ハードディスクはどう処分する?正しい廃棄方法とデータ消去について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ハードディスクの処分方法がわからなくて、不要なパソコンをしまったままにしている人は多いでしょう。その気持ち、よくわかります。パソコン周辺機器の中でも、ハードディスクの処分には注意が必要です。そのまま捨てるとデータが流出してしまう恐れがあるため、正しい捨て方を知っておかなければなりませんよね。この記事では、ハードディスクを廃棄する方法やデータ消去にかんする情報をまとめてご紹介しましょう。

  1. ハードディスクの機能や種類・役割とは?
  2. ハードディスクの寿命は何年?よくある故障内容
  3. ハードディスクを処分する方法を4つ紹介
  4. ハードディスクのデータ消去はどう行う?
  5. 廃棄業者に依頼しよう!ハードディスクを安全に処分したいなら
  6. ハードディスクの廃棄にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ハードディスクを今すぐ処分することができるでしょう。確実にデータ消去を行い、安全にハードディスクを廃棄してください。


1.ハードディスクの機能や種類・役割とは?

まずは、ハードディスクとはどのような役割を果たすものなのか、その機能や種類について解説します。

1-1.ハードディスクはパソコンの記憶装置の一つ

ハードディスクはパソコンに内蔵されている記憶装置の一つです。正式には「ハードディスクドライブ」と言い、通常は「HDD」と略して表記されることが多くなっています。データは磁気を使ってハードディスクに書き込まれ、長期的に保存しておくことが可能です。パソコンの電源を切ると、自動でデータがハードディスクに保存されます。その理由は、ハードディスクが「不揮発性」という特性を持っているためです。「不揮発性」とは、通電していない状態でもデータを保持できることを言います。

1-2. ハードディスクの性能はさまざま

ハードディスクには、容量やデータ読み書きの速度によってさまざまな性能のものがあります。しかし、容量や書き込み速度が速いハードディスクがより優れているというわけではないのです。最近は、安定したデータの書き込みができる、機能バランスのよいハードディスクを内蔵したパソコンが増えてきています。

1-3.ハードディスクの種類

ハードディスクには、内蔵タイプ・外付けタイプ・ネットワーク接続タイプなどの種類があります。それぞれの特徴をまとめてみました。

1-3-1.内蔵ハードディスク

パソコン内部に組み込まれるタイプのハードディスクです。外付けタイプに比べて設置スペースが必要なく価格も安いため、容量アップの際にも気軽に追加できます。しかし、データを移行する場合は、ハードディスクをパソコン内部から取り外して新しいパソコンに設置しなければならないため、初心者には難しいでしょう。

1-3-2.外付けハードディスク

外付けハードディスクは、USB接続によってパソコンの外に設置するものです。データを保存できる容量を増やしたいときに、この方法を利用する人は多いでしょう。また、内蔵ハードディスクが突然故障してしまったときも、データを失う心配がないためおすすめです。ただし、設置スペースが必要になることと、価格が高いということがデメリットと言えるでしょう。

1-3-3.ネットワークハードディスク

ネットワークに接続することができるハードディスクです。LANに接続するため、1台で複数のパソコンにつなぐことができます。この方法だとパソコンだけでなく、スマホやタブレットのデータも共有することが可能です。ただし、外出先からのアクセスに制限がある、データの転送速度が遅いというデメリットもあります。