液晶ディスプレイの賢い廃棄方法!無料回収や下取りのポイントも紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

「液晶ディスプレイの廃棄方法が分からない」という人は多いと思います。現在は法律により、液晶ディスプレイを不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることができなくなっているのです。捨て方が分からないといつまでも家に置いておかなければならず、場所を取りますよね。そこで、この記事では、パソコンの廃棄方法や注意点・業者に依頼するメリットなどをまとめて解説しましょう。

  1. 液晶ディスプレイはゴミとして捨てられる?
  2. 液晶ディスプレイのおすすめ廃棄方法5つ
  3. 液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼する場合
  4. 液晶ディスプレイの処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、液晶ディスプレイを正しくお得に処分することができますよ。


1.液晶ディスプレイはゴミとして捨てられる?

液晶ディスプレイは自治体が回収する不燃ゴミや粗大ゴミとして出すことができません。その理由や注意点をまとめてご紹介しましょう。

1-1.「資源有効利用促進法」の対象となる液晶ディスプレイ

平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」という法律をご存じでしょうか。この法律により、液晶ディスプレイはメーカーの自主回収やリサイクルが義務づけられることになったのです。つまり、自治体が不燃ゴミや粗大ゴミとして回収することはできません。
対象となるのは液晶ディスプレイだけでなく、ブラウン管ディスプレイやデスクトップパソコン・ノートパソコン・モニターと本体が一つになっている一体型パソコンなどです。

1-2.ブラウン管との違いを知ろう!

パソコンモニターにはいくつか種類があり、その一つが液晶ディスプレイです。「ブラウン管とどう違うのか?」と思う人も多いでしょう。ブラウン管ディスプレイはすでに市販されていませんが、古いパソコンを使っている人なら持っているはずです。奥行きがある箱のような形をしているディスプレイで、リサイクルできる業者は限られています。そのため、ブラウン管ディスプレイを廃棄する場合は、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

1-3.破損している液晶ディスプレイはどうなる?

液晶ディスプレイの画面は傷つきやすいため「割れてしまったため使えなくなった」という人も多いでしょう。あまりに破損の状態がひどいと、業者によっては回収が不可能になる場合もあるため、事前に確認しておいてください。配送回収の場合はしっかりとこん包し、破片が飛び散らないように注意が必要です。

1-4.パソコンを廃棄する前にデータ消去を!

多くの場合、液晶ディスプレイが故障した場合はパソコン自体の買い替えを検討することになるでしょう。その場合は、廃棄する前にデータを完全消去しておくことを忘れないでください。たとえゴミ箱の中身を空にしても、専用のソフトを使えばデータを復元することは可能です。万が一データが流出することのないように、確実な方法で消去しておきましょう。
その為の方法はいくつかあります。

  • 自分でハードディスクを取り出して、保管または破壊する。
  • 専用のデータ消去ソフトを使ってデータを完全消去する。
  • 専門業者に依頼してデータを消去してもらう。

本体裏側のネジを外してフタを取るとハードディスクの位置を確認できます。すべてのネジとケーブルを外し、ハードディスクを取り出してください。取り出したハードディスクは、ハンマーでたたいたりドリルで穴を開けたりして破壊しましょう。
データ消去ソフトを使う場合は「DESTROY」や「Freeraser」などのフリーソフトがおすすめです。データ消去が簡単にできるため、初心者にも使いやすいでしょう。

2.液晶ディスプレイのおすすめ廃棄方法5つ

では、液晶ディスプレイを廃棄する際はどうしたらよいのでしょうか。主な方法や料金などを解説します。

2-1.メーカーに依頼する

そのパソコンを製造したメーカーであれば、液晶ディスプレイを回収してもらうことができます。ここで重要なのが、PCリサイクルマークです。パソコン本体の裏面にPCリサイクルマークが付いているものは、平成15年10月以降に製造されたパソコン。メーカーに依頼した際、無料で回収してもらうことが可能です。このマークが付いていないパソコンはリサイクル料金がかかります。その際の金額は1台あたり約3,000円程度ですが、メーカーによって多少の差があるため確認しておきましょう。メーカーに回収を依頼する方法は以下のとおりです。

