マザーボードを処分したい人必見!正しい廃棄方法と買い取り情報

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

マザーボードの処分にお困りではありませんか?自作PCを使っていると「パーツだけ不要になったので廃棄したい」というケースが発生することもあるでしょう。「マザーボードのようなパーツは家庭ゴミとして出してよいのか?」と疑問に思う人も多いはずです。この記事では、マザーボードの処分方法や買い取りに出す方法について解説しています。

  1. マザーボードとは?
  2. マザーボードを処分する際の注意点
  3. マザーボードを自治体回収で処分する方法
  4. マザーボードをリセールしよう!
  5. マザーボードの処分を専門業者に依頼する場合
  6. マザーボードの処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、マザーボードの賢い処分方法が分かります。パーツをためこんで処分が大変になる前に、こまめに処分していきましょう。


1.マザーボードとは?

まずは、マザーボードの定義や役割について解説します。

1-1.パソコンの基盤となるもの

マザーボードとは、電子装置を構成する上で必要な電子回路基板のことです。パソコンは複数のパーツから成り立っていますが、マザーボードはその中でも主要なパーツと言えるでしょう。マザーボードにはCPUやメモリー・ハードディスクなどパソコンの部品がすべてつながっています。接続している部品の制御を行い、情報が行き来するための通路としての役割を果たしているのです。マザーボードはパソコンの土台であり、どのようなマザーボードを選ぶかによってパソコンの将来性が決まるということになります。自作PCを制作する上では、最初に選ぶべきパーツでもあるのです。

1-2.マザーボードの素材は?

マザーボードは、プラスチックの基板に銅などの導体で配線が印刷された「プリント基板」です。その表面には各種電子部品やソケット・スロットがあり、後部には各種インターフェイスのコネクターが並んでいます。

1-3.マザーボードの大きさは?

自作PCで使用できるマザーボードは、大きさが統一されています。主に使用されるのがATX規格のマザーボードで縦305mm×横244mmの大きさです。ATXより少し小さいのがmicroATX規格のもので、縦244mm×横244mmとなり、小さめのPCケースにも使うことができます。