「掃除が苦手…」を克服するための方法3つ!めざせシンプルライフ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「掃除苦手を克服したい」という人は多いでしょう。
部屋の片付けや整理にはコツがあります。
「常に部屋が散らかっている」「どうやって片付けたらよいのか分からない」という人は、そのコツを知らないだけなのです。
掃除が苦手な人は、なぜうまく片付けることができないのか原因を考えてみてください。
きっと解決策を見つけることができるはずです。

  • 掃除ベタを克服したい
  • 掃除や片付けのポイントとは?
  • 常にきれいな部屋を維持する方法を知りたい

そんな掃除ベタさんたちは必見です。


1.掃除ベタを克服する方法

掃除ベタな人にはさまざまな共通点があります。
そういったものを克服し掃除が得意になるためにはどうしたらよいのでしょうか。

1-1.理想の部屋をイメージする

誰にでも「理想の部屋」というものがあるはずです。
インテリア雑誌などを見て「こんな部屋に住みたい」と思うことはあるでしょう。
そういったイメージを強く持ち、理想の部屋にするためにはどうしたらよいのか考えてみてください。
目標があれば、どう片付けたらよいのか分かってくるはずです。
目指すものがあれば人は頑張ることができます。
「今の部屋では無理だ」と諦める前に、まずは理想の部屋に近づくための片付け方法について考えてみましょう。

1-2.シンプルライフを心がける

片付けられない理由を考えてみましょう。
「時間がないから」「どこから手を付けたらよいのか分からないから」「面倒だから」など、いろいろあると思います。
では、その理由を解決するためにはどうしたらよいのでしょうか。
片付ける時間がないなら、片付けなければならないものを最小限に抑えればよいのです。
面倒なのは、片付ける範囲が広いため。
簡単に片付けができるなら、こういった言い訳は通用しなくなります。
つまり、「片付けられない理由」がなくなればよいのです。
そのためには、シンプルライフを心がける必要があります。
「片付けるほどのものがない部屋」「しまうのが面倒にならない収納」を目指しましょう。

1-3.片付けを「面倒なもの」と考えない

片付けを「面倒」だと思うから、苦手意識が生まれるのです。
片付けは「面倒なもの」ではありません。
毎日当たり前のように行う「習慣」にしてしまえばよいのです。
毎日の習慣を「面倒だ」と思うことはあまりありませんよね。
少しずつ簡単に片付けていくことができるように、1日5分だけでも掃除の時間を作るようにしましょう。
そして、その時間を作ることが習慣になるまで頑張ってください。

12