ハードディスクはどう処分する?正しい廃棄方法とデータ消去について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードディスクの処分方法がわからなくて、不要なパソコンをしまったままにしている人は多いでしょう。その気持ち、よくわかります。パソコン周辺機器の中でも、ハードディスクの処分には注意が必要です。そのまま捨てるとデータが流出してしまう恐れがあるため、正しい捨て方を知っておかなければなりませんよね。この記事では、ハードディスクを廃棄する方法やデータ消去にかんする情報をまとめてご紹介しましょう。

  1. ハードディスクの機能や種類・役割とは?
  2. ハードディスクの寿命は何年?よくある故障内容
  3. ハードディスクを処分する方法を4つ紹介
  4. ハードディスクのデータ消去はどう行う?
  5. 廃棄業者に依頼しよう!ハードディスクを安全に処分したいなら
  6. ハードディスクの廃棄にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ハードディスクを今すぐ処分することができるでしょう。確実にデータ消去を行い、安全にハードディスクを廃棄してください。


1.ハードディスクの機能や種類・役割とは?

まずは、ハードディスクとはどのような役割を果たすものなのか、その機能や種類について解説します。

1-1.ハードディスクはパソコンの記憶装置の一つ

ハードディスクはパソコンに内蔵されている記憶装置の一つです。正式には「ハードディスクドライブ」と言い、通常は「HDD」と略して表記されることが多くなっています。データは磁気を使ってハードディスクに書き込まれ、長期的に保存しておくことが可能です。パソコンの電源を切ると、自動でデータがハードディスクに保存されます。その理由は、ハードディスクが「不揮発性」という特性を持っているためです。「不揮発性」とは、通電していない状態でもデータを保持できることを言います。

1-2. ハードディスクの性能はさまざま

ハードディスクには、容量やデータ読み書きの速度によってさまざまな性能のものがあります。しかし、容量や書き込み速度が速いハードディスクがより優れているというわけではないのです。最近は、安定したデータの書き込みができる、機能バランスのよいハードディスクを内蔵したパソコンが増えてきています。

1-3.ハードディスクの種類

ハードディスクには、内蔵タイプ・外付けタイプ・ネットワーク接続タイプなどの種類があります。それぞれの特徴をまとめてみました。

1-3-1.内蔵ハードディスク

パソコン内部に組み込まれるタイプのハードディスクです。外付けタイプに比べて設置スペースが必要なく価格も安いため、容量アップの際にも気軽に追加できます。しかし、データを移行する場合は、ハードディスクをパソコン内部から取り外して新しいパソコンに設置しなければならないため、初心者には難しいでしょう。

1-3-2.外付けハードディスク

外付けハードディスクは、USB接続によってパソコンの外に設置するものです。データを保存できる容量を増やしたいときに、この方法を利用する人は多いでしょう。また、内蔵ハードディスクが突然故障してしまったときも、データを失う心配がないためおすすめです。ただし、設置スペースが必要になることと、価格が高いということがデメリットと言えるでしょう。

1-3-3.ネットワークハードディスク

ネットワークに接続することができるハードディスクです。LANに接続するため、1台で複数のパソコンにつなぐことができます。この方法だとパソコンだけでなく、スマホやタブレットのデータも共有することが可能です。ただし、外出先からのアクセスに制限がある、データの転送速度が遅いというデメリットもあります。

2.ハードディスクの寿命は何年?よくある故障内容

ハードディスクが不具合を起こすようになると、買い替えを検討する必要も出てきます。ハードディスクの寿命やよくある故障内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

2-1.ハードディスクの寿命は3~5年

ハードディスクの寿命は3~5年と言われています。ある日突然ハードディスクが起動しなくなるというケースも珍しくないでしょう。もちろん、利用環境や使い方によっても寿命は異なります。そのため、年数よりも時間換算で考えた方がよいでしょう。1日の使用時間が長い場合、ハードディスクの寿命はもっと早くやってくる可能性もあるのです。ハードディスクの寿命を少しでも延ばすために、できるだけ負荷をかけない使い方をするように心がけましょう。

2-2.寿命のサインとは?

