【注目】素材によるゴミの分類を詳しく解説! リサイクルで有効活用!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎日生活していると、さまざまな素材のゴミが出ます。一般家庭のゴミの処分は、自治体に依頼することが基本です。正しく分類し、ルールに沿って出してください。しかし、素材によってはゴミの分類に迷ってしまうこともあるでしょう。また、ゴミの分量を減らし、資源を有効活用するためにも、リサイクルに関する知識も必要です。そこで、今回は、素材によるゴミの分類について詳しく解説します。

  1. ゴミの分類の基本を学ぼう
  2. 素材と可燃ゴミの分類について
  3. 素材と不燃ゴミについて
  4. リサイクルが注目されるレアメタルとは
  5. 素材によるゴミ分類に関するよくある質問

この記事を読むことで、素材によるゴミ分類の基本がわかり、リサイクルで有効活用することを含め、正しく処分できるようになります。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。


1.ゴミの分類の基本を学ぼう

最初に、ゴミの分類の基本を学びましょう。分類方法や目的・自治体ごとの違いなどについて理解してください。

1-1.自治体におけるゴミの分類方法について

自治体では、ゴミを素材などによって、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミ・資源ゴミのように分別します。それぞれのゴミの特徴について解説しましょう。

1-1-1.可燃ゴミ

紙・木・布・食品の残りなど、焼却処分ができるものを可燃ゴミに分類します。焼却することで体積を減らし、腐敗を防いだ後、専用の埋め立て地に運ばれるのです。可燃ゴミの焼却には、燃料が必要であり、お金も手間もかかります。また、埋め立て地の許容量にも限界があるため、可燃ゴミを減らすことは急務です。

1-1-2.不燃ゴミ

不燃ゴミは、ガラスやプラスチック製品・金属など、燃やすことができないか、燃やすことで有毒ガスを発生するなどの危険性があるものです。可燃ゴミと仕分けをし、自治体の回収曜日・時間に集荷場に出しましょう。なお、ガラスの破片など、集荷作業でケガをする可能性があるものを出す場合は、段ボールによる保護や「ガラス破片注意」などの注意書きをしてください。

1-1-3.粗大ゴミ

粗大ゴミは、不燃ゴミの中でも大きさや重さが一定以上あるものとなります。ただし、自治体によって定義が異なるため、まずはどんなものが粗大ゴミに該当するのか調べることが必要です。家具・家電などは、多くの場合が粗大ゴミに該当します。なお、冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビは、家電リサイクル法の指定品目であるため、粗大ゴミとして回収できません。不燃ゴミの回収は、自治体の受付窓口に連絡し、指定日時・場所を守って出してください。回収費用は自治体によっても異なり、無料になることもあります。

1-1-4.資源ゴミ

資源ゴミは、プラスチックや金属など、再資源化して有効活用することを目的に収集します。可燃ゴミや不燃ゴミと区別することで、リサイクルしやすくなるのが大きなメリットです。地球温暖化の阻止や資源の枯渇を防ぐためにも、資源ゴミの活用に期待が高まっています。2週間に1回程度の頻度で、専用のボックスに入れることで回収してもらえますが、自治体によっては資源ゴミの取り扱いがないこともあるので注意しましょう。

1-2.ゴミを分類する目的について

ゴミを分類する目的は、主に以下のようなものがあります。

  • ゴミの総量を減らすため
  • 素材ごとに適した処分方法を行うため
  • リサイクルできるものを仕分けるため

たとえば、可燃ゴミに不燃ゴミが混ざっていると焼却に時間がかかるだけでなく、焼却炉を傷めたり有毒ガスが発生したりする可能性があります。また、分類することで資源の再利用をしやすくするためにも、必要性が高いのです。

1-3.自治体ごとの違いを理解しよう

ゴミの分類は、自治体によっても細かなルールが異なります。同じ素材でも、自治体によって可燃ゴミになることもあれば不燃ゴミに分類することもあるのです。まずは、地域の自治体の分類方法を知り、ルールに沿って出してください。異なる自治体に引っ越しをした直後などは、分類を間違えやすいので特に注意しましょう。