてください。

  • iPod touch:タブレットのiPadと同じiOSを搭載した多機能モデル。大画面タッチスクリーン登載で、画面を指先でタッチし操作ができる
  • iPod nano:フラッシュメモリーを搭載した小型・薄型モデル
  • iPod Shuffle:シリーズの中でも最小・最軽量のモデル。コンパクトサイズで持ち運びしやすい
  • iPod mini:携帯型音楽プレーヤーで、小さめのサイズが特徴的
  • iPod:ハードドライブ内蔵のiPodで、大きなワイドスクリーンのカラーディスプレイを搭載

1-3.人気・最近の傾向

最近のiPodは、1台でさまざまな機能が活用できます。音楽を聴く以外にも、ゲーム・写真・動画が再生でき、パソコン周辺機器的な使い方も可能です。iPodの種類によって使い方が異なるため、使用目的に合った種類を選ぶ方が増えています。近年は、フィットネスやジム・ジョギング専用でiPodを利用している方もいるようです。しかし、iPodの音質はほかのメディアプレーヤーよりも高くないため、同じ音質で再生できるスマートフォンで充分という方も増えています。