パソコンのデータ消去方法は? 処分する際の注意点を知ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの買い替えを予定している人は必見です。
パソコンを買い替えるとき、今まで使っていた古いパソコンを処分しなければなりません。
古いパソコンを処分する際、気をつけなければならないのが「データの削除」です。
パソコンに入っているデータを完全消去して捨てなければなりません。
削除しなければ、大変なことになってしまうでしょう。
そこで、パソコンを処分する際の注意点や処分方法、データの消去方法について説明します。
買い替えを予定している人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. パソコンを処分する際の注意点
  2. パソコンの処分方法
  3. データの消去方法
  4. まとめ

1.パソコンを処分する際の注意点

不要になったパソコンを処分するとき、いくつか注意点があります。
注意点を把握しておかなければ、トラブルにまきこまれてしまうでしょう。
安心して処分するためにも、必ず注意点を知っておいてくださいね。

1-1.パソコンに入っているデータを完全削除する

パソコンを処分する際、最も注意してほしいことが「パソコンに入っているデータを完全削除する」ことです。
パソコンにはさまざまな情報が入っているでしょう。
個人で使っていた人は、クレジットカード情報や利用しているサービスのID・パスワード、住所や電話番号など個人情報がパソコン内に入っています。
また、仕事で使っていた人は、会社の情報がたくさん入っているのです。
もし、削除しないまま捨ててしまうと、パソコン内に入っているすべての情報が流出するでしょう。実際に、クレジットカードが悪用されたというケースも増えているのです。
情報漏えいのリスクがあることを、捨てる前に知っておかなければなりません。
情報を守るためにも、パソコンに入っているデータを完全削除してから処分してくださいね。

1-2.PCリサイクルマークがついているかどうか確認する

パソコンには“PCリサイクルマーク”がついているものもあります。
処分する前に、PCリサイクルマークがついているかどうか確認しなければなりません。
PCリサイクルマークがついているパソコンは、メーカーの回収が義務付けられています。
メーカーが回収した上で、再資源化をしなければならないのです。
ゴミ問題が日本の社会問題にまで発展しているため、ゴミの量を減らそうとPCリサイクルマークがほとんどのパソコンについているでしょう。
ゴミを増やさないためにも消費者である私たちが、しっかり確認しなければなりません。

1-3.パソコンのメーカー・製造年数を確認する

処分する前に、確認しておきたいことはもう1つあります。
「パソコンのメーカー・製造年数を確認すること」です。
後ほど、処分方法でも説明しますが、製造年月日から5年以内のパソコンなら、中古ショップや買い取り専門店で売れる可能性もあるでしょう。
そのため、そのまま処分してしまうともったいありません。
売れるものは売ってしまった方が、お金を得ることができるのでお得でしょう。
売れる可能性もあることを知っておいてくださいね。
また、事前にパソコンのメーカーや製造年数を確認しておくと、買い取りがしやすく、価格も上がる可能性があります。
メモ帳に書いておくと良いですよ。

2.パソコンの処分方法

2-1.中古ショップ・買い取り専門店で「売る」

製造年から5年以内のパソコンは、ほとんどの中古ショップ・買い取り専門店で売ることができるでしょう。
処分するよりも売れるものは売ってください。
不要になったパソコンが処分できると同時に、お金も手に入れることができますよ。
売ったお金で新しいパソコンの費用にもできるでしょう。
中古ショップや買い取り専門店によって、買い取り価格が異なります。
できるだけ高く売るためにも、さまざまなお店の買い取り価格を比較してくださいね。
インターネットで簡単な買い取り価格がわかる“オンライン査定”があれば利用すると良いでしょう。パソコンの詳細や写真を送ることで、おおよその買い取り価格がわかります。
また、売る前にできるだけキレイにすること、キーボードやマウスなど付属品を一緒に提出すると買い取り価格が高くなるでしょう。

2-2.不用品回収業者に依頼する

パソコンの処分方法は、「不用品回収業者に依頼する」という方法もあります。
中古ショップや買い取り専門店で売れなかったパソコンでも、回収してもらえるでしょう。
もちろん、壊れていて使えないパソコンも可能です。
不用品回収業者は、連絡すればすぐに自宅までやってきてくれます。
すぐに処分したい、パソコンが重たくてお店に持っていくことができない人は、オススメの方法ですよ。
ぜひ、近くの不用品回収業者をチェックしてみてはいかがでしょうか。
不用品回収業者の中には、まだ使えると判断できるパソコンなら、買い取りとして扱ってくれます。
処分費用がかからないので、とてもお得に処分できるでしょう。
ぜひ利用してみてください。

3.データの消去方法

3-1.業者に依頼してデータ消去する

パソコンを捨てる前に、パソコン内に入っているデータをすべて消去しなければなりません。
自分でデータを消去しようと“初期化”をする人も多いですが、初期化だけでは十分に消去できないでしょう。
初期化をしてもパソコン内にデータは残っています。
復元ソフトを利用すれば、データを呼び起こすことができるのです。
そのため、データを完全消去するには、業者に依頼した方が安心できます。
不用品回収業者や中古ショップでは、パソコンのデータ消去サービスを受け付けているところがあるでしょう。
完全消去できる方法で削除しているので、ぜひ利用してください。
また、完全削除したという証しである、証明書を発行してもらいましょう。
安全に処分するためにも、業者に依頼してデータ消去する方法を選択肢の中に入れてくださいね。

3-2.自分でHDDを破壊する・無料ソフトを利用する

データの削除を自分でする場合、「物理的破壊」と「無料ソフト」の2つ方法があります。
物理的破壊は、パソコンのデータが入っているHDDを破壊する方法です。
破壊する際、ケガをしないように気をつけなければなりません。
1度HDDを破壊すると、データは完全に復旧できない状態になります。そのため、1番安心できる方法と言えるでしょう。
また、もう1つの削除方法である「無料ソフト」は、ソフトを使って完全削除する方法です。
無料でインターネットからダウンロードできるでしょう。
有料ソフトもあるので、ぜひチェックしてくださいね。自分でデータを削除するか、それとも、業者に依頼するか、自分にとって安心できる方法を選びましょう。

4.まとめ

古いパソコンを処分する前の注意点、処分方法、データ削除の方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
事件やトラブルにまきこまれないためにも、データを完全に削除してからパソコンを捨ててくださいね。
そのまま処分すると、データが悪用されてしまう危険性があります。
後悔しないためにも、データの削除方法・処分方法を知っておきましょう。

  • パソコンに入っているデータを完全削除する
  • PCリサイクルマークがついているかどうか確認する
  • パソコンのメーカー、製造年数を確認する
  • 中古ショップ、買い取り専門店で売る
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 業者に依頼してデータを消去する
  • 自分でHDDを破壊する
  • 無料ソフトを利用してデータを完全削除する

以上は、必ず押さえておきたいポイントです。
事前にしっかり知識を身につけておけば、安心してパソコンが処分できるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由