不用品回収を業者に頼んで楽々お掃除~粗大ゴミを簡単に処分する~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不用品回収は、いらなくなった粗大ゴミを捨てるためにあります。しかし、日にちが合わない・手続きができないため捨てられない人もいるでしょう。そこで、不用品回収を業者に依頼する方法や、お金に変える方法をご紹介。

  1. 不用品回収の基礎知識
  2. 不用品回収のさまざまな方法
  3. 不用品回収とリサイクル
  4. 不用品回収のトラブル
  5. 不用品回収の注意点
  6. 不用品回収の業者選び
  7. まとめ

今回の記事をチェックすれば、不用品回収業者にて簡単&早く処分できます。


1.不用品回収の基礎知識

1-1.不用品とは何か

不用品とは、日常生活において使わなくなったものたちです。多くの場合は、大きな粗大ゴミを指します。
買い替えたり壊れたりした家電・家具は、捨てるのに手続きが必要です。そのため、タイミングを逃すと家にたまる一方。自治体などで捨てられないときは、不用品回収業者などに依頼して捨てましょう。

1-2.粗大ゴミの種類あれこれ

粗大ゴミには家電や家具が含まれます。
粗大ゴミになる家電にはドライヤーや炊飯器、電子レンジが入ってくると思いましょう。冷蔵庫やエアコンは捨てることができないので注意が必要です。また、パソコンもリサイクル法に引っ掛かるので捨てられません。
ほかには、家具などが含まれます。イスや棚、クリアボックス、本棚などです。布団やマットレスなどの寝具も含まれます。自転車や一輪車、原動機付き自動車も含まれるのを知っておきましょう。
特殊な粗大ゴミには、燃えない材質のものがあります。燃えない板状・パイプ状のものも粗大ゴミで出しましょう。

2.不用品回収のさまざまな方法

2-1.自分でやる場合

自分で捨てる場合は、自治体やリサイクルショップを利用します。自治体やリサイクルショップを利用すれば、お金を最小限にて処分できるのがメリットです。リサイクルショップの営業時間内ならば自分のタイミングで処理できます。
デメリットとしては、どちらの方法も自分で持ち運ぶことが多くなる点です。不用品は大きくて重いものが多いため、車がないと難しいと思いましょう。また、自治体に依頼する場合は時間の制約が大きくなります。いちど依頼したとしても、処分に時間も掛かると思いましょう。

2-2.業者に頼む場合

粗大ゴミを捨てるときは、不用品回収業者や引っ越し業者に依頼する方法があります。プロに依頼すれば確実・丁寧に処分できるのです。
不用品回収業者ならば、即日対応してくれるサービスもあります。また、不用品の数が多い・少ないにかかわらず対応してくれるのです。引っ越し業者ならば、引っ越しに併せてサービスの1つとして処分してくれます。
業者に頼むデメリットには、業者の中には「流しの業者」がいる点。この業者は、不当なサービスでお金もうけをする悪徳業者です。街中でたまに見る「何でも引き取ります」というアナウンスを聞いたことあるでしょう。しかし、実際は引き取るときに異様な金額で引き取っていきます。

3.不用品回収とリサイクル

3-1.リサイクルとリユース

不用品回収する理由は処分です。ですが、リサイクルとリユースの目的があるのを知っておきましょう。
リサイクルは、不用品を分解・解体して別の商品を生み出すことです。たとえば、大きな冷蔵庫を処分するのはコスト的・作業的にも面倒な部分があります。しかし、分解してリサイクルすればゴミではなく「新たな商品」を生み出すことになるのです。
また、不用品回収をしてリユースすることもあります。リユースは、まだ使える家具・家電をそのまま使うことです。回収した後に自社で販売したり、別の販売店へ卸したりする形になります。

3-2.リサイクル家電対象の4品目とは

現在、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機は「家電リサイクル法」の対象になっているのです。これら4つの家電は、自分で勝手に粗大ゴミとして捨ててはいけません。法律に従って捨てる必要があります。ですが、不用品回収業者ならば面倒な手続きも代行してくれるのです。
また、パソコンも勝手に捨ててはいけません。パソコンにもリサイクル法があり、部品などをリサイクルすることになっています。メーカーでの回収もしていますが、面倒なときは不用品回収業者に相談しましょう。