  • ホームページまたは電話で申し込みをする。
  • PCリサイクルマークがない場合は回収資源化料金を支払う。
  • メーカーから「エコゆうパック伝票」が届く。
  • 液晶ディスプレイをこん包して、伝票を貼付する。
  • 郵便局を利用して発送する。

2-2.不用品回収を行っているリサイクル業者に回収してもらう

不用品回収を行っているリサイクル業者に依頼すれば、液晶ディスプレイを回収してもらうことができます。ほかにも処分したいものがあるときに、まとめて利用すると大変便利です。この場合、破損の度合いがひどい液晶ディスプレイでも回収してもらうことができます。

2-3.販売店に下取りしてもらう

パソコンの買い替えを検討している場合は、新しいパソコンを購入する販売店に依頼してみる方法もあります。下取りという形で、古い液晶ディスプレイを回収してもらえるケースもあるでしょう。場合によっては、新しいパソコンの購入代金から値引きしてもらえることもあります。

2-4.パソコンを無料回収してくれる業者を利用する

パソコンの廃棄を無料で行ってくれる業者があることをご存じですか?この方法を使えばPCリサイクルマークのないパソコンの液晶ディスプレイでも、無料で処分することができます。「パソコン処分本舗」は、全国どこからでもパソコンの無料回収を行っている会社です。送料も無料なので、1円もかけずに不要な液晶ディスプレイを処分することができますよ。

2-4-1.なぜ無料で回収してもらえるのか?

「無料回収」と聞くと、何となく不安になる人も多いでしょう。しかし、パソコンの部品の多くは再利用できるものばかりです。無料回収を行っている業者は、このような部品を再利用することで利益を上げています。安心して利用しましょう。

2-4-2.無料回収を利用する際の注意点

無料回収を利用する場合は、いくつか知っておくべき注意点があります。まず、業者によっては回収できないケースもあるということを覚えておきましょう。部品の再利用が不可能な状態にまで破損している場合などは回収が不可能になります。
また、近くに業者がない場合は宅配回収を利用できる場合もありますが、送料は利用者の負担になることがほとんどです。事前に問い合わせて確認しておきましょう。

2-5.状態のよい液晶ディスプレイは買い取りに出そう!

比較的状態のよい液晶ディスプレイは、買い取りに出す方法についても考えてみてください。

2-5-1.どこに買い取りを依頼する?

液晶ディスプレイの買い取りを行っているのは、不用品回収業者やリサイクルショップ、パソコン専門店などです。パソコンの液晶ディスプレイは中古でも需要が高く、うまくいけば高値で買い取ってもらえる可能性もあるということを覚えておきましょう。

2-5-2.高く買い取ってもらうためのポイントを押さえておこう!

液晶ディスプレイを少しでも高く買い取ってもらうためのポイントをご紹介します。

  • きれいに掃除しておく。
  • 箱や付属品をそろえておく。
  • できるだけ購入時の状態に近づける。

特に、ACアダプターやバッテリー・保証書などがあると高価買い取りの可能性が高まります。買い取りを依頼する際は同時に査定に出しましょう。

3.液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼する場合

液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼する場合、業者選びのポイントやメリット・デメリット・注意点などをご紹介します。

3-1.業者選びのポイントと注意点

液晶ディスプレイの回収・廃棄を行っているリサイクル業者はたくさんあります。しかし、そのすべてが良心的な業者であるとは限らないのです。業者選びのポイントと注意点をまとめてみました。

3-1-1.一般廃棄物収集運搬許可を得ているかどうか

液晶ディスプレイのように、一般家庭から生じた不用品を回収するためには、市町村の「一般廃棄物収集運搬許可」を得ていることが条件になります。しかし、実際にはこの許認可を持たずに営業している業者も存在しているのです。許可を持たずに営業を行うことは違法であり、料金をだまし取る、回収した不用品を不法投棄するなどの悪質な行為を行っている可能性があります。ホームページを確認するなどして、許認可を得ているかどうか調べておきましょう。

3-1-2.明確な見積もりを出してくれるかどうか

リサイクル業者に見積もりを依頼した場合、項目や算出方法は業者によって異なります。一般の人が見ても分りにくいことから、不正に料金を上乗せする業者も少なくないのです。だからこそ、誰が見ても分かりやすい見積書を作成してくれる業者を選ぶようにしましょう。

3-1-3.所在地を明らかにしていない業者には注意!

