パソコンリサイクル法ってどんな法律? 対象となるパソコンとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

すっかり家庭に普及したパソコン。
デスクトップやノートパソコンが何台も家にある、という方も珍しくないでしょう。
でも、パソコンは不要になってもごみ捨て場には捨てられません。
パソコンはパソコンリサイクル法に沿って処分しなくてはならないのです。
そこで、今回はパソコンリサイクル法についてご説明しましょう。
対象となるパソコンはどんなものでしょうか?
また、パソコンを処分する際の注意点もご紹介します。
パソコンの処分方法が分からずに困っているという方は必見ですよ。

目次

  1. パソコンリサイクル法とは?
  2. パソコンリサイクル法の対象となるものは?
  3. こんなパソコンはどうしたらいいの?
  4. パソコンリサイクル法に沿った処分の流れとは?
  5. パソコンを処分する際の注意点とは?
  6. おわりに

1.パソコンリサイクル法とは?

パソコンリサイクル法を簡単に説明すると、「不要になったパソコンは、メーカーが責任を持って回収し、リサイクルしなさい」という法律です。
ですから、現在、メーカーから販売されたパソコンはすべてメーカーが回収しています。
どんなパソコンでも、ごみ捨て場に捨てられません。
また、液晶ディスプレイなどパソコンを構成する部品も捨てられないので注意してください。
ただし、本体カバーはプラスチックごみとして捨てられます。
ごみとして捨てられるのか不明な部品がある場合は、自治体に問い合わせてみましょう。
自分の判断で捨てないように注意してください。