PCをオークションに出品する際に気をつけるポイントとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコン(PC)は家電の中で、最もサイクルが早いもののひとつです。
ですから、毎年PCを買い替える人も少なくないでしょう。
PCの寿命は長くありませんが、製造から5年以内のものならば中古品として買い手がつきやすいです。
インターネットオークションに出品したいと思っている人もいるでしょう。
そこで、今回はPCをオークションに出品する際の注意点についてご紹介します。
PCは個人情報の塊です。
不用意に出品すると、個人情報が流出してしまうかもしれません。
また、買い手がつきやすくなる出品情報の書き方もご説明します。
不要になったPCをオークションに出品したいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

目次

  1. PCをオークションに出品する前にやっておくこと
  2. 買い手がつきやすい出品情報の書き方
  3. 梱包(こんぽう)は厳重に、発送は迅速(じんそく)に行う
  4. インターネットオークションに出品しない方がよいPC とは?
  5. おわりに

1.PCをオークションに出品する前にやっておくこと

この項では、PCをオークションに出品する前にやっておくことをご説明します。
これをやっておけば、落札者が出たらすぐに商品を発送できるでしょう。

1-1.動作チェック

まずは、PCが正常に作動するかどうかチェックします。
電源や立ち上がった後の動作に不具合がないか確認するかはもちろんのこと、CD-ROMやDVDもきちんと読みこむかチェックしてください。
また、ノートPCの場合はバッテリーの調子も確認しておきましょう。

1-2.PC本体のチェック

動作確認が終わったら、PC本体をチェックしてみましょう。
汚れや破損などがないかどうか、よく確認してください。
液晶画面の明るさもチェックするとよいでしょう。
また、意外と見過ごされがちなのが匂いです。
喫煙者の場合はタバコの匂いがPCに染みついていることもあるでしょう。
そして、ペットの匂いも気にする人は気にします。
匂いが気になる場合は、消臭効果のあるウエットティッシュなどでPCの外側をよくぬぐっておいてください。

1-3.PCをリカバリーする

PCは個人情報の宝庫。
そのまま出品すれば、大変危険です。
ですから、PCを「リカバリー」といって出荷したときの状態に戻しましょう。
リカバリーディスクを使えば簡単です。
リカバリーディスクはPCに付属品としてついている場合もありますし、メーカーのサイトからダウンロードする方法もあります。「もっと安全な方法を取りたい」という場合は、HDDの中身をすべて消去するソフトを使用してOSを再インストールしましょう。ただし、これを行うにはある程度PCの知識が必要です。
しかし、ここまで行ってもデータを復旧させる手段はある、ということを覚えておきましょう。

12