HDDは故障=寿命!? HDDの交換と処分にまつわる基本知識をご紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

HDD(ハードディスク)は、OSはもちろんのこと、個人的な写真から仕事で使う重要なデータまで、さまざまなものが記録されている重要なパーツです。それだけに、故障してしまうと非常に困ってしまいますよね。できることなら、寿命を少しでも長くしたいところです。そこで、今回はHDDの寿命にまつわる情報をご紹介します。

  1. HDD(ハードディスク)の寿命について
  2. HDDの故障前兆について知っておこう
  3. HDDの寿命を長持ちさせる方法
  4. HDDの寿命が近いときの対策
  5. HDDの寿命と故障にまつわる質問と回答

これらの記事を読むことで、HDDにまつわる基本的な情報を得ることができます。HDDを長持ちさせるためのコツについてもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


1.HDD(ハードディスク)の寿命について

1-1.何がどうなると寿命なの?

HDDにおける寿命とは、何かしらの不具合が発生した状態のことを指します。「多少の不具合が出たぐらいで寿命というのはおかしいのでは?」と思われる方も多いでしょう。しかし、HDDというのは仕事などで使う大事なデータや、パソコンを動かすのに必要不可欠なOSを保存する場所でもあります。そのため、HDDが完全使用不可状態になってしてしまうとパソコンを起動することができなくなってしまうのです。ですから、不具合が出た時点で寿命と考え、完全に使用できなくなる前に交換することが重要となります。

1-2.HDDの寿命について

HDDの寿命は4~5年程度でしょう。アメリカのオンラインバックアップサービス会社であるBackblaze社の調査によれば、78%のHDDは4年たっても問題がないことが分かっています。つまり、多くのHDDは4~5年程度の寿命が期待できるということですね。とはいえ、裏返せば、残りの22%は問題が起きているということになります。ですから、4~5年持つと楽観視するのはやめた方がよいでしょう。製品の質、使用方法や環境などによって、大きく変化しうるということを念頭に置いておいてくださいね。

また、外付けHDDに関しては、内蔵型のHDDに比べると故障しやすいといわれています。そのため、3~4年程度で寿命を迎えてしまう可能性もあるでしょう。

1-3.HDDの種類による寿命の差について

実は、『HDD(ハード・ディスク・ドライブ)』のほかにも、『SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)』と呼ばれる種類のものがあります。非常に高速に稼働するうえ、SSDはHDDとは違って物理的に稼働する箇所がない(HDDは円盤が回る)ので故障しにくいのも特徴です。また、物理的な故障がしづらいため、HDDよりも寿命は長くなるでしょう。一般的な使い方をするのであれば、5~7年程度が寿命です。

1-4.寿命に差が出る要因

1-4-1.構造の違い

真っ先にあげられるのは構造の違いです。すでにお話ししたようにHDDは円盤が組み込まれており、5,400rpm~7,200rpm程度の速度で物理的に稼働します。しかし、SSDには物理稼働する箇所がありません。1分間に5,400~7,200回転もしている円盤を内部に持っているHDDと、まったく稼働する部分のないSSDの寿命に差が出るのは、当たり前のことですよね。

1-4-2.使用環境の違い

使用環境によって寿命が変わることもあるでしょう。たとえば、HDDの回転部分に使用されている磁性流体は、低温環境に置かれると変質してしまうことがあります。すると、うまく回転をたもてなくなるので、HDDの動作が不安定になるでしょう。また、SSDは高温状態にとても弱い装置です。そのため、真夏に冷房をかけずに使用しているとダメージを受け、記憶したデータが飛んでしまうことがあります。

1-4-3.使い方の違い

HDDは精密機械です。そのため、乱暴な使い方をすると故障のリスクが上がります。また、ノートパソコンの場合は頻繁に持ち運びますので、丁寧に使っていても少しずつ衝撃が加わり、ダメージが蓄積されていってしまうでしょう。そうすれば、当然のことながら寿命をすり減らしていくこととなります。

1-4-4.使用時間の違い

実は、HDDやSSDには書き換え回数の限界があります。そのため、使用時間が長い人ほど、寿命が短くなるのです。仕事などで頻繁にデータの移動や書き換えを行う人は、寿命が短くなることを見越しておきましょう。