ダンボールの処分で困っている方へ~処分方法と注意点について~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引越しで要らなくなったダンボールを処分したいと考えている人は必見です。
必要なときは便利になるアイテムですが、要らない場合は邪魔になってしまいますよね。
ダンボールを処分したいけれど、処分方法がわからない人も多いのではないでしょうか。
そこで、ダンボールの処分・回収方法、捨てるときの注意点など、詳しく説明します。
ダンボールの処分方法を知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ダンボールの処分方法
  2. 燃えるゴミでは出せない理由
  3. 捨てるときの注意点
  4. まとめ

1.ダンボールの処分方法

引越しの必需品として欠かせない「ダンボール」ですが、不要になったダンボールは邪魔になってしまいます。
ダンボールを処分したい場合、どのような方法があるのか説明しましょう。
正しい処分方法を知り、スムーズに処分してください。

1-1.引越し業者に回収をお願いする

引越しをした場合、使ったダンボールは引越し業者に回収を依頼しましょう。
依頼すれば、ほとんどの引越し業者が合間をぬって、ダンボールを回収しに来てくれます。
しかし、引越し業者も繁忙シーズンになればとても忙しいので、きちんと配慮しなければなりません。
引越し業者に、回収しに来てくれる日にちを尋ね、その日までに処分したいダンボールをまとめておきましょう。
また、こちら側から「翌日までまとめて表に出しておきます」と伝えておけば、玄関先にあることがわかっているので、業者も回収しやすいです。
業者が回収する時間がなければ、自分で持っていくこともできます。
引越し業者が回収しやすいように、きちんとダンボールをまとめて表に出しておいてくださいね。

1-2.不用品回収業者に依頼する

処分したいダンボールが大量にある場合は、不用品回収業者に依頼した方がスピーディーです。
不用品回収業者はダンボールの回収もしているので安心してください。
連絡すれば、すぐに自宅まで回収しに来てくれるでしょう。
わざわざお店に運ぶ必要もありません。
一度に、大量のダンボールが片付けられるのでとても効率的です。
個人だけでなく、業者がダンボールを処分したいときにも利用できますよ。
産業廃棄物として回収してくれるでしょう。
不用品回収業者もたくさんあるので、どこが最も費用が安いのか、比較してみると良いですよ。

1-3.ドラッグストアやホームセンターに持っていく

ダンボールが少量の場合は、近くのドラッグストアやホームセンターで引き取ってもらえるかもしれません。
ただし、お店によってダンボールが要らないケースもあります。
必ずしも、すべてのお店が引き取ってくれるとは限りませんので注意してくださいね。
直接持っていくよりも、事前に電話で問い合わせると良いでしょう。
「このくらいダンボールがあるのですが、引き取ってくれないでしょうか…?」と丁寧に伝えれば、快く引き取ってくれるところもあります。
しかし、ダンボール40枚など、量が多い場合は、お店側も困ってしまうものです。
ダンボールが少量の場合だけ、ドラッグストアやホームセンターで引き取ってもらう方法を選んでください。

12