エアコンを処分する方法は? 〜江戸川区でお得に捨てるポイント〜

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「江戸川区でエアコンを処分する方法は?」「どんな方法で捨てることができるのか」など、エアコンの処分で悩んでいる方は多いでしょう。基本的に、エアコンは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収で処分ができません。では、どうすればお得に捨てることができるでしょうか。

本記事では、江戸川区でエアコンを捨てる方法やポイントなどを解説します。

  1. 江戸川区でエアコンを捨てるには?
  2. 家電リサイクル法に則った処分方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使えるエアコンは買取に出せることも
  5. エアコンの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、江戸川区でエアコンをお得に捨てるポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.江戸川区でエアコンを捨てるには?

最初に、江戸川区においてエアコンを処分する方法を解説します。

1-1.エアコンは家電リサイクル法の対象品目

まず、先にお話ししておきますが、エアコンは家電リサイクル法の対象品目です。ゴミの処分方法や分類は各自治体によって違い、江戸川区にもルールがあります。けれども、家電リサイクル法に関しては全国で統一されているため、自治体は関係ありません。エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・テレビの家電リサイクル法対象品目は、自治体回収のゴミとして処分できないことになっています。誤って処分してしまうと罰則の対象になるので注意が必要です。

1-2.エアコンには有効資源が含まれている

エアコンが家電リサイクル法の対象品目になっているのは、鋼・銅などのレアメタルが含まれているからです。有効資源であるレアメタル類は、リサイクルが推奨されています。そのまま処分するのがとてももったいないことなので、メーカーがきちんと回収し再利用しなければなりません。また、エアコンはとても繊細な部品でできていることもあり、自治体では処分が困難です。たとえ、分解したとしても処分するのが難しいので、正しい方法で捨てるようにしてください。

1-3.エアコンの取り外しは業者に依頼すべき

エアコンを処分する場合は、取り外し作業が必要になります。できるだけ費用をかけたくないからと自分で取り外そうとする方がいますが、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。作業に慣れている方なら自分でできるかもしれませんが、無理に取り外すのは危険です。エアコンの電源コードや配管・ドレンホースなどを切断しなければならないため、とても困難な作業となります。手順や方法を間違えてしまうとエアコンが使いものにならなくなってしまうので気をつけてください。

1-4.江戸川区の家電リサイクル受付センター・中間集積所・指定引取場所

販売店が遠地または不明・収集を希望する場合、家電リサイクル受付センターに依頼する方法があります。江戸川区の家電リサイクル受付センターにWebまたは電話(03-5296-7200)で依頼してください。Webからは24時間受付が可能ですが、電話は月〜土曜日の午前8〜午後5時までとなっているので要注意です。また、中間集積所に自分で持ち込む場合、以下の場所・受付時間となります。

場所

  • 三東運輸株式会社(電話 03-3679-2323)篠崎町2丁目62番17号
  • 株式会社イゾイ(電話 03-3687-6047)東葛西1丁目17番15号

受付時間

  • 午前8時から午後5時30分(日曜・祝日午後2時まで)

また、指定引取場所に自分で持ち込む方法もあります。その場合は、以下の場所が指定引取場所となっているのでチェックしてください。

  • 岡山県貨物運送株式会社江戸川事業所(江戸川区臨海町4丁目3番1号 葛西トラックターミナル2号棟)

2.家電リサイクル法に則(のっと)った処分方法

それでは、家電リサイクル法に則ったエアコンの処分方法を解説します。

2-1.メーカーに回収を依頼する

基本的に、家電リサイクル法の対象品目になっているものは、メーカーに回収を依頼することになります。家電リサイクル法の対象品目を処分する場合は、家電リサイクル券を購入しなければなりません。リサイクルに必要な費用を支払ってから、小売業者や郵便局に回収を依頼することになります。新しいエアコンを購入する予定がなければ、郵便局で家電リサイクル券を購入するといいでしょう。買い替えを検討しているなら、購入店に古いエアコンの回収を行っているか必ず確認してください。そうすれば、スムーズに買い替えを行うことができます。

2-2.エアコンのリサイクル料金をチェック!

