不用品はリサイクルすべき! リサイクルショップや回収業者について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ご自宅にある不用品を処分するとき、粗大ごみとして出すことを思い浮かべる方がほとんどだと思います。粗大ごみは自治体で回収を行うもので、費用負担も軽く、簡単な処分方法として選ばれることが多いものです。しかし、近年はもののリサイクルを推進する動きが活発になり、処分せずに再利用することが求められます。
「不用品のリサイクルが必要なのはなぜ?」「不用品のリサイクル方法が知りたい」など、リサイクルにかんする疑問は自然と生じることでしょう。リサイクルは一人ひとりが取り組むことが大切で、環境保護や地球温暖化抑制にも貢献できるのです。
今回は、不用品のリサイクルにかんする情報をお届けします。

  1. 不用品のリサイクルについて
  2. 不用品リサイクルの注意点
  3. 不用品リサイクルのさまざまな方法
  4. 不用品リサイクルの業者選び
  5. 不用品リサイクルでよくある質問
  6. まとめ

不用品リサイクルといっても、さまざまな方法があります。それぞれのメリットやデメリットを知り、ご自身に合うリサイクルルートを見つけてください。たくさんのものを1回で処分したいというときは、業者の活用も便利です。不用品リサイクル業者にかんする知識も身につけ、業者選びのポイントにしましょう。


1. 不用品のリサイクルについて

不用品のリサイクルが求められるようになった背景や、リサイクルの必要性について触れていきます。

1-1.不用品リサイクルにかんする歴史と現状

ひと昔前は、粗大ごみを回収後、埋め立てという方法で処理してきました。しかし、ものがあふれる時代になり、不用品の数も年々増加の一途(いっと)を辿(たど)り、埋め立てでは処理しきれなくなっているのです。そのため、リサイクルをし、ごみの削減をしよういう動きに変わってきています。
レアメタルなど貴重な資源が眠る家電製品やパソコンなどについては、家電リサイクル法・小型家電リサイクル法・PCリサイクル法などの制定により、メーカーによる回収などを義務づけるようになりました。今は、捨てることはできなくなり、リサイクル回収を依頼しなければなりません。

1-2.不用品リサイクルの必要性と目的

前述したとおり、レアメタルなどの資源を新たに採掘する場合、環境破壊が生じます。地球温暖化や環境汚染などは深刻な問題とされており、採掘するより今ある家電製品から再利用すべきとの考え方があるのです。リサイクルが重要視されるのは、資源の有効活用を目的としています。

1-3.リサイクルできる不用品・できない不用品について

ご紹介した法律に基づき、メーカーによるリサイクル回収の対象となるのは、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの家電製品とパソコンなどです。家具などほかの不用品については、法律の対象外となります。しかし、粗大ごみとせず、使えるものはリサイクルが推進されているのです。リサイクルショップなどを介して再利用することがベストでしょう。ただし、リサイクルショップなどの買取を利用する場合、汚損や破損があるものはリサイクルができません。