パソコンディスプレイを廃棄する前に知っておきたい処分方法と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンディスプレイを廃棄したいとき、どのような方法があるのでしょうか。
処分方法に悩んでしまいがちなものですが、きちんと正しい方法があります。
パソコンのディスプレイは何ゴミになるのか、処分方法や買い取り対象になるディスプレイ、処分・買い取りを業者に依頼する際の注意点など、詳しく説明しましょう。
パソコンディスプレイの処分がわからない人は、ぜひチェックしてください。
正しい知識を持ち、処分することが大切です。

目次

  1. パソコンディスプレイの処分方法
  2. 買い取り対象になるディスプレイとは
  3. 処分・買い取りを業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.パソコンディスプレイの処分方法

要らなくなったパソコンディスプレイの正しい処分方法について説明します。
きちんと正しい方法を知らなければ、不法投棄になってしまうので注意してくださいね。
スピーディーに処分するためにも、基礎知識として身につけましょう。

1-1.パソコンのディスプレイは何ゴミになるの?

以前までは、不燃ゴミや粗大ゴミとして処分できました。
しかし、平成15年10月1日から施行された“資源有効利用促進法”により、パソコンやパソコンディスプレイ等は自治体で回収できなくなったのです。
きちんと正しい方法でリサイクル・再資源化されるようになりました。
そのため、自治体でゴミとして捨てることは禁止されています。
もし、