ハードディスクの寿命が近づくと、さまざまな不具合が発生するようになります。以下のような兆候が現れたときは、いつハードディスクが動かなくなってもよいように、しっかりとバックアップをとっておきましょう。

  • 頻繁にデータが破損するようになる。
  • パソコンの起動に時間がかかる。
  • データの読み込み速度が遅くなる。
  • パソコンがフリーズする回数が増える。
  • パソコンから異音や異臭がする。

3.ハードディスクを処分する方法を4つ紹介

不要になったハードディスクの処分方法には、次の4つがあります。

3-1.燃えないゴミとして自治体に回収してもらう

最も手軽なのは、自治体が回収するゴミの日に捨てる方法でしょう。燃えないゴミとして出すことができます。ただし、自治体によっては小型家電回収ボックスを設置しているところもあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

3-2.パソコン販売店で買い取ってもらう

中古のパソコン販売店にハードディスクを持って行くと、買い取ってもらえる場合があります。ただし、比較的新しい状態のものに限るでしょう。買い取ってもらえれば無料でハードディスクを処分できるため、問い合わせてみてはいかがですか?

3-3.家電専門店に回収してもらう

パソコンなどの家電専門店では、ハードディスクの回収・処分サービスを行っているところが多くなっています。もちろん費用はかかりますが、パソコンに詳しいスタッフがいるため安心してお任せすることができるでしょう。

3-4.不用品回収業者に依頼する

家庭から生じた不用品を回収・処分してくれる業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者に依頼するメリットは、壊れたハードディスクも回収してもらえるという点です。段ボールにこん包して送るだけで無料回収してくれる業者もあるため、ぜひチェックしてみてください。ほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみましょう。

4.ハードディスクのデータ消去はどう行う?

ハードディスクを廃棄する際、最も気をつけなければならないのがデータ消去です。データが入った状態のまま捨ててしまうと危険だということを覚えておきましょう。

4-1.処分前にデータ消去するのはなぜ?

ハードディスク内には、大量のデータが入っています。消去せずにそのまま廃棄してしまうと、中のデータが流出して第三者に悪用される可能性もあるのです。「人が見ても困るようなものは残っていない」と思う人も多いでしょう。しかし、たとえば以下のようなデータが流出してしまったらどうなるか考えてみてください。

  • メールや年賀状ソフトのアドレス帳にある個人情報
  • デジタルカメラから入力した写真や動画
  • ネットショッピングの購入履歴
  • クレジットカードの情報

4-2.初期化じゃダメ!完全消去するには?

問題はデータの消去方法です。フォーマットによってハードディスク内のデータを消去することができると思っている人も多いと思います。フォーマットとは、ハードディスクを初期化すること。フォーマットを行うことで内部記憶が上書きされるため、記録が変更されます。しかし、この方法だと復元ソフトを使って簡単に復元できてしまうのです。そのため、フォーマットしてもデータの完全消去は不可能ということになります。

4-3.主な消去方法は2つ!

データの主な消去方法は大きく分けて2つあります。

4-3-1.自力で消去する2種類の方法

自分でデータ消去を行うためには、専用のソフトを使う方法がおすすめです。この場合は、無意味なデータを上書きすることでデータを読み取り不可能な状態にするという原理になっています。フリーソフトもあるのでチェックしてみるとよいでしょう。おすすめのフリーソフトは「DESTROY」や「wipe-out」などです。ただし、この方法はパソコンが壊れて起動しない場合は利用できません。そのようなときは、自分でハードディスクを取り外して破壊するか、もしくは保管しておきましょう。電源とバッテリーを抜いた後、ネジを外してハードディスクを取り出してください。そして、ドリルで穴を開けたり金づちでたたき割ったりして破壊しましょう。

4-3-2.自信がないときは業者を利用して

自分でデータ消去を行う自信がない人も多いでしょう。そんなときは、業者に依頼すると安心です。業者では、物理的破壊機を使った方法や磁気による方法でデータ消去が行われています。料金は業者によって異なりますが「パソコン処分本舗」では、データ消去とハードディスク廃棄が無料です。回収依頼は24時間受け付けており、インターネットで申し込むことができます。ぜひチェックしてみてください。

4-3-3.データ廃棄証明書って?

「本当にデータが消去できたのか不安」という人も多いでしょう。目の前で物理的にハードディスクを壊すような方法だと安心ですがそうでない場合は確実な証明がほしいところですよね。そこで、「データ廃棄証明書」を発行してもらいましょう。いつ、どのようにデータ消去を行ったのか、確認することが可能です。

5.廃棄業者に依頼しよう!ハードディスクを安全に処分したいなら

廃棄業者に依頼する際、知っておくべき注意点や選び方のポイントなどをご紹介します。

5-1.こんなときは業者に依頼しよう!

業者にハードディスクの廃棄を依頼するべきか迷うこともあるでしょう。たとえば、以下のような場合には業者を利用すると便利です。
  • パソコンも丸ごと処分したい。
  • 自分でデータ消去できるか心配だ。
  • ハードディスクのほかにも処分したいものが大量にある。

5-2.ハードディスクの廃棄を業者に依頼するメリットとデメリットとは?

