外付けHDDをそのまま処分するのは危険! 捨て方のポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

外付けHDDの捨て方に悩んでいませんか?
パソコンのデータを保存することで容量を増やしたりするためには欠かせない外付けHDDですが、だからこそ簡単に廃棄することはできません。下手にデータが残ったままの状態で廃棄してしまえば、個人情報が流出してしまう可能性もあるでしょう。そこで、この記事では外付けHDDの捨て方についてご紹介していきたいと思います。これから外付けHDDの処分を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 外付けHDDの処分方法は? 
  2. 外付けHDDの処分費用相場について
  3. 外付けHDDを処分するときの注意点
  4. 不用品回収業者を利用するメリット
  5. 不用品回収業者を選ぶときの注意点

1.外付けHDDの処分方法は? 

具体的に、外付けHDDの処分方法にはどのようなものがあるのでしょうか。それでは、3つの処分方法についてご紹介していきたいと思います。

1-1.近くの家電量販店に引き取ってもらう

多くの家電量販店では、故障してしまった外付けHDDの引き取りを行っています。その際、中に入っているデータが誤って流出しないように、破壊まで行ってくれるところもあるようです。ただし、家電量販店で引き取ってもらう場合はお金がかかるため、注意しましょう。自分でデータの削除をしたり、処分したりするのは不安という人におすすめの方法です。

1-2.リサイクルショップに持っていく

まだ壊れていない、使える外付けHDDの場合はリサイクルショップに持ち込んでも良いでしょう。状態が新品に近ければ近いほど、良い価格で売れる可能性も高いです。ただし、リサイクルショップで売る場合は内部のデータが第三者に渡らないように、自分でしっかりと削除しておく必要があります。外付けHDD内のデータを削除する方法を知っていて、なお且つまだ使える外付けHDDを使用している人は、この方法で処分することも視野にいれて良いでしょう。

1-3.不用品回収業者に引き取ってもらう

近年では、パソコン専門の不用品回収業者もあるので、そのような業者に引き取ってもらうのもひとつの手です。特にパソコンもまとめて処分したいと考えている人は、いっぺんに処分することもできるでしょう。また、不用品回収業者ですから壊れている外付けHDDの回収も行ってくれます。ただし、不用品回収業者を選ぶ場合はパソコンやHDD内のデータを削除してくれるかどうかに注目するようにしましょう。パソコン専門でない不用品回収業者の場合、中にあるデータの削除までしっかり行ってくれないことがあります。気を付けましょう。