BTOパソコンの処分方法と注意点を解説! 正しい方法で廃棄しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「BTOパソコン」は、「Build To Order」の頭文字を取ったパソコンで、受注生産を意味しています。つまり、依頼者の要望に応じたパソコンのことです。市販のパソコンとは異なるため、BTOパソコンが要らなくなった場合にどんな方法で処分すれば良いのか分からない方が多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、BTOパソコンの処分方法と注意点を解説します。

  1. BTOパソコン処分の基礎知識
  2. BTOパソコンの処分~メーカーによる下取り
  3. BTOパソコンの処分~パソコン3R促進協会への依頼
  4. BTOパソコンの処分~パーツごとの処分
  5. BTOパソコンの処分~不用品回収業者による回収
  6. BTOパソコンの処分~処分前にすべきこと
  7. BTOパソコンの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、BTOパソコンの正しい処分方法と注意点が分かります。悩んでいる方、処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


1.BTOパソコン処分の基礎知識

まずは、BTOパソコンがどのようなものなのか知ることが大切です。BTOパソコンの基礎知識を深め、大まかな処分方法をチェックしましょう。

1-1.BTOパソコンとは?

前述したとおり、BTOパソコンは「受注生産のパソコン」ということです。たとえば、「HDDの容量を大きくしたい」「グラフィックボードを搭載したい」など、パソコンのパーツを要望に合わせて注文できる仕組みとなります。自分の好みにカスタマイズできるのが、BTOパソコンの魅力と言えるでしょう。

1-2.まずは「PCリサイクルマーク」をチェック!

まずは、BTOパソコンに「PCリサイクルマーク」がついているかチェックしてください。なぜなら、マークの有無によって処分方法が異なるからです。「PCリサイクルマーク」がついている場合は、メーカが無償で回収してくれます。ただし、マークがついていない場合は、所有者が処理費用を負担し処分しなければなりません。

1-3.処分方法は?

BTOパソコンは、メーカーパソコンと自作パソコンの中間に位置するパソコンです。メーカーが製作するパソコンと自作で作るパソコンとでは処分方法が異なるので注意しなければなりません。また、BTOパソコンの主な処分は、以下のような方法があります。

  • BTOパソコンメーカーによる下取り
  • パソコン3R促進協会への依頼
  • 各パーツを自治体で処分してもらう
  • PCなどの回収を行っている不用品回収業者へ依頼するなど

1-4.リセールはできるのか?

動作確認ができ、メーカーでカスタマイズしたBTOパソコンなら高く売れる可能性があります。また、パーツごとに分解しオークションでリセールするのも選択肢の1つです。BTOパソコンは売れる可能性もあるため、捨てるだけが選択肢ではありません。

2.BTOパソコンの処分~メーカーによる下取り

BTOパソコンの処分方法として、メーカーによる下取りがあります。具体的な方法とメリット・デメリットについて解説しましょう。

2-1.方法、メリット・デメリットは?

BTOパソコンの製造・販売を行うメーカーの多くが、パソコンの下取りを行っています。ただし、下取りが可能かは、使用年数・年式・パソコンの状態で異なるでしょう。また、新しいパソコンの購入が下取りの条件となる可能性もあります。下取り可能なら、正規よりも安価で購入できるでしょう。メーカーによって下取りの内容が異なるため、事前にホームページ等で確認してください。

2-2.どのメーカーに依頼すべき?

基本的に、処分したいパソコンの製造メーカーへ依頼することになります。たとえば、代表的なBTOパソコンメーカーの「ドスパラ」は、購入時と構成内容が違うパソコン・他社製のパソコン・他社製のモニターなどは回収できません。不安な点があれば、製造メーカーに問い合わせると良いでしょう。

3.BTOパソコンの処分~パソコン3R促進協会への依頼

パソコン3R促進協会」は、資源の有効な利用の促進に関する法律に基づく、パソコンの3R(リデュース・リユース・リサイクル)を促進することが目的です。では、「パソコン3R促進協会」への回収依頼方法を解説します。

3-1.方法、メリット・デメリットは?