ハードディスクの廃棄を業者に依頼した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず「どうやって処分したらよいのかわからない」という不安を解消できるということです。また、データ消去を確実にしてもらえるというメリットもあります。パソコン周辺機器や不用品の回収を行っている業者などに依頼してみてください。ハードディスク以外にも不要になったパソコン・マウス・ディスプレイなどをまとめて回収してもらえるでしょう。
ただし、業者選びには注意が必要です。悪質な業者を選んでしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もある、というデメリットを覚えておきましょう。

5-3.ハードディスク廃棄業者選びのポイント

では、ハードディスク廃棄業者を選ぶ際のポイントや注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。ハードディスクの廃棄を行っている業者は数多くあります。その中でも、できるだけ手間やお金をかけずに処分できる業者を選ぶことがおすすめです。宅配無料回収を行っている業者であれば、段ボールに詰めて送るだけでデータ消去と処分をしてくれます。最も手間のかからない方法と言えるのではないでしょうか。もちろん「宅配で送るだけでは確実にデータ消去できたのか不安」という人も多いと思います。そんなときのために、データ廃棄証明書を発行してくれる業者を選ぶようにしましょう。
そのほかにも、以下のポイントを参考にしてください。
  • 事前に見積もりを出してくれるか。
  • データの消去方法を明確に説明してくれるか。
  • 業者の所在地が明らかであるかどうか。

5-4.業者による廃棄の方法

廃棄業者では一般的に、専用機器を使用してデータ消去を行います。論理的消去や物理的破壊機を使った方法などがあり、確実で安全です。データ消去後のハードディスクは、状態によってリサイクル・リユースするのが主な方法になります。

5-5.申し込み方法

申し込み方法には、電話またはメール・webでの受け付けフォームなどがあります。24時間回収受け付けている業者もあるため、忙しくてなかなか手配できない人はぜひチェックしてみてください。

5-6.料金

ハードディスクの廃棄にかかる料金は、業者によってまちまちです。必ず事前に見積もりを依頼し、確認してから依頼するようにしましょう。一番おすすめなのは、複数の業者に見積もりを依頼し、比較して決める方法。悪質な業者を見極める上でも参考になります。
また、無料回収を行っている業者にかんしては「なぜ無料で回収してもらえるのか?」という不安がある人も多いでしょう。このような業者は、ハードディスクを中古品として販売したり、部品を分解して販売したりして利益を上げているのです。そのため、無料であっても心配はありません。

5-7.業者に依頼する際の注意点

業者に依頼する前に、本当に消去してもよいデータであるか確認することを忘れないでください。いったん消去してしまったデータは、もう元に戻すことはできません。中には「間違えて大切なデータを消してしまった」というケースもあるのです。データの中身を再度確認しておくことをおすすめします。

6.ハードディスクの廃棄にかんするよくある質問

ハードディスクの廃棄を検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.パソコンのデータは、ファイルをゴミ箱に移しただけでは消去されないのですか?

A.ゴミ箱に移しただけでは、データが消えたように見えるだけです。パソコン内には記録が残ったままなので、完全に消去できたわけではありません。

Q.パソコンが壊れて動かない場合でも、ハードディスクのデータを読み取ることは可能なのですか?

A.可能です。たとえパソコンが動かなくても、ハードディスクを取り出せば特殊な方法を使って読み取ることができてしまいます。

Q.外付けハードディスクの寿命はどのくらいですか?

A.外付けハードディスクの寿命は、使用環境によっても大きく異なります。平均的な寿命で言えば、5年前後が一般的でしょう。

Q.ハードディスクのデータを、回収した業者が悪用する可能性はないのですか?

A. もちろんその可能性についても否定はできません。そのため、業者を選ぶ際は慎重に行う必要があるのです。過去にその業者を利用した人たちの口コミも参考にして、信頼できるところを選ぶようにしましょう。

Q.トラック1台で近所を回っている業者に依頼しても大丈夫ですか?

A.あまりおすすめできません。そのような業者は、所在地を明らかにしていないケースが多いためです。万が一トラブルが発生した場合、見つけるのが困難になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハードディスクの廃棄にかんする知識やデータ消去方法についてまとめて解説しました。ハードディスクには、自分で思っている以上に大切なデータが入っているものです。問題の発生を防ぐためにも、まずは知識を集めておくことが必要でしょう。ハードディスクをそのまま捨てるのがなぜ危険なのか、どうすれば安全に破棄できるのか、ぜひこの記事を参考にして知ってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由