パソコンケースを処分する方法は? 一番簡単&お得に捨てる方法!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

不要になったパソコンケースの処分方法をお探しではありませんか? パソコンの故障などで不要になったパソコンケースを処分したくても、どこにどんな方法で処分できるのかよく分からないですよね。それに、なるべく簡単で安く処分できることに越したことはないでしょう。

そこで今回は、パソコンケースの処分について詳しく解説します。

  1. パソコンケースは何ゴミで出せる?
  2. パソコンケースを処分する方法
  3. パソコンケースを本体ごと処分する方法は?
  4. パソコンケースを処分する方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコンケースを処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.パソコンケースは何ゴミで出せる?

最初に、パソコンケースは自治体回収に何ゴミとして出せるのか見ていきましょう。

1-1.一定以下の大きさなら不燃ゴミ

パソコンケースはプラスチックや金属が主な素材であり、焼却処分できません。しかし、一定以下の大きさのパソコンケースならば、不燃ゴミとして出すことが可能です。不燃ゴミとして処分するには、自治体ごとに決められた曜日・時間・集荷場所に出しておくと、無料で回収してもらうことができます。なお、自治体ごとに不燃ゴミとして出せる大きさが異なるため、事前に確認しておきましょう。

1-2.一定以上の大きさのものは粗大ゴミ

一定以上の大きさのパソコンケースであっても、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができます。パソコンケースを粗大ゴミとして出す場合、以下のような流れで処分するのが一般的です。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡する
  2. 自治体から集荷日時・集荷場所・料金・受付番号などの指示を受ける
  3. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. 粗大ゴミ処理券に必要事項を記入してパソコンケースに貼り付ける
  5. 集荷当日になったら指定時間より前にパソコンケースを集荷場所に運ぶ
  6. 指定時間以降に自治体の集荷車両によってパソコンケースが回収されて完了

なお、自分の車で自治体のゴミ処理場に持ち込んで処分してもらうこともできます。より詳しい内容については、自治体のホームページなどで確認してください。

2.パソコンケースを処分する方法

自治体回収にゴミとして出す以外に、どんな方法でパソコンケースを処分できるか解説します。

2-1.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になったパソコンケースは、不用品回収業者に処分を依頼することができます。最近では、店頭持ち込みや出張回収のほかにも、宅配回収を選べる業者も増えているのでチェックしてみるとよいでしょう。宅配回収を利用できれば、いつでも都合のよいタイミングで依頼できるほか、処分費用を安く抑えられるので一石二鳥です。なお、当パソコン処分本舗では、パソコンケースを宅配便で送付いただければ宅配便の送料を負担するだけで安価に処分できます。大変便利なので、ぜひご利用ください。

2-2.買取に出す

まだ十分に使えるパソコンケースは、買取に出すことも検討してみましょう。たとえば、以下のようなところで買取してもらえることがあります。

  • 中古OA機器買取専門店
  • 中古OAパーツ買取専門店

また、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることも可能です。実際に、パソコンケースだけならこん包しやすく、宅配便でも気軽に送付できることから、出品する人も多くいます。一方、リサイクルショップでは、パソコンケースだけでは買取不可になるか、査定金額がほとんど付かないことが多いでしょう。パソコンケースだけ買取しても、リサイクルショップでは再販できる見込みが少ないからです。

3.パソコンケースを本体ごと処分する方法は?

パソコンケースを本体ごと処分する方法について詳しくご紹介します。

3-1.本体ごと処分する場合は自治体回収にゴミとして出せない

パソコンケースを本体ごと処分する場合は、パソコンリサイクル法の対象となるため、自治体回収にゴミとして出すことができません。パソコンリサイクル法とは、パソコンに含まれる資源の有効活用などを目的とした法律で、メーカーが回収・再資源化することになっています。そのため、本体ごと処分する場合は、自治体回収に出す以外の方法で処分することを検討してください。

3-2.パソコンリサイクル法に沿って処分する

パソコンケースを本体ごと処分する場合は、パソコンリサイクル法に沿って処分することができます。パソコンリサイクル法に沿って処分する流れは、以下を参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル受付窓口に連絡してパソコンの回収を依頼する
  2. メーカーからパソコン回収用の配送伝票が送られてくる
  3. メーカー指定の方法でパソコンをこん包し、配送伝票を貼り付けて発送して完了

パソコンリサイクルマークが付いているパソコンは、パソコンの処分費用および配送費用は無料です。古いパソコンなどでパソコンリサイクルマークが付いていない、パソコンリサイクルマークを紛失したなどの場合は、1台数千円程度必要になります。なお、より詳しい内容は一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。

