パソコン初心者でも簡単・安全な「ハードディスク処分方法」とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

近年のコンピューターの進歩は目覚ましく、家庭用パソコンも次々に新しいモデルが登場しています。ペースの速い人なら、2年くらいで使っているパソコンを新しく買い替える方も珍しくありません。

そんなときに問題になるのが古いパソコンの廃棄方法です。大切な個人情報を情報漏えいから守るため、今回はパソコンに詳しくない人でも簡単にできる「ハードディスク処分方法」をご紹介しましょう。

  1. ハードディスク処分で気をつけておきたいこと
  2. ハードディスク処分を安全に行うための手順
  3. ハードディスク処分を業者に依頼する際の注意点

1.ハードディスク処分で気をつけておきたいこと

ハードディスクは、パソコンの中で「情報を記録している部品」です。そのままにしておくと、悪意ある第三者の手に渡ったとき、あなたの大切なデータや個人情報が盗み見られてしまいます。

ハードディスクからの情報漏えいを防ぐは、「捨て方」にも細心の注意を払わなくてはならないのです。

1-1.ハードディスクを含むパソコンは、自治体では処分できない

まず、大前提として抑えておかなければならないことがあります。「パソコンは燃えないごみ・粗大ごみとしては出せない」ということです。

「資源有効利用促進法」により、平成15年10月からパソコンはメーカーによる自主回収、リサイクルが義務付けられたため、通常の不燃物・粗大ごみとして処分することはできなくなってしまいました。 地球環境のためにはやむを得ないことですが、その分処分の方法は限られてしまうことになります。

1-2.「見てほしくない情報」は個人情報だけじゃない

「ハードディスクからの情報漏えい」というと、住所や氏名、クレジットカードやネットバンクの暗証番号が知られてしまい、犯罪に利用されることがよく知られています。

しかし、あなたがハードディスクに保存している「他人に見てほしくないデータ」は本当にこうした個人情報だけでしょうか。たとえば、仕事で使う「外部に知られたらまずいデータ」や、「お客様には絶対に知られたくない、うちわでの本音をやりとりしたメール」をうっかり残してしまっている、なんてもこともあるはず。

また、プライバシーにかかわる「ブラウザーでお気に入りにしているサイト」などもあるでしょう。「犯罪」とまではいかなくても、「他人が見たとしたら気分が良くない情報」はいろいろあります。そう考えると、「自分のパソコンには大事なデータはなにも入っていない。他人が中身を見たとしても構わない」と自信を持っていえる人はあまりいないはずです。

1-3.情報漏えいで起きたトラブル事例

ハードディスク処分にかかわる個人情報漏えいでは、実際に次のような事件も起きています。

「不燃ごみ集積場に捨てられていたパソコンを通行人が拾い、試しに電源をつけてみたら中には個人情報らしきものが多数保存されていた・・・」

このパソコンは、持ち主が仕事のために会社に持ち込んで使用していました。廃棄するにあたりハードディスクの破壊を怠ったために、拾った人が個人情報を閲覧することができたのです。

幸い、このケースではパソコンを拾った人に悪意がなかったため、大事には至りませんでしたが、もし悪意ある第三者の手にこのパソコンが渡っていたとしたら、重大事に発展してしまう可能性も十分にありました。

こうした事態を避けるためにも、ハードディスク処分を行う際は、「データが読み取れないよう、確実に破壊してから廃棄する」必要があるのです。

12