テレビの正しいリサイクル方法とは?テレビ処分でお悩みの方は必見!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「テレビを処分したいけれど捨て方がわからない」「どうやったらテレビを回収してもらえるの?」など、テレビの処分で悩んでいませんか?わけもわからないまま処分してしまうと、後でトラブルに巻き込まれてしまいます。テレビの処分方法やリサイクルについてきちんと知識を身につけておけば、正しい方法で処分できるものです。そこで、テレビのリサイクルや無料回収など詳しく説明します。

  1. テレビのリサイクルについて
  2. 家電リサイクル料金について
  3. テレビのリサイクル方法とは
  4. パソコン処分本舗の無料回収について
  5. テレビの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、テレビのリサイクル・処分について知ることができます。正しいリサイクル方法がわかれば、安心して処分できるでしょう。


1.テレビのリサイクルについて

テレビを効率的に処分したいのなら、リサイクルの基礎知識を知ることが大切です。これから、テレビのリサイクルとは何なのか、目的や必要性、家電リサイクル法など説明します。

1‐1.テレビのリサイクルとは

テレビのリサイクルは特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)によって決められています。家電リサイクル法は2001年4月に施行された法律です。2009年に薄型テレビ(液晶テレビ・プラズマテレビ)が追加され、今に至ります。

家電リサイクル法:http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/

1‐2.テレビリサイクルの目的、必要性

テレビリサイクルはごみの減量、資源の有効利用やエコ活動、環境保全に役立つ取り組みです。テレビリサイクルがなければ、埋め立てにかける費用やごみの量が増えてしまいます。非常に環境に悪い状況といえるでしょう。テレビの廃棄量を少なくするためにも、テレビリサイクルが推奨されています。

1‐3.家電リサイクル法について

テレビは家電リサイクル法の対象です。家電リサイクル法とは一般家庭から排出される家電製品から有用な部分・材料をリサイクルする法律になります。廃棄物の減量、資源の有効利用を目的としているものです。1998年に国会で成立した後、同年に公布されました。家電リサイクル法の対象になっている家電は、メーカーによる回収か、または許可を取得している業者に処分を依頼する方法になります。きちんと処分方法が決められているため、自治体での処分はできません。もし、ごみ捨て場で勝手に処分した場合、罰金が科せられます。

1‐4.テレビ以外にリサイクルすべき家電とは

家電リサイクル法の対象になっているテレビはブラウン管テレビ、液晶・プラズマ式テレビになります。業務用やディスプレイモニター、プロジェクションテレビなどは対象外です。テレビ以外には、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機と全部で4品目になります。対象廃棄物にかんする詳細は家電リサイクルセンターのHPでチェックできるので、ぜひ確認してください。

家電リサイクルセンター:http://www.rkc.aeha.or.jp/text/r_4list.html