リサイクル業者の中には、トラック1台で拠点を転々とするところも存在しています。このような業者は所在地を明らかにしていないため、注意が必要です。万が一トラブルが発生した場合も、居所を見つけるのは不可能になってしまうでしょう。見極めるための方法としては、事前に領収書の発行を依頼してみてください。拒むようであれば、身元を明かすことを嫌がっている証拠です。

3-2.液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼するメリットとデメリット

リサイクル業者に依頼する最大のメリットは、液晶ディスプレイだけでなくマウスやキーボードなどの周辺機器もまとめて処分できるという点です。メーカーなどに依頼するよりも手間を大きく省くことができるでしょう。また、24時間回収依頼を受け付けている業者や、全国どこでも送料無料で対応している業者もあります。このように、手軽さとお得さが大きなメリットと言えるのではないでしょうか。
一方のデメリットとしては、悪質な業者を見極める必要があるという点があります。

3-3.料金はどのくらいかかる?

PCリサイクルマークのないパソコンの液晶ディスプレイをメーカーに回収してもらうためには、3,000円程度の料金がかかります。一般的な不用品回収業者の場合だと、回収費用のほかに搬出料金が別途かかることもあるでしょう。
しかし、リサイクル業者の中には、古い液晶ディスプレイでも無料で回収してくれるところがあります。この宅配無料回収の業者を利用することで、処分費を一切支払わずに済むのです。
液晶ディスプレイの処分を検討しているときは、ぜひこの方法も選択肢の一つとして考えてみてください。

3-4.主な回収方法は宅配・出張・持ち込み

リサイクル業者が液晶ディスプレイを回収する方法としては、主に宅配・出張・持ち込みがあります。自分にとってベストな回収方法を選択するようにしましょう。

4.液晶ディスプレイの処分にかんするよくある質問

液晶ディスプレイの処分を検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.液晶ディスプレイが表示されない場合、買い替えを検討した方がよいのでしょうか?

A.国内メーカーのものであればアフターサービスが充実しているため、修理の見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。海外製のものだと修理が難しいため、買い替えの方が安くなる可能性があります。

Q.購入したパソコンのメーカーが倒産している場合はどうしたらよいのですか?

A.PCリサイクル法が制定された後に購入したパソコンでも、そのメーカーが倒産してしまった場合は、リサイクル専用業者に処分してもらうことをおすすめします。無料で液晶ディスプレイの回収をしてもらうことができるでしょう。

Q.液晶ディスプレイはネットオークションでも買い手がつきますか?

A.個人でネットオークションに出品してみるのも一つの手です。その際は、使用年数や製品番号・サイズなど詳細をしっかりと書き、ディスプレイの写真を載せるようにしましょう。少し手間はかかりますが、買い手が見つかる可能性は十分にあります。

Q.回収された液晶ディスプレイは、その後どうなるのですか?

A.一般的には、検品・修理・クリーニングを行った後、中古品として再生販売しています。リユースが難しい状態のものは、部品や素材をリサイクル資源として活用することになるでしょう。

Q.液晶ディスプレイを買い取りに出すのに最適なタイミングはいつですか?

A.液晶ディスプレイは中古市場でも需要があり、高値で買い取ってもらいやすくなっています。しかし、近年は新製品が続々登場しているため、できるだけ早く買い取りに出すのがポイントです。「処分する」と決めたら、すぐに買い取りを依頼するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。液晶ディスプレイの廃棄方法や注意点・業者に依頼する際のポイントなどをまとめて解説しました。液晶ディスプレイは自治体が回収するゴミとして捨てることができないため、その処分に困っている人は多いでしょう。ぜひこの記事を参考にして、ベストな処分方法を見つけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由