パソコンの回収方法は?費用は無料?効率的な処分方法をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「要らなくなったパソコンを処分したいけれど、方法がわからない」「回収の仕方が知りたい」など、家電の処分には悩みがつきものです。特に、PCリサイクルマークがついているパソコンは回収方法が限られています。処分方法を間違えてしまえばトラブルが起きてしまうでしょう。そこで、パソコンの処分・回収方法について解説します。パソコンを回収してもらいたい、処分したい方は必見です。

  1. パソコンの処分について
  2. パソコンの回収方法
  3. パソコンのデータ消去方法について
  4. パソコン回収業者に依頼する場合
  5. パソコン回収にかんしてよくある質問

この記事を読めば、正しいパソコンの回収方法やデータ消去方法、業者の選び方がわかります。


1.パソコンの処分について

正しくパソコンを処分するにはPCリサイクル法やパソコンのリサイクルマーク、パソコン回収の仕組みを知らなければなりません。パソコンの処分について詳しく解説しましょう。

1‐1.PCリサイクル法について

パソコンの廃棄・回収方法はPCリサイクル法で決められています。PCリサイクル法とは2003年10月に施行された「改正資源有効利用促進法」におけるパソコン業界の通称です。家庭向けに販売されたパソコンやディスプレイの回収が認められた業者、販売店、またはメーカーによる回収が義務づけられています。PCリサイクル法の対象になっているのはパソコン本体のほかに、ディスプレイ・ノートパソコン・ディスプレイ一体型パソコンなどです。リサイクルマークがついているものすべてが対象になります。

1‐2.パソコン回収の仕組みについて

パソコンメーカーへ回収申し込みをすると、エコゆうパック伝票が送付されます。回収してもらいたいパソコンをエコゆうパックに詰めた後、郵便局へ持ち込むか、または戸口集荷で回収してもらいましょう。郵便局は回収した後、再資源化センターへ配送する仕組みです。再資源化センターではパソコンを分解して部品にします。そして、部品は再利用・再資源化されるのです。

1‐3.パソコン処分時の注意点

パソコンを早く処分したいからと自治体のごみとして捨ててはいけません。PCの処分方法はリサイクル法で決められているので、正しい方法で処分しなければ法律違反になります。また、環境にも悪影響をおよぼすことになるでしょう。空き地やごみ捨て場に放置するようなことは絶対にダメですよ。

2.パソコンの回収方法

わからないままパソコンを処分すればトラブルのもとになります。効率的に処分するためにも、パソコンの回収方法について把握しておきましょう。

2‐1.パソコンの回収はどこでできるのか

自治体・販売店・メーカー・リサイクル回収業者など、パソコン回収方法はさまざまです。どんな回収方法なのか把握したうえで、自分に合った方法を選んでくださいね。

2‐1‐1.自治体

PCリサイクル法でパソコンは粗大ごみとして処分できません。プリンターや携帯電話などの小型家電、パソコン部品なら地方自治体の回収ボックスで回収してもらえるでしょう。ただし、自治体によっては回収ボックスが設置されていないケースがあります。回収ボックスがあるかどうか自治体のホームページや電話で問い合わせてみてください。

2‐1‐2.販売店

新しいパソコンの購入を考えている人は販売店での下取りをおすすめします。パソコンの下取り価格はパソコンの状態や製造年月によって異なるでしょう。下取りしてもらう場合、いくらになるのか必ずチェックしてくださいね。また、販売店によってはパソコンの引き取りを無料でおこなっているところもあります。ただし、パソコンの廃棄が無料になるのはお店でパソコンを購入した人に限るでしょう。大型家電量販店ではパソコンの買い取りをおこなっています。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ヨドバシ買取サービス
ヤマダ電機買取サービス

2‐1‐3.メーカー

メーカーにパソコン回収を依頼する際、ホームページまたは電話で申し込みができます。メーカーによるパソコン回収は無料です。ただし、PCリサイクルマークがついているパソコンだけが無料回収されます。PCリサイクルマークがないパソコンはリサイクル料金が必要になるでしょう。メーカー受付窓口一覧は以下のURLから確認できます。

