ノートパソコンの寿命はたったの5年!? 処分方法と寿命の伸ばし方!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今や私たちの生活に欠かせないものとなったパソコン。特に、ノートパソコンはその使い勝手の良さなどから、幅広い世代・分野で利用されています。そんな生活必需品ともいえるノートパソコンだからこそ、気になるのは寿命ですよね。どのくらい使えるのか、そして、いざ寿命が来た際にはどうやって処分すれば良いのか、と悩む方も珍しくはありません。そこで、今回はノートパソコンの寿命や処分方法などについて中心にご紹介します。

  1. ノートパソコンの基礎知識
  2. ノートパソコンの寿命について
  3. ノートパソコンの故障と症状について
  4. ノートパソコンの寿命を長持ちさせる方法
  5. ノートパソコンが壊れてしまったら
  6. ノートパソコンの処分におけるよくある質問

これらの記事を読むことで、ノートパソコンの寿命と処分にまつわる基本的な知識を得ることが可能です。ノートパソコンの寿命を延ばすための方法についても解説していますので、ぜひお見逃しなく!


1.ノートパソコンの基礎知識

1-1.ノートパソコンとは?

『ノートパソコン』とは、持ち運び可能な小型パソコンのことです。これに対して、オーソドックスな置き型パソコンはデスクトップパソコンと呼ぶことで区別します。

1-2.主な構造

基本的に、ノートパソコンは折りたたみ式です。使わないときは閉じることで、その名称どおり、ノートサイズにすることができます。そのため、バッグなどにしまって移動することが可能です。

また、最近は『2in1パソコン』というタイプのノートパソコンも増えてきています。2in1パソコンとは、パソコンとタブレットのいいとこ取りをしたパソコンのことです。セパレートタイプのものとスライドタイプのものに大きく分けられます。

セパレートタイプはディスプレイ部分とキーボード部分が取り外せる構造のものです。キーボードを取り外せるので、タブレットとして使いやすいというメリットがあります。しかし、外せるがゆえに置き忘れやすく、キーボードを紛失してしまうというリスクがあるでしょう。

これに対してスライドタイプは、キーボード部分をスライドすることでディスプレイの背面に収納できます。セパレートのようにキーボードをなくすような心配はありません。しかし、収納するタイプなので厚みが出てしまいます。そのため、普通のタブレットと比べると使い勝手が悪いのがデメリットですね。

1-3.デスクトップとの違い

ノートパソコンは小型化したパソコンです。持ち運びができて便利な分、デスクトップよりも優れているように思えますよね。しかし、現在においてもデスクトップパソコンの需要は高いままです。では、デスクトップパソコンとノートパソコンの違いは何なのでしょうか。

1番の違いは『性能』です。同価格帯のデスクトップパソコンとノートパソコンを比較した場合、圧倒的にデスクトップパソコンの方が高性能となります。当たり前のことですが、ノートパソコンは高い性能のまま小型化するという手間が掛かっていますので、その分値段が高くなってしまうのです。結果として、同じ値段ならノートパソコンの方が性能が低くなってしまいます。

また、拡張性の部分も大きな違いの1つでしょう。デスクトップパソコンなら、パーツの取り替えや増設が可能ですが、ノートパソコンはできません。

1-4.特徴、メリット

1-4-1.デスクトップパソコンの特徴

  • 大型で持ち運びには適さない
  • コストパフォーマンスに優れる
  • キーボードやディスプレイのサイズが自由
  • 拡張性が高い

1-4-2.ノートパソコンの特徴

  • 小型で持ち運びに便利
  • 省スペース
  • バッテリーが搭載されているので、電源がなくても使える
  • 2in1パソコンなら、シーンに合わせて使い方を変えることができる

1-5.人気について

販売数や人気についてはわずかではありますがノートパソコンに軍配が上がるでしょう。さらにいえば、ノートパソコンよりもタブレットの方がさらに売れています。