FAXを処分したい! 正しい廃棄方法や買い取り、無料回収について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「FAXを処分したいけれど、方法がわからない」「粗大ゴミで処分できるのか」など、FAXの廃棄方法で悩んでいる方は多いでしょう。正しい方法が分からないまま処分してしまえば、不法投棄や回収業者などのトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。また、まだ使えるものをそのまま処分してしまうのは、少しもったいないような気がする方も多いでしょう。正しくかつ最適な方法で処分するためには、きちんと知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、FAXの処分方法や買い替え・無料回収などのメリット・デメリット・注意点について説明します。

  1. FAXの処分に関する基礎知識
  2. FAXの処分~自分でする場合
  3. FAXの処分~買い替えや交換の場合
  4. FAXの処分~リセール・オークションについて
  5. FAXの処分~お得な無料回収とは
  6. FAXの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、FAXを正しく処分するために必要な知識を身につけることができます。処分を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


1.FAXの処分に関する基礎知識

FAXを正しく処分するためには、知識を深める必要があります。ここでは、寿命や修理と処分どちらを選ぶべきか、困りごと、処分前にすべきことについてチェックしていきましょう。

1-1.寿命やよくある故障

FAXの使用年数や頻度によって異なりますが、平均寿命はおよそ5年と言われています。頻繁に使用するほど、寿命が短くなるので、もっと早くに使えなくなってしまう可能性もあるでしょう。よくある故障としては、記録紙がつまりやすい・FAXに縦の筋が入っている・送信できない・用紙が2枚重なるなどがあります。トラブルによって原因が異なるため、内容をきちんと把握しておいてください。

1-2.修理か、処分か?

使用年数が5年以上経過しているものは処分を考えたほうが良いでしょう。メーカーによって異なりますが、FAXの部品保有期間も同じ5年です。5年以上経過しているものは修理を希望しても、部品がそろわない可能性があります。使用年数や故障内容などを比較して、修理・処分を検討してください。

1-3.困りごと

FAXは可燃ゴミとして処分できません。そのため、処分方法が分からず先延ばしにしている方が多いでしょう。また、データをどうすべきか、インクは処分したほうが良いのかなど、悩みごとはたくさんあります。

1-4.処分前にすべきこと

FAXには、受信データや履歴・電話番号などのデータが保存されています。きちんとデータを消去しないと、これらのデータが流出してしまう恐れがあるのです。実際の漏えい事件も起きています。データの消去法は、本体のタッチパネルを操作する・初期化スイッチを押すなど種類によってさまざまです。取扱説明書に記載されていますが、ない場合は、本体前面に記載している型番からメーカーサイトで調べてみてください。
また、インクも事前に処分しておかなければなりません。基本的に、インクは自治体で処分することになり、ゴミの分類は自治体によって異なります。詳細は、自治体のホームページなどで確認してくださいね。