3-3.販売店の下取りに出す

パソコンを買い替える場合は、不要になったパソコンとパソコンケースを販売店の下取りに出して処分できることがあります。まずは、買い替えを検討している販売店に下取りを行っているか確認してみるとよいでしょう。下取りしてもらえる場合は、買い替えと同時に不要になったパソコンを処分できて便利です。また、販売店によってはキャンペーンなどで、新規購入価格から数千円程度値引きになることもあるので調べてみてください。

3-4.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったパソコンは、不用品回収業者に処分してもらうこともできます。不用品回収業者に処分を依頼すると、以下のような方法から都合のよいものを選んで回収してもらうことが可能です。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭にパソコンを自分で持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者にパソコンを送付する
  • 出張回収:都合のよい日時と場所を指定して業者に回収してもらう

なお、当パソコン処分本舗でもパソコンの処分をお受けしています。当社指定の宅配便を利用して着払いで送付いただければ、パソコンの回収費用と宅配便の送料共に無料となり大変お得です。パソコンと同梱(どうこん)いただければ、そのほかの送料有料対象品も無料で処分できるので、ぜひご利用ください。

3-5.条件によっては買取に出せることもある

パソコン本体とパソコンケースが不要になって処分する場合でも、まだ十分に使えるものは買取してもらえることがあります。

3-5-1.買取してもらえるパソコンの条件

以下のような条件を満たすパソコンは、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • パーツの年式が新しい
  • 不具合や故障がない
  • 高性能・高機能
  • 外観に目立つ汚れや傷・破損・ひどい臭いがない
  • 使用感が少ない

さらに、人気メーカーのパーツを使用したパソコンは、高額査定が期待できます。

3-5-2.パソコンを買取に出す方法

不要になったパソコンは、以下のような方法で買取に出すことができます。

  • 中古OA機器専門買取業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に売る
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

なお、自作パソコンについては買取不可としている業者もあるので、査定を受ける前に確認しておきましょう。ネットオークションやフリマアプリでは、自作パソコンでも問題なく出品できます。ただし、落札者とのトラブルを予防するためにも、自作パソコンであることや一切の保証ができないことなどを明記しておくことが大切です。なお、パソコンケースを付けることも追記しておきましょう。

4.パソコンケースを処分する方法に関するよくある質問

最後に、パソコンケースを処分する方法に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.パソコンケースを分解すれば不燃ゴミで出せる?
A.分解後、一辺の長さが自治体の規定のサイズ以下になる場合は、不燃ゴミとして出せることがあります。なお、分解しても一辺の長さが自治体の規定のサイズ以上になる場合は、粗大ゴミ扱いとなるので注意してください。詳細は、それぞれの自治体のホームページで確認しましょう。

Q.パソコンケースを粗大ゴミとして処分するメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 処分費用が安い(1個数百円程度~)
  • 依頼先が自治体なので信頼度が高い

デメリット

  • 手続きが面倒
  • 集荷場所まで運ぶ必要がある
  • 集荷場所や集荷日時は自治体が指定する
  • 申し込みから実際に処分できるまで数日以上かかる
  • 基本的に廃棄処分となるため資源を有効活用できない

Q.パソコンケースだけでもパソコンリサイクル法に沿って処分できる?
A.パソコンケースだけでは対象外となるため、処分できません。パソコンリサイクルマークが付いていても同様です。

Q.不用品回収業者ではパソコンケースを本当にリサイクルしている?
A.信頼できる業者ならきちんとリサイクルしているので安心してください。実際にどんな方法でリサイクルしているかについては、業者のホームページをチェックしたり直接問い合わせてみたりするとよいでしょう。

Q.パソコンケース以外にも処分したい不用品が大量にあるのですが?
A.不用品の内容と物量によっては、都合のよい日時と場所を指定して業者に直接回収してもらうほうがよいこともあります。なお、回収費用は業者ごとに異なるため、見積もりをもらって確認してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、パソコンケースの処分について詳しく解説しました。不要になったパソコンケースは、自治体回収に不燃ゴミなどで出すことができるほか、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。また、状態のよいものは業者に買取してもらったりネットオークションやフリマアプリに出品して売ったりすることも可能です。なお、パソコンケースだけではなく、パソコン本体を同時に処分することも考えてみるとよいでしょう。パソコン本体も同時に処分する場合、宅配回収を利用すると回収費用・宅配便の送料共に無料となる不用品回収業者もあり、大変お得です。