メーカー受付窓口一覧

2‐1‐4.リサイクル回収業者

リサイクル回収業者に依頼してパソコンを回収してもらうのも1つの方法です。処分費用はかかりますが、素早くパソコンの処分ができます。依頼すればすぐ自宅までかけつけてくれるでしょう。自分たちで運び出す必要はありません。最も処分に時間がかからず、楽な処分方法といえるでしょう。回収業者の中にはパソコン関連に特化した業者があります。パソコンを無料で回収してくれるところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

パソコン処分本舗

2‐1‐5.そのほか

ほかの回収方法としてはリサイクルショップやネットオークションで売る方法があります。パソコンがまだ使えるのなら、捨てるよりも売ったほうが効率的です。費用ゼロで処分できるでしょう。使えるパソコンならほとんどのリサイクルショップで買い取ってもらえます。買取価格に納得いかない場合はネットオークションを利用して自分で買取価格を設定するといいでしょう。

2‐2.パソコンの回収方法について

郵送、出張回収、持ち込みといったパソコンの回収方法があります。郵送の場合、自分たちで梱包(こんぽう)しなければなりません。持ち込みはパソコンを自分たちで店舗へ運びます。また、重たいデスクトップパソコンは運び出しが難しいでしょう。搬出が難しい場合は出張回収がおすすめです。出張回収は業者が自宅までやってきてパソコンの運搬から回収まですべて受け持ってくれますよ。1人暮らしや年配者、力が弱い女性にとってはありがたいですね。

2‐3.パソコンの廃棄費用について

パソコンを処分する際、最も気になるのが廃棄費用でしょう。パソコンの回収費用はおよそ3,000円~4,000円です。ただし、回収方法によってはパソコンの処分が無料になります。回収する前に費用はかかるのか、無料になるのかチェックしたほうが安心ですね。

2‐4.パソコン回収の申し込み方法

パソコン回収の申し込み方法はインターネット・電話になります。早く処分したいときはインターネットでの申し込みよりも電話がおすすめです。より早く手続きを済ませることができます。また、申し込み方法は回収方法によって異なるでしょう。

3.パソコンのデータ消去方法について

パソコンを処分する際、最も気をつけてほしいのが「パソコンデータの消去」です。なぜ、パソコン廃棄にデータ消去が必要なのか、必要性や消去方法、データ廃棄証明書について解説します。

3‐1.パソコンデータ消去の必要性

パソコンには使用履歴が残っています。たとえば、パソコンでネットショッピングをしたとき、クレジットカード登録や名前・住所・電話番号などの個人情報を入力するでしょう。以上の入力データがパソコンに残っているのです。ほかにも、IDとパスワード、仕事の顧客情報などもデータになります。パソコン内のデータを消去しなければ、以上のデータがすべて流出してしまうでしょう。1度流出すれば取引先の信用を失う、顧客情報が流出するなど取り返しのつかないことになります。

3‐2.パソコンデータの消去方法

パソコンデータの消去方法は自分で消去する方法と業者に依頼する方法があります。それぞれどんな方法になるのか、詳しく解説しましょう。

3‐2‐1.自分で消去する

パソコン廃棄前に初期化をすればいいと思う人は多いでしょう。しかし、初期化だけでは完全にデータが削除できません。そこで、役に立つのが専用のデータ消去ソフトです。ソフトウェア消去と呼ばれている方法ですが、データ消去ソフトを使えば完全に削除できます。また、データが記録されているハードディスクの物理的破壊も1つの方法です。

3‐2‐2.業者に依頼する

自分でのデータ消去が不安な方は、業者にデータ消去を依頼してください。パソコン回収業者ではデータの消去サービスも受けつけています。業者では専門の機器を使用したデータ削除ができるでしょう。ちなみに、パソコン処分本舗では「論理的消去機」「物理的破壊機」「垂直磁気記録方式HDD対応大型イレーサー」の3つを用いてデータを削除します。より徹底的にデータ削除ができるので安心ですね。

3‐3.データ廃棄証明書とは

業者にデータ削除を依頼する場合、データ廃棄証明書を必ずもらってください。データ廃棄証明書とは、「完全にデータを削除しました」というあかしになります。証明書にはデータを消去した作業日、消去方法、ハードディスクの型番、シリアルナンバーが記載されているのです。発行手数料が必要ですが、証明書はトラブルを未然に防ぐ大切なものになりますよ。

