液晶ディスプレイの賢い廃棄方法!無料回収や下取りのポイントも紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「液晶ディスプレイの廃棄方法が分からない」という人は多いと思います。現在は法律により、液晶ディスプレイを不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることができなくなっているのです。捨て方が分からないといつまでも家に置いておかなければならず、場所を取りますよね。そこで、この記事では、パソコンの廃棄方法や注意点・業者に依頼するメリットなどをまとめて解説しましょう。

  1. 液晶ディスプレイはゴミとして捨てられる?
  2. 液晶ディスプレイのおすすめ廃棄方法5つ
  3. 液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼する場合
  4. 液晶ディスプレイの処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、液晶ディスプレイを正しくお得に処分することができますよ。


1.液晶ディスプレイはゴミとして捨てられる?

液晶ディスプレイは自治体が回収する不燃ゴミや粗大ゴミとして出すことができません。その理由や注意点をまとめてご紹介しましょう。

1-1.「資源有効利用促進法」の対象となる液晶ディスプレイ

平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」という法律をご存じでしょうか。この法律により、液晶ディスプレイはメーカーの自主回収やリサイクルが義務づけられることになったのです。つまり、自治体が不燃ゴミや粗大ゴミとして回収することはできません。
対象となるのは液晶ディスプレイだけでなく、ブラウン管ディスプレイやデスクトップパソコン・ノートパソコン・モニターと本体が一つになっている一体型パソコンなどです。

1-2.ブラウン管との違いを知ろう!

パソコンモニターにはいくつか種類があり、その一つが液晶ディスプレイです。「ブラウン管とどう違うのか?」と思う人も多いでしょう。ブラウン管ディスプレイはすでに市販されていませんが、古いパソコンを使っている人なら持っているはずです。奥行きがある箱のような形をしているディスプレイで、リサイクルできる業者は限られています。そのため、ブラウン管ディスプレイを廃棄する場合は、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

1-3.破損している液晶ディスプレイはどうなる?

液晶ディスプレイの画面は傷つきやすいため「割れてしまったため使えなくなった」という人も多いでしょう。あまりに破損の状態がひどいと、業者によっては回収が不可能になる場合もあるため、事前に確認しておいてください。配送回収の場合はしっかりとこん包し、破片が飛び散らないように注意が必要です。

1-4.パソコンを廃棄する前にデータ消去を!

多くの場合、液晶ディスプレイが故障した場合はパソコン自体の買い替えを検討することになるでしょう。その場合は、廃棄する前にデータを完全消去しておくことを忘れないでください。たとえゴミ箱の中身を空にしても、専用のソフトを使えばデータを復元することは可能です。万が一データが流出することのないように、確実な方法で消去しておきましょう。
その為の方法はいくつかあります。

  • 自分でハードディスクを取り出して、保管または破壊する。
  • 専用のデータ消去ソフトを使ってデータを完全消去する。
  • 専門業者に依頼してデータを消去してもらう。

本体裏側のネジを外してフタを取るとハードディスクの位置を確認できます。すべてのネジとケーブルを外し、ハードディスクを取り出してください。取り出したハードディスクは、ハンマーでたたいたりドリルで穴を開けたりして破壊しましょう。
データ消去ソフトを使う場合は「DESTROY」や「Freeraser」などのフリーソフトがおすすめです。データ消去が簡単にできるため、初心者にも使いやすいでしょう。

12