自作PCの処分方法を徹底解説!自作パソコンの廃棄で気をつけたいこと

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「自作パソコンを廃棄したいけれど方法がわからない」「パソコンモニターの処分方法が知りたい」など、パソコン関連の処分に困っている人は多いでしょう。特に、自作PCの処分はメーカーに回収依頼できないので頭を抱える人がほとんどです。間違った方法で処分すれば後でトラブルになってしまいます。失敗しないためにも、自作パソコンの正しい処分方法をしっかり把握しておきましょう。

  1. 自作PCとは
  2. 自作PCの処分について
  3. 自作PCを処分する際の注意点
  4. 自作PCのデータ消去について
  5. 自作PCの再販などについて
  6. 自作PCの処分を業者に頼む場合
  7. 自作PCの処分方法にかんしてよくある質問

この記事を読めば、自作PCの正しい処分方法がわかります。自作PCの処分にかんする知識を身につけて効率的に処分しましょう。


1.自作PCとは

小売店や家電量販店で販売されているPCと自作PCは違います。同じパソコンでも種類が異なる自作PCについて、詳しく見ていきましょう。

1-1.自作パソコンの定義

自作パソコンとは、ユーザー自身がパソコンのパーツを準備して組み立てたパソコンのことです。メーカーから発売されているパソコンはパーツがそろった状態になっています。しかし、自作パソコンは1つずつ部品を用意するところからスタートです。

1-2.自作パソコンの主なパーツ

自作パソコンの主なパーツは、マザーボード・CPU・メモリー・電源・ハードディスク・モニターなどのCRT・拡張カード・光学ドライブなどです。そして、パーツをすべておさめるケースも用意しなければなりません。

1-3.自作パソコンのメリット・デメリット

自作パソコンのメリットは「自分のニーズに合ったパソコンがつくれること」です。パーツがすべてそろっているメーカーパソコンは仕様が限られています。しかし、自作パソコンは自分が必要なものだけで組み立てられるのです。不要な部分を取りのぞけます。一方、デメリットは故障・トラブルが起きたときはすべて自分で原因をつかみ、解決しなければなりません。