「パソコン3R推進協会」は、PCリサイクルマークのないパソコンや、メーカーが倒産するなど回収先が分からないパソコンの再資源化を行っています。ホームページから申し込むと、パソコン3R推進協会から料金支払い用紙が送られるので必要な料金を郵便局で支払ってください。料金の支払いが確認されると、輸送伝票が送付され、必要事項を記入して梱包(こんぽう)します。そして、郵便局へ直接持ち込むか、戸口集荷を依頼しパソコンを回収してもらいましょう。たとえ、メーカーが倒産していても「パソコン3R推進協会」で回収してもらえるので安心です。

3-2.注意点

PCリサイクルマークがついているパソコンは無償での回収が可能ですが、メーカーが倒産したPCリサイクルマーク付きパソコンも、新たに所定の料金が必要となるので注意してください。回収再資源化料金は以下のとおりです。

  • デスクトップパソコン本体・ノートブックパソコン・液晶ディスプレイ・液晶ディスプレイ一体型パソコン:4,000円(税抜き)
  • CRTディスプレイ・CRTディスプレイ一体型パソコン:5,000円(税抜き)

4.BTOパソコンの処分~パーツごとの処分

パーツごとに分解し処分するのも、BTOパソコンの処分方法です。では、どのように処分すれば良いのでしょうか。

4-1.方法、メリット・デメリットは?

パーツとして処分する場合は、分解・解体などの作業を自分で行うことになります。自作パソコンなら分解しやすいと思いますが、メーカーによるBTOパソコンは分解しにくい点がデメリットです。取扱説明書を読みながら分解し、「小型家電リサイクル法」に基づいて処分してください。
小型家電リサイクル法は、市町村が使用済みの家電を回収する制度です。自治体の施設に「小型家電回収ボックス」が設置されているなら、投函するだけで処分できます。
また、小型家電リサイクル法に基づいた回収は、家電量販店でも行っているのです。店舗の入り口やパソコン販売コーナーの近くなどにボックスが設置されているので、チェックしてみると良いでしょう。
ただし、自治体の中には、PCが回収対象になっていないところもあるため、各市町村のホームページ等で確認してください。ほかにも、パーツごとに専門業者へ売ることもできるでしょう。

4-2.注意点

ドライバーが1本あれば分解できますが、まず電源をケースから取り外さなければなりません。先に電源を切り、ケースと別にしてからほかの部品を分解してください。また、事務所や会社で使用したパソコンは「産業廃棄物」の扱いとなり、自治体で処分できないので注意が必要です。その場合は、産業廃棄物収集運搬許可を取得した業者へ依頼しましょう。

5.BTOパソコンの処分~不用品回収業者による回収

専門業者へ回収を依頼する際の方法とメリット・デメリットなどを解説します。

5-1.方法、メリット・デメリットは?

専門業者のホームページ、または電話で回収を依頼します。ほとんどの業者では、宅配回収・持ち込み回収・出張回収で処分可能です。大量のパソコンでもすぐ処分できるのが、専門業者のメリットでしょう。産業廃棄物の収集を行っている業者へ依頼すれば、事業系パソコンも回収してもらえます。ただし、回収費用がかかるので注意が必要です。業者の中には、無料回収を行っているところもあるので、複数の業者を比較すると良いでしょう。

5-2.パソコンのデータ消去はしてくれるのか?

データ処理サービスを行っている業者と行っていないところがあります。「自分で行うデータ処理だけじゃ不安」「消去方法が分からない」という方は、パソコンのデータ消去サービスを実施している業者へ依頼すると良いでしょう。

5-3.業者選びのポイント

どの業者へ依頼すべきか悩むときは、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 回収実績がある
  • 低費用または無料回収が可能
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 回収方法が選べる
  • パソコンデータの消去サービスを行っている
  • 古物商の許可を取得している
  • 回収対象品目が多い

6.BTOパソコンの処分~処分前にすべきこと

BTOパソコンに限らず、データが含まれる家電製品は必ず消去してから処分しなければなりません。ここでは、処分前にすべきことを一挙解説します。

6-1.パソコンのデータ消去方法は?

