古着の処分でお悩みの方へ! 回収や売却で一掃する方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「古着がクローゼットに満杯!」など、着なくなった服の処分にお困りではありませんか? いらない服をどう処分するか迷ってしまい、捨てるタイミングを逃すことも多いでしょう。古着はどんどんたまるため、新しく買った服を収納できないこともありがちです。この記事では、古着の回収や買取など、いろいろな処分方法についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 古着を捨てたい、廃棄したい、処分したい
  2. 古着を自治体で処分するには
  3. 古着の処分:リサイクル&リセールする場合
  4. 古着の処分:宅配回収を利用する場合
  5. 古着の処分に関するよくある質問
  6. まとめ

この記事を読めば、古着の回収や売却といった方法それぞれのメリット・デメリットがわかり、自分に適した処分方法を選べます。


1.古着を捨てたい、廃棄したい、処分したい

1-1.増える洋服の悩みとは

洋服はシーズン前に見直し、足りないアイテムを買うという人が多いでしょう。反面、シーズンごとに服を捨てるという習慣は一般的ではありません。その結果、服はいつの間にか増え、収納もままならないという現象が起こります。捨てられない洋服の悩みには、以下のようなものがあるでしょう。

  • 新しい服が古い服に埋もれて出し入れしにくい
  • きれいに収納ができず、新しい服がしわになる
  • 流行おくれのスタイルから抜け出せない
  • 着古した普段着ばかり充実している

1-2.服はどうして増えるのか?

服がたまっていく理由は、捨てる決断ができなかったということがほとんどです。以下のような基準に当てはまる服は、処分しましょう。

1-2-1.着たくない服

  • デザインが古くなった
  • 着心地が良くない
  • 色や柄が気に入らない
  • その服にふさわしい機会がない

着たくない服は、無理に着ることを考えるより、手放すほうがいいでしょう。

1-2-2.着るべきではない服

  • サイズが合わない
  • 色あせ、変色している
  • 毛玉や毛羽立ちがある
  • 布地がくたびれている

服の劣化は、ふだんは気づきにくいものです。一年に一度は点検し、いらない服を処分するといいでしょう。