体重計を手放すにはどうするべき? 捨て方の手順と注意点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

体重計はそれほど頻繁に故障するものでもありませんが、高機能な体重計で健康管理をしたいなど、買い替えたいタイミングは訪れるはずです。その際、体重計はどうやって処分をすればいいのか、捨て方がわからなくて悩むでしょう。あまり捨てたことがないものの捨て方は知らない人が多いのです。

今回は体重計をどんなごみとして扱うのか、そして処分する方法や捨て方の手順などをご紹介します。

  1. 体重計は何ごみ?
  2. 体重計を処分する方法
  3. 処分の手順
  4. 処分の際の注意点
  5. まとめ

1.体重計は何ごみ?

1-1.粗大ごみ

体重計を何ごみとするかは自治体によって異なりますが、家庭用でもサイズが大きいものだと、粗大ごみと分類されるかもしれません。判断するのは、自治体になります。粗大ごみだった場合はあらかじめ自治体に連絡を入れて処分する必要があるので、当てはまるかどうかを確認してみてください。

どんな体重計なのかを伝えるのは難しいですが、尋ねられたことには答えられるよう、体重計の詳細を記録しておきましょう。

1-2.不燃ごみ

家庭用で小さな体重計の場合、たいていは不燃ごみとして処理できます。不燃ごみの日に袋に入れ、そのまま回収場所に出すだけなので普通のごみ出しと同じ感覚ですね。しかし、本当に不燃ごみで捨てられるのかを聞かないまま捨ててはいけません。

必ず事前の確認が必要でしょう。

1-3.そのまま処分するのはもったいない?

粗大ごみ、もしくは不燃ごみとして処分ができる体重計は、故障している体重計なら捨てるしかないと思います。しかし、まだ使えるけど新しい体重計を購入したからという理由で捨てようと思っているなら、ちょっと待ってください。そのまま処分してしまうのはもったいないと思いませんか。

自分は使わないとしても、他の人が使ってくれるかもしれません。「売る」「譲る」という再利用ができないかも考えてみてはどうでしょう。

2.体重計を処分する方法

2-1.自治体で処分

自治体で粗大ごみ、不燃ごみとして処分する方法が、一番安心と感じる人も多いでしょう。自分でやることはいくつかありますが、体重計はいくら大きくても自分で運べないものを家庭用として使用している人は少ないので、それほど大掛かりな準備は必要ありません。

もっともポピュラーな処分方法なので、ただ自治体に確認を取って処分するだけで業者調べの必要もなく、精神的には楽ですね。

2-2.リサイクルショップで買取

まだ使える体重計なら、近くのリサイクルショップに持ち込んでみてはどうでしょうか。生活用品も買取しているリサイクルショップでは、わずかな金額でも買取してもらえる可能性は高いです。体重計で高額買取をしてもらうのは難しいと思いますが、少しでもお金になり、再利用をしてもらえるならいいのではないでしょうか。

商品として売れないと判断されると買取を断られることはありますが、それなら他の方法で処分をすればいいだけです。気軽に持ち込めるサイズの体重計なら、一度持ち込んで査定だけでもお願いしてみてください。

2-3.不用品回収業者で廃棄

処分のプロである不用品回収業者なら、自治体での回収日を待つことなくすぐに処分をできるのが最大のメリットです。どんな状態のものでも処分してもらえるので、引き取ってもらえるか、何ごみになるかなどを気にすることなく手放せます。

自宅まで取りに来てもらえるので楽ですね。もしも他に処分したい不用品があれば、まとめて引き取ってもらってはどうでしょうか。いらないものを捨てるチャンスだと思います。

3.処分の手順

3-1.自治体で処分する場合

粗大ごみとなるか不燃ごみとなるかによって多少違いがあります。

粗大ごみとなる体重計は、事前に自治体に処分したいと伝え、許可を得ましょう。許可を得るだけではなく、処分には費用がかかりますので、指定された金額の粗大ごみ券やシールを貼り付け、回収してくれる場所まで持っていってください。

不燃ごみの場合は費用や事前の申告などは必要ありませんが、必ず不燃ごみ回収の日にあわせて出すようにしましょう。決められた回収場所に出してくださいね。

3-2.リサイクルショップで買取してもらう場合

リサイクルショップでの買取もとても簡単で、ただ店頭に持込をするだけです。その場で買取可能かどうかを判断してもらい、買取成立したらお金を受け取り体重計を渡します。

査定の際に買取不可の場合はそのまま持ち帰ってくるだけです。特別な手続きはありませんが、買取が成立すると、わずかなお金が発生するだけでも必ず身分証明書の提示は必要です。リサイクルショップ側は、誰がこの体重計を売ったのかを知っておく必要があります。

すぐに現金を受け取れますので、後でおこなう余計な手続きも必要ありません。もしも体重計以外に売りたいものがたくさんあるなら、リサイクルショップによっては店頭持込以外に出張買取の対応もしてくれるところがあります。利用は状況に合わせて判断してください。

3-3.不用品回収業者で廃棄する場合

不用品回収業者に電話をするだけで回収に来てくれます。電話では回収して欲しいものの詳細、そして回収希望日などを相談することになるでしょう。最近は即日で駆けつけてくれる不用品回収業者も増えているので、すぐに来て欲しいという要望にもこたえてくれると思います。

他にも処分したい不用品があれば、それもあわせて依頼しましょう。事前に何をどれぐらい処分したいのかの申告は必要ですから、あらかじめまとめて処分したいと伝えておいてください。

ちなみにパソコン処分本舗では、宅配による無料回収を行っています。事前連絡不要で、梱包して当社指定場所まで送るだけ。一般的な不用品回収業者よりも手間をかけずに処分できます。

4.処分の際の注意点

4-1.適切な捨て方をきちんと守る

どんな方法で捨てるのかはその人次第になりますが、間違った捨て方だけはしないようにしてください。迷惑をかけるのは絶対にダメですよ。マナーを守り、自分も納得ができる捨て方を選びましょう。

4-2.安心して利用できる業者、ショップを探す

処分するにしても、売るにしても、自治体で処分する以外は業者探しをしなくてはいけません。いい業者もたくさんありますが、中には悪質な業者があるのも事実です。悪質業者につかまってしまうとトラブルを招く元ですから、気をつけてくださいね。後で文句をいっても、知らない間に連絡がとれなくなっているとか、知らないフリをされるなど、責任を取ってもらえないでしょう。悪質な業者には最初から警戒して、何があっても利用しないようにしなくてはいけませんね。

もちろんいい業者もありますので、自分で探してみましょう。処分をしてもらう業者の目安としては、産業廃棄物処理の認可を受けているかどうかです。廃棄物を収集して処理する業者は、必ず認可を受けている必要があります。認可がない業者は不法投棄で処分しているなど、適切な処分がなされていない可能性もあるので気をつけてください。

売る場合でも、しっかりとお店がかまえられていて、売っていることが目で見て分かる業者が理想です。移動車などで買取をしていると、どこで営業しているのかわからないですよね。そういうことがないよう、営業している住所を把握しておけるお店をオススメします。

5.まとめ

いかがでしたか?

  • 体重計は何ごみ?
  • 体重計を処分する方法
  • 処分の手順
  • 処分の際の注意点

体重計は生活の中では身近な存在ですが、いざ手放したいとなったときに、どのように処分すべきなのか迷いやすいです。適切な処分方法を守り、時には買取してもらうという方法も視野にいれながら、どうやって手放すべきかを考えていきましょう。