名前・住所・電話番号・クレジットカード情報・IDやパスワードなど、パソコンには大切なデータがたくさん入っています。もし、データを消去しなければ、これらの情報がすべて外部へ流出し悪用されてしまう可能性があるのです。流出と悪用を防ぐためにも、処分前にデータを完全消去しなければなりません。
主なデータの消去方法は、消去専用ソフトを使用する「論理的消去法」と、HDDを取り出してカナヅチなどで破壊する「物理的消去法」があります。消去専用ソフトは、パソコン販売店や家電量販店で購入可能です。ソフトをパソコンに挿入するだけでデータが完全消去できます。物理的破壊の場合は、HDDのガラスの破片が飛び散りケガをするおそれがあるので注意してください。

6-2.大切なデータの移行方法

データを消去する前に、新しいパソコンへ移行する必要があります。主な移行方法は、ケーブルで新しいパソコンとつなぎデータを移行させるか、USB・CD/DVDなど保存メディアを使用する方法などです。インターネット上でデータを移行させる方法もありますが、ネットを通じて流出するおそれがあるので注意してください。

6-3.周辺機器の処分方法は?

メーカーの回収・リサイクルが義務づけられているのはパソコンだけなので、プリンター・キーボードなど周辺機器は回収してもらえません。自治体のゴミとして処分するか、売るか、回収業者へ依頼する方法となるでしょう。パソコンと一緒に処分したい場合は、まとめて回収業者へ依頼したほうがスピーディーに処分できるのでおすすめです。

6-4.注意点

「初期化でデータが消去できるのでは?」と思われがちですが、初期化は出荷状態に戻すだけなので完全消去できたとは言えません。復元ソフトを使用すると、データが復活します。そのため、初期化だけでパソコンを処分しないように注意してください。不安な方は、データ消去を実施している業者へ処分を依頼すると良いでしょう。

7.BTOパソコンの処分に関してよくある質問

BTOパソコンの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.「PCリサイクルマーク」はどこにあるの?
A.パソコンの裏側にあるケースがほとんどです。2003年10月以降に発売された家庭向けパソコンには必ず貼付されているので、ぜひチェックしてみてください。

Q.業者で行うデータ消去法とは?
A.具体的な消去方法は業者で異なりますが、論理的消去機・物理的破壊機など専用の機械を使用してデータを完全消去します。きちんと消去したという「消去証明書」を発行してもらうと、後でトラブルが起きても安心です。

Q.宅配回収の場合、送料がかかるのか?
A.処分費用が無料でも、送料や運搬費用を請求する業者があります。回収費よりも高い費用を請求する悪質業者もいるため、事前に確認しなければなりません。

Q.業者へ依頼する際の費用はいくらかかるのか?
A.パソコンの数・大きさなどで異なりますが、目安は3,000~4,000円かかるでしょう。できるだけ費用を抑えたい方は、複数の業者に無料見積もりを依頼し比較してください。

Q.無料回収業者へ依頼する際の注意点は?
A.無料回収ができる理由がきちんと記載されているか、入念に確認してください。たとえば、「パソコン処分本舗」の場合、回収したパソコンをメンテナンスし再販売、もしくはパーツごとに分解し販売しています。だからこそ、無駄な費用をかけずに無料回収ができるのです。費用をかけずに処分したい方は、ぜひご利用ください。

まとめ

いかがでしたか? BTOパソコンは完全受注生産のパソコンのことで、メーカーパソコンと自作パソコンの真ん中に位置します。パソコンは銅・鋼・レアメタルなど貴重な資源が含まれるため、リサイクルが推奨されているのです。小型家電リサイクル法に基づき、パソコン本体は自治体で一般ゴミとして処分できません。そのため、主な処分方法は、メーカーによる下取り・パソコン3R促進協会への依頼・パーツごとの処分・回収業者への依頼となります。それぞれの方法とメリット・デメリットを把握した上で、適した方法で処分しましょう。