パソコンの寿命は何年? 損をしないためのパソコン基礎知識!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

20年前まではマイナーだったパソコンも、今や誰しもが使う時代となりました。パソコンを使わない会社など、もはや駄菓子屋ぐらいしかないのではないでしょうか。

しかし、それだけ私たちの必需品となったからこそ、パソコンには恐ろしさがあります。壊れたときに、大きな損害を受けるかもしれないという点です。

冷蔵庫も洗濯機も、たとえ壊れるまで使ったとしてもたいした問題はありません。しかし、パソコンにはデータがあります。壊れるまで使うというわけにも行きません。壊れる前に買い換える必要があるのです。

そこで、今回はパソコンの寿命が何年かなど、寿命にまつわる情報をご紹介します。

目次

  1. パソコンの寿命は何年?
  2. パソコンの寿命が近いと思われるサイン
  3. フリーズは故障ではない可能性も
  4. パソコンの処分方法

1.パソコンの寿命は何年?

あらゆる家電製品がそうであるように、パソコンにも寿命というものが存在します。では、パソコンの寿命は一体どのくらいが目安となるのでしょうか。

1-1.一般的には5年程度

パソコンの寿命はハードディスクと共にあります。基本的には、ハードディスクが不調を示しだしたらパソコンの寿命といって良いでしょう。正確には、ハードディスクが壊れても交換すればパソコンは動くのですが、詳しくない人にはなかなか難しい作です。かといって、壊れるまで使い続けると、データがすべてなくなってしまいます。だから、寿命はハードディスクが不調を示しだした頃となるのです。

そして、ハードディスクの平均的な寿命は5年程度。だいたい、この頃になるとフリーズなどの不具合が出てきます。不調を示しだしたのなら、なるべく早く買い換えた方が良いでしょう。

12