具体的なリサイクル料金はメーカーによって異なりますが、合計3,690~4,690円が目安だといわれています。リサイクル料金が990円ほど、収集運搬料金が約3,000円という内訳です。ただし、中間集積所に自分で持ち込むと収集運搬料金がかからないので、リサイクル料金のみの支払いとなります。エアコンは重量があるものが多いため、自分たちで運搬する際は細心の注意が必要です。うまく運べない・不安がある方は、専門業者や販売店のスタッフに依頼することをおすすめします。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法を解説します。

3-1.エアコン以外の不用品も回収してもらえる

ほとんどの不用品回収業者では、家電リサイクル法の対象品目など自治体で処分できないものも回収可能です。エアコン以外に処分したい大型家電や大型家具などがあれば、まとめて捨てることができるベストな方法といえるでしょう。出張回収が利用できるため、わざわざ自分たちで運んだり分別したりする必要がありません。また、要らないものをまとめて捨てることができる点も大きなメリットといえるでしょう。即日対応が可能な業者に依頼すれば、すぐにでも処分が可能です。

3-2.見積書の内容を確認しよう

不用品回収業者に依頼するメリットだけでなく、デメリットをきちんと把握しておくことも大切です。不用品の量が多くなるほど費用が割高になってしまう点が大きなデメリットでしょう。一般的に、家電リサイクル券を購入して処分する方法よりも費用が高額になりがちです。基本料金+運搬料金+回収料金の合計金額となります。さらに、エアコンは取り外しの費用がかかるため、5,000円~が目安の費用になるでしょう。後でトラブルにならないよう、事前に見積書の内容を確認することが大切なポイントとなります。

3-3.なぜ無料で回収できるのか、理由を確認する

不用品回収業者の中には、無料で回収を行っているところがあります。できるだけ費用をかけたくない方が多いので、無料という文字に惹(ひ)かれてしまいがちですが、悪徳業者も多いので注意しなければなりません。たとえば、「後で高額な追加料金を請求された」「回収されたものが不法投棄されていた」などのトラブルが相次いでいます。無料回収業者に依頼する際は、なぜ無料で回収できるのか理由に注目してください。理由がしっかりと記載されている回収業者なら、安心して依頼できるでしょう。逆に、ホームページ等に記載されていない業者は悪徳業者の可能性が高めなので、安易に依頼しないでください。

4.まだ使えるエアコンは買取に出せることも

まだ使えるエアコンを捨てるのはもったいないことです。買取に出す方法やポイントを解説します。

4-1.製造から10年以内のエアコンが買取対象

一般的に、エアコンの買取は製造から5年以内といわれていますが、10年以内のエアコンが買取対象になっている買取業者もあります。そのため、製造から10年以内のエアコンが買取対象と思っていいでしょう。あくまで、正常に稼動できる・不具合が起きていないエアコンが前提となります。完全に壊れて動かないエアコンは、買取対象外になるケースが多いので注意してください。また、新しいエアコンが発売されるたびに古いものは型落ち品になってしまうため、査定額もどんどん下がってしまいます。買取を検討している方は、早めに売ったほうがいいでしょう。

4-2.買取専門業者またはリサイクルショップに査定に出す

エアコンの買取を行っているのは、買取専門業者とリサイクルショップが代表的です。販売店の中にも買取サービスを行っているところがありますが、絶対ではないので事前に確認してください。また、買取専門業者は中古市場を把握しているため、どんなエアコンが高く売れるのか理解しては適切な買取額を提示してくれる傾向があります。一方、リサイクルショップは多数のジャンルを扱っていることもあり、買取専門業者よりも査定額が低めです。発売されたばかりで需要があるエアコンは、買取専門業者に依頼するといいでしょう。

4-3.買取相場は1万~4万円程度

エアコンの容量や種類・メーカーなどで買取額が異なりますが、容量が10畳以下の買取相場は約1万~4万円です。10畳以下のエアコンは個室に設置しやすい傾向があり、最も手軽に購入できる種類といえます。そのため、買い手もつきやすく、積極的に買取を行っているところが多いでしょう。新品でも10万円以内に収めることができるため、その分の買取額は低くなってしまいがちですが、買い取ってもらいやすいエアコンです。容量が20畳以上になると、買取額が3万~7万円程度と上がります。

