パソコンはメーカーごとに違いがあるの?比較してみました!!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今やすっかり家電のひとつになったパソコン。
仕事や趣味に重宝している、という方も多いでしょう。
パソコンは、いろいろなメーカーから発売されています。
同じスペックのパソコンを比較してみると、ずいぶん値段に差があるのが分かるでしょう。
そこで、今回はメーカー別にパソコンの特徴をご紹介します。
大手メーカーと小さなメーカーで、何か違いはあるのでしょうか?
また、それぞれのメリット・デメリットもご紹介します。
パソコンの買い替えを検討している方は、必見ですよ。

目次

  1. パソコンを販売しているメーカーとは?
  2. それぞれのパソコンのメリットとデメリットとは?
  3. 満足するパソコンの選び方とは?
  4. おわりに

1.パソコンを販売しているメーカーとは?

まず始めに、現在パソコンを販売しているメーカーをご紹介します。
どのようなメーカーがパソコンを販売しているのでしょうか?

1-1.大手家電メーカー

富士通やNEC、ソニーなどの大手メーカーがパソコンを販売しています。
以前はシャープや日立などもパソコンを販売していましたが、採算が取れないということで撤退していきました。
家電量販店で販売しているパソコンの多くが、このような大手家電メーカー製のパソコンです。
OSはWindowsを搭載し、メーカーオリジナルのソフトもインストールされています。
目立った性能の違いはあまりなく、どれを選んでも安心して利用できるでしょう。

1-2.Apple社

iPhoneでおなじみのApple社も、パソコンを販売しています。
Apple社のパソコンはMac OSという独自のOSを搭載しており、昔からの根強いファンがいるのです。
その反面、WordやExcelといったWindowsに搭載されているソフトは別売りになります。
ですから、ソフトも購入するとWindowsを搭載したパソコンよりも若干高めになるでしょう。
昔は、デザイナーやパソコン好きな人が使うというイメージが強かったApple社製のパソコンですが、iPhoneの普及によってユーザーも増えているそうです。

1-3.BTOパソコン

BTOパソコンとは、Build to Order(受注生産)の略です。
これは、パソコンのパーツを作っているメーカーが、顧客の要望に合わせたスペックで作ってくれるパソコンのこと。
パソコンの部品メーカーやショップが、製造と販売をしています。
家電量販店で販売しているBTOパソコンもありますが、インターネット通販が主流です。
BTOパソコンの特徴は、同じスペックならば大手家電メーカーよりも価格が安いこと。
また、余分なソフトが入っていないので、同じ容量の大手家電メーカー製のパソコンに比べるとデータがたくさん保存できるでしょう。
さらに、大手家電メーカー製のパソコンは、Windowsの最新モデルが搭載されて販売されていることが多いです。
しかし、「最新モデルよりも1世代前のモデルの方がよかった」という人もいるでしょう。
そんな要望にもBTOパソコンは応えてくれます。
「今まで大手家電メーカー製のパソコンを使ってきたけれど、もっと自分に合ったマシンが欲しい」という人にもお勧めでしょう。

12