パソコンの使いすぎで疲れ目になる。よい対策はあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今は、パソコンがなければ仕事にならないという方が多いでしょう。
仕事中はずっとパソコンの画面を見ている、という方も少なくありません。
そこで、気になってくるのが疲れ目。
疲れ目になると、肩こりや頭痛がしてくるという方も多いのです。
そこで、今回は疲れ目の予防や対策の方法をご紹介しましょう。
疲れ目は時間がたてば自然に回復することが多いです。
しかし、中には病気が原因のこともあります。
パソコンを1日中使うから疲れ目になるのは仕方がない、と思ってはいませんか?
でも、これからご紹介することを試せば、目が楽になることもあるでしょう。
ぜひ記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 疲れ目はなぜ起こる?
  2. 疲れ目の対策はあるの?
  3. 病院を受診することも必要
  4. 疲れ目を予防するには?
  5. おわりに

1.疲れ目はなぜ起こる?

疲れ目が起こる原因は、皆様もよくご存じのように目の使いすぎです。
今は、いろいろな媒体を通じて情報を「読む」ことが多い時代。
特に、スマートフォンの普及により、どこでも液晶画面を見ている人が増えました。
また、精神的なストレスを抱えていると、目が疲れやすくなると言われています。
さらに、眼鏡やコンタクトが合っていなくてもが疲れ目は起こりやすくなるでしょう。
そして、白内障や緑内障を発症していても、疲れ目は起こりやすくなります。
ですから、疲れ目をパソコンやスマートフォンの使いすぎ、と決めつけてはいけません。
特に、時間がたっても疲れ目が回復しないという場合や日に日に早い時間から目がかすむようになってきたという場合は、要注意です。

12