4-4.買取価格に影響する7つの要素

エアコンの査定を依頼する前に、買取価格に影響する7つの要素を確認しておく必要があります。エアコンは繊細な部品でできているため、査定に影響する項目も多めです。7つの要素は、以下のとおりとなります。

  • 品番(型番):室内機の本体に貼られたステッカー。認知度の高い人気モデルや型番が高値になりやすい。
  • 年数(製造年):製造から年数が経過していないエアコンほど高く売れる
  • 汚れの有無:室内機に黄ばみや汚れがあると買取価格が大きく下がってしまう
  • 臭い:タバコやペットの臭いが染みついていると買取価格が下がってしまう
  • 取り付け状況:取り外しに特別な作業が必要になるか
  • 付属品の有無:メーカー保証書や取扱説明書の有無で査定額が大きく変わる
  • 容量:何畳用のエアコンなのか、馬力が大きくなるほど買取価格も高くなる

5.エアコンの処分に関してよくある質問

エアコンの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.業者に取り外しを依頼した場合の費用はいくらぐらいか?
A.江戸川区の回収業者をチェックしてみると、取り外し工事にかかる費用相場は6,000~8,000円程度でした。けれども、取り付け状況によっては高額になるケースもあります。たとえば、室外機をバルコニー以外の高所に設置しているケースです。室内機から離れた場所に配管ホースを用いて設置しているケースも、取り外しに特別な作業が必要になるので追加費用がかかる可能性があります。事前に無料見積もりを依頼し、料金を確認したほうがいいでしょう。

Q.エアコンの高価買取の条件は?
A.より高値で買い取ってもらいたい方は、以下の条件をチェックしておくことが大切です。

  • 人気の型番かどうか(メーカーも要確認)
  • 製造が5年以内かどうか
  • 喫煙者の有無
  • ペットの有無
  • 室外機の設置場所(配管ホースの有無)
  • 保証書やリモコン、取り扱い説明書など、付属品の有無

自分のエアコンと照らし合わせながら、ぜひチェックしてください。

Q.エアコンを取り外す手順は?
A.自分でエアコンを取り外す場合、主な手順は以下のとおりです。

  1. 室内機の下に養生マットを敷く
  2. ポンプダウンで冷媒ガスを回収する
  3. エアコンの電源プラグをコンセントから抜く
  4. 室外機から配管パイプを取り外す
  5. エアコンの電源コードを切断する
  6. 配管・ドレンホースを切断する
  7. 室内機を壁から取り外す
  8. 壁の配管穴をパテ埋めする

なお、エアコンを取り外した後の撤去経路もしっかりと確保しておかなければなりません。ドアを通ることができる大きさか、必ずチェックしましょう。

Q.業者選びのポイントは?
A.どの業者にエアコンの回収を依頼すればいいのか分からなくなったときは、以下のポイントに注目してください。

  • 回収だけでなく買取サービスを行っているか
  • 無料で回収できるか(なぜ無料で回収できるのか理由が記載されているか)
  • 無料相談や無料見積もりを受けつけているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • 口コミや評判がいいか

複数の業者を比較することで、悪徳業者を見極めることができるでしょう。

Q.おすすめの無料回収業者は?
A.パソコンなどの家電を無料回収しているパソコンダストでは、エアコンを含めた家電リサイクル法の対象品目も回収が可能です。回収したものはメンテナンス後に販売したり、部品に分解して売ったりすることで、その利益を回収費用に充てることができます。よって、無料で回収ができるというわけです。故障した状態でも回収しているので、気軽にご利用ください。

まとめ

エアコンは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体で捨てることができません。一般的に、販売店または郵便局で家電リサイクル券を購入し、回収を依頼することになります。メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられているので、消費者はリサイクル料金を支払って正しい方法で処分しなければなりません。ただし、まだ捨てるのがもったいないと思えるような状態なら、買取に出すことをおすすめします。買い取ってもらうことができれば、処分費用が節約できるでしょう。