3-3.リサイクル・リユースの注意点

リサイクル・リユースするときは、不用品回収業者にて対応してもらえるかどうか事前に確認しておきます。処分手続きできない業者に依頼すると、依頼した人にも罰金が発生するので注意しましょう。
また、パソコンを処分するときのデータに注意が必要です。パソコン内にあるHDDデータは簡単に処分できません。きちんと業者に処分してもらう・自分で処分することが必要です。

4.不用品回収のトラブル

4-1.よくあるトラブルとは

不用品回収業者に依頼する上で起こるトラブルは、金銭トラブルとなります。見積もりを取ったにもかかわらず、最終的な価格が上がっていることがあるのです。
見積もりは、事前に業者が依頼者に金額を提示すること。もちろん、作業中に思わぬ障害が起こって金額が上がることはあります。しかし、何十万も上がることは、まずありません。
悪徳業者になると、始めに見積もりを取らず金額をどんどん上乗せします。また、取っていたとしても追加料金として金額を膨らませるのです。

4-2.どこへ相談すべきか

悪徳業者に依頼してしまったときは、国民生活センターへ相談しましょう。国民生活センターでは、悪徳業者にお金を取られた人への対応をしています。
たとえば、「無料」と呼び止められた後にお金を取られたようなケース。このようなケースでも相談できます。また、荷物を積んだ後に見積額の2倍以上お金を払わせられたケースなども相談対象です。
もし、悪徳な業者に引っ掛かったときは国民センターへ相談してみましょう。

「国民生活センター」http://www.kokusen.go.jp/

4-3.トラブルに対応するには

悪徳業者にだまされないためには、市町村の許可を得た業者に依頼するのが一番です。許可証のない業者へ依頼するのは控えましょう。
また、街中を回っている「無料」と宣伝する業者は、後々料金を取ることが多いものです。こうした業者には依頼しないようにしましょう。

5.不用品回収の注意点

5-1.自分だけでやる仕分け・作業の大変さ

不用品を処分するときは、自分ですべて分解・持ち運びをする必要があります。重たい家電・家具を屋外へ運び出すだけでも一苦労です。
また、テーブルなどは解体する必要もあります。解体作業にはドライバーだけでなく、ノコギリなどで切る必要もあるのです。

5-2.地方自治体によって異なるルール

不用品を捨てる自治体のルールは、各場所によって違います。サイズや出すものなど、各場所のルールを確認しておきましょう。
自治体では、一度に出せる不用品の数や、料金などに細かい違いがあります。また、1か月で申請できる回数にも制限がある場合に注意しておきましょう。

5-3.有料処分になりうるもの

不用品の中でも、家電リサイクル法に引っ掛かるものは料金が発生します。同じように、パソコンを処分するにも基本的には料金が発生すると思いましょう。
また、自治体によっては不用品を処分するのに料金が発生します。基本的には、どの自治体でも清掃処分場へ持ち運んだ場合は、料金が発生すると思いましょう。

6.不用品回収の業者選び

6-1.プロに頼むメリット

不用品回収をプロに頼むメリットは、時間短縮できる点です。また、自分で運ばずとも業者が自宅まできてくれます。
不用品回収業者は、依頼者の時間に併せて来てくれるもの。そのため、自分の都合で処分できます。また、不用品の数が多い・少ないにかかわらず業者は対応してくれるのです。見積もりもしっかり取ってくれるので、料金的な心配もありません。

6-2.業者選びのポイント

不用品回収業者を選ぶときは、市町村から許可証を得ている業者にしましょう。きちんと許可証が出ていると、不法投棄などの心配もありません。
また、見積もりを事前に取ってくれる場所がおすすめ。見積もりを取ってくれる場所は、適切な料金で対応してくれます。

6-3.料金設定

料金は、各不用品1つずつに設定していることが多くなっているもの。1つずつでも安心して依頼できるようになっています。
また、数が多い場合は一定量まで定額で運んでくれるサービスがあるのです。自分の望むサービス形態にて依頼しましょう。

7.まとめ

いかがでしたか? この記事では不用品にかんする情報をまとめました。
不用品は、使わなくなった家具・家電のことを指します。これらのものは、家の中でいつまであっても邪魔になるだけです。早めに不用品回収業者に依頼して、家の中から処分してもらいましょう。