日立のパソコンを処分したい! 撤退メーカーのパソコン処分・廃棄の方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンを処分したいとき、すでにメーカーがパソコン事業から撤退している場合はどうしたらいいかご存知ですか? 日立のパソコンは2007年に製造が終了しているため、古くなったパソコンを処分したくても、どこに頼めばいいのか困っている人もいることでしょう。この記事では、日立の家庭用パソコンをスムーズに処分・廃棄する方法をご紹介します。

  1. 日立について
  2. 日立のパソコン、処分前にすべきこと
  3. 日立のパソコン処分~自分で行う場合
  4. 日立のパソコン、リセールについて
  5. 日立のパソコン処分方法~専門業者による回収について
  6. よくある質問   

壊れていたり古かったりして、使わないままになっている日立のパソコンも、この記事を読めば安全に、しかもお得に処分できます。ぜひ参考にしてください。


1.日立について

1-1.日立パソコンの特徴、人気について

1970年代より大型汎用コンピュータの開発を行ってきた日立は、企業向けにFLORA(フローラ)というシリーズを展開し、ビジネス向けパソコンに強いのが特徴です。個人ユーザー向けパソコンとしては、Prius(プリウス)というブランド名で1996年から2007年まで製造していました。同シリーズは、家電メーカーとしての日立の強みを生かして、TVチューナーが備わったものが人気でした。家庭用パソコン事業からの撤退以降もサポートは受けられましたが、2013年にはパーツの販売が終了、2014年にはサポートも終了しています。