パナソニックのパソコンを廃棄する方法とは? 処分前に知るべきこと

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パナソニックのパソコンは、ノートタイプが中心で、持ち運びがしやすく、頑丈なつくりだと好評です。そんなパナソニックのパソコンを処分する場合は、“PCリサイクルマーク”に注意しなければなりません。パソコンには、レアメタルや銅など貴重な資源が含まれています。これら資源を再利用するために、メーカーではマークがついているパソコンの回収が義務づけられているのです。本記事では、パナソニックの廃棄方法や廃棄前にすべきこと・中古市場・専門業者による回収などについて説明します。

  1. パナソニックのパソコン廃棄について
  2. パナソニックのパソコン~廃棄前にすべきこと
  3. パナソニックのパソコン~中古市場について
  4. パナソニックの廃棄方法~専門業者による回収について
  5. パナソニックのパソコン廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、パナソニックのパソコン廃棄に関する必要な知識を身につけることができます。処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


1.パナソニックのパソコン廃棄について

廃棄方法について知る前に、パナソニックパソコンの特徴や人気・メーカーサポート・適応機種・PCリサイクルマークに関して詳しく説明します。

1-1.パナソニックパソコンの特徴・人気について

パナソニックは、ノートパソコンを中心に生産している一大メーカーです。世間に幅広く知れ渡っているメーカーであり、信頼性・安心性は高いでしょう。パナソニックのパソコンと言えば、レッツノートシリーズ・タフブックシリーズが有名です。パナソニックのシリーズものは「頑丈」で「持ち運びしやすい」という特徴があります。出張や外出時に役立つものが多く、ビジネスシーンで活躍しているのです。

1-2.メーカーサポートについて

パソコンを購入する際、メーカーサポートの充実に注目している方は多いでしょう。たとえば、パナソニックの場合は、24時間以内の修理を目指す即日修理が可能です。トラブルへの対応の速さが、多くの顧客を満足させています。

1-3.適応機種について

パナソニックでは、直営サイト「パナソニックストア」でパソコンを購入する方を対象に、現在使用しているパソコンの買い取りを行っています。ただし、対象の機種・シリーズが限定されているので注意しなければなりません。買い取り以外にも、パナソニック・三洋電機で発売したパソコンに限り、有償・無償で回収・リサイクルを行っています。パナソニック・三洋電機以外のパソコンは、回収不可となるので注意してくださいね。

1-4.PCリサイクルマークのあるもの・ないものについて

PCリサイクルマークとは、2003年10月以降に発売された家庭向けパソコンについているシールのことです。パソコンには、レアメタルや銅・鋼などの貴重な資源が含まれており、これらの資源を再利用するために貼付されました。PCリサイクルマークがあるものは、メーカーによる回収・再資源化が義務づけられています。PCリサイクルマークがついているものは無償で回収・リサイクルできますが、ついていないものは回収・再資源化料金を負担しなければなりません。パナソニックによる回収の場合は、デスクトップ型・ノートブック型パソコンとLCDディスプレイが3,240円、CRTディスプレイが4,320円となります。

1-5.廃棄方法・流れ・料金について

回収の申し込みは、パナソニックのWebサイトまたは電話受付で可能です。Web受付は、24時間365日対応しているのでいつでも申し込みができます。申し込み後、輸送伝票が送られてくるので、パソコンを直接郵便局の窓口へ持ち込むか、回収依頼をしてください。回収・運搬後にリサイクル工場へ運ばれ、再資源化されます。
PCリサイクルマークがついていないものは、回収前にクレジット決済・料金振込用紙でお金を支払わなければなりません。具体的な流れに関しては、こちら(パナソニックのホームページ)をチェックしてください。

1-6.メリット・デメリット

再資源化が法律で義務づけられているメーカーの回収は、何よりも安心して処分できます。「回収後に不法投棄されていた」というトラブルを心配することもありません。PCリサイクルマークがついているものであれば、無料で処分できます。しかし、PCリサイクルマークがついていないものは、回収が有料となるのでほかの方法で処分したほうが安くなることもあるでしょう。