4.パソコン回収業者に依頼する場合

どこの回収業者にパソコンの回収を依頼すればいいのか悩みますよね。悪徳業者とのトラブルが相次いでいるため、慎重にパソコン回収業者を選ばなければなりません。優良業者に依頼できるよう、回収業者の知識を身につけておきましょう。

4‐1.パソコンの無料回収について

回収業者の中にはパソコン廃棄が無料になっているところがあります。PC回収が無料の場合、「なぜ無料になっているのか」理由がハッキリ提示されているかどうか確認してください。たとえば、パソコン処分本舗では回収したパソコンの再販売・再利用をおこなっているので無料回収ができます。以上のように、きちんと理由が明確になっている業者は安心です。

4‐2.業者選びのポイント

回収業者選びのポイントは「スタッフの対応」「スピード」「サービス内容」の3つです。スタッフの対応が迅速かつ丁寧な業者は安心して回収依頼できます。逆に、適当な対応だと不安でいっぱいになるでしょう。また、故障したパソコンの無料回収からデータ消去サービス、スタッフの紹介などサービスが充実している業者かどうかもチェックしてください。サービスが充実しているところほど、自分の状況に合った処分ができます。

4‐3.パソコン回収業者に依頼するメリット・デメリット

パソコンのリサイクル料金が必要になる業者もあります。しかし、パソコン回収業者に依頼すればすぐに処分ができるでしょう。販売店の買い取りや下取り、メーカーの回収には2週間程度時間がかかります。一方、パソコン回収業者なら即日で処分可能です。すぐに処分したい人にとっては効率的な方法になるでしょう。

4‐4.パソコン回収業者の回収方法

パソコン回収業者の回収方法は「宅配回収」「持ち込み回収」「出張回収」と3つの中から選べます。自分のペースで処分したい人はダンボールに入れて送る宅配回収がおすすめです。店舗が近くにある人は持ち込みが速いでしょう。近くにお店がない、1人で運べない場合は出張回収を選んでください。出張回収は業者が自宅にやってきて回収する方法です。

4‐5.パソコン回収業者に依頼する注意点

パソコン回収業者に依頼する際、「古物商許可証」を取得しているか、電話番号(固定番号)が記載されているかどうか確認してください。許可証を取得していない、固定番号がないのは悪徳業者の特徴です。きちんと許可を得ている回収業者はホームページに番号を記載しています。

5.パソコン回収にかんしてよくある質問

パソコン回収にかんしてよくある質問を5つピックアップしていきましょう。疑問点がある場合はきちんと解決したうえでパソコンを処分してくださいね。

5‐1.パソコンメーカーに依頼する際の注意点とは?

回収業者では一気に数台のパソコンが処分できます。しかし、パソコンメーカーに依頼する際、パソコン1台につき申請を1つずつしなければなりません。パソコンを数台回収してもらうには時間がかかります。すぐ処分したい人は不用品回収・買取業者に依頼するなど、ほかの方法がいいでしょう。

5‐2.データ消去ソフトはどこで手に入る?

データ消去を自分でおこなう場合、フリーでダウンロードできる消去ソフト「DESTROY」があります。DESTROYをCD-R、またはフロッピーにソフトを書き出して使ってください。ただし、徹底的に消去したい人は業者に依頼したほうが安心できるでしょう。

DESTROYダウンロードページ

5‐3.自作パソコンでも回収してもらえるのか?

PCリサイクルマークがない、自作パソコンでも業者では回収しています。送料無料対象商品になっているのでお金は一切かかりません。

5‐4.データ消去を業者に依頼する場合、お金はかかるのか?

業者にデータ消去を依頼する場合、お金はかかりません。パソコン処分本舗では無料でデータ消去をおこなっています。しかし、データ廃棄証明書の発行には手数料が必要です。

5‐5.マウスやキーボードなど付属品も回収できるのか?

回収業者ではマウス・キーボード・ACアダプター・リモコン・取扱説明書も一緒に回収してくれます。パソコン関連すべてのものは回収対象になるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?パソコンの回収方法やリサイクル法、データ消去法を把握しておけば効率的に処分できます。間違った処分方法ではトラブルになりかねません。安心してパソコンを処分するためにも、自分に合った回収方法を選んで処分してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由