パソコンのデータ消去方法は? 処分する際の注意点を知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンの買い替えを予定している人は必見です。
パソコンを買い替えるとき、今まで使っていた古いパソコンを処分しなければなりません。
古いパソコンを処分する際、気をつけなければならないのが「データの削除」です。
パソコンに入っているデータを完全消去して捨てなければなりません。
削除しなければ、大変なことになってしまうでしょう。
そこで、パソコンを処分する際の注意点や処分方法、データの消去方法について説明します。
買い替えを予定している人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. パソコンを処分する際の注意点
  2. パソコンの処分方法
  3. データの消去方法
  4. まとめ

1.パソコンを処分する際の注意点

不要になったパソコンを処分するとき、いくつか注意点があります。
注意点を把握しておかなければ、トラブルにまきこまれてしまうでしょう。
安心して処分するためにも、必ず注意点を知っておいてくださいね。

1-1.パソコンに入っているデータを完全削除する

パソコンを処分する際、最も注意してほしいことが「パソコンに入っているデータを完全削除する」ことです。
パソコンにはさまざまな情報が入っているでしょう。
個人で使っていた人は、クレジットカード情報や利用しているサービスのID・パスワード、住所や電話番号など個人情報がパソコン内に入っています。
また、仕事で使っていた人は、会社の情報がたくさん入っているのです。
もし、削除しないまま捨ててしまうと、パソコン内に入っているすべての情報が流出するでしょう。実際に、クレジットカードが悪用されたというケースも増えているのです。
情報漏えいのリスクがあることを、捨てる前に知っておかなければなりません。
情報を守るためにも、パソコンに入っているデータを完全削除してから処分してくださいね。

1-2.PCリサイクルマークがついているかどうか確認する

パソコンには“PCリサイクルマーク”がついているものもあります。
処分する前に、PCリサイクルマークがついているかどうか確認しなければなりません。
PCリサイクルマークがついているパソコンは、メーカーの回収が義務付けられています。
メーカーが回収した上で、再資源化をしなければならないのです。
ゴミ問題が日本の社会問題にまで発展しているため、ゴミの量を減らそうとPCリサイクルマークがほとんどのパソコンについているでしょう。
ゴミを増やさないためにも消費者である私たちが、しっかり確認しなければなりません。

1-3.パソコンのメーカー・製造年数を確認する

処分する前に、確認しておきたいことはもう1つあります。
「パソコンのメーカー・製造年数を確認すること」です。
後ほど、処分方法でも説明しますが、製造年月日から5年以内のパソコンなら、中古ショップや買い取り専門店で売れる可能性もあるでしょう。
そのため、そのまま処分してしまうともったいありません。
売れるものは売ってしまった方が、お金を得ることができるのでお得でしょう。
売れる可能性もあることを知っておいてくださいね。
また、事前にパソコンのメーカーや製造年数を確認しておくと、買い取りがしやすく、価格も上がる可能性があります。
メモ帳に書いておくと良いですよ。

12