ハードディスクのパソコンデータを完全消去する方法・注意点とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

面倒くさいからとパソコンデータの消去をしないままパソコンを捨てようとしていませんか?データを消去せずに捨てるのは自滅行為です。近年、捨てたパソコンからデータを盗み出し悪用するトラブルが増えています。トラブルにあわないためにも、データ消去のやり方を把握しましょう。これから、ハードディスクの消去法やパソコン処分時の注意点など説明します。

  1. データ消去が必要なのはどんなとき?
  2. パソコンデータ消去の重要性
  3. フォーマットするだけでは危険な理由
  4. パソコンデータを安全に消去する方法
  5. 業者に依頼するメリット
  6. 業者を選ぶときの注意点
  7. データ消去サービスの紹介
  8. データ消去にかんするよくある質問

この記事を読むことで、不要になったパソコンを安全かつお得に処分できる方法がわかります。


1.データ消去が必要なのはどんなとき?

パソコンを処分・廃棄する際、ハードディスク内に入っているデータを完全消去しなければなりません。データ消去が必要なのは、一体どんなときなのでしょうか。

1-1.パソコンを処分・廃棄するとき

データ消去が必要なときは、パソコンを処分・廃棄するときです。会社や自宅で使っているパソコンのハードディスクにはたくさんのデータが入っています。データを消去せずに処分すれば、パソコン内のデータが流出してしまうでしょう。外部にもらしたくない情報が流れてしまうのは間違いありません。流出を防ぐためにもパソコンを処分・廃棄するときはデータを消去してください。

1-2.友人・知人に譲るとき

パソコンの処分・廃棄にかかわらず、友人・知人に譲るときもデータを完全消去してください。きちんとデータ消去しなければ、パソコンの使用履歴が筒抜けになってしまいます。友人・知人に秘密にしている内容がバレるのも時間の問題です。秘密にしておきたいこと、プライベートな部分を守りたいのなら、きちんとパソコンのデータを消去しましょう。

1-3.パソコン・ハードディスクを売るとき

壊れていないパソコン・ハードディスクを売ろうと考えている人もデータを消去してください。パソコン・ハードディスクを売れば、ほかの人へ渡ります。データを消去しなければ悪用される可能性が高くなるのです。悪用を防ぐためにも売るときは必ずデータ消去してください。パソコンの内部に付属しているハードディスクを個別で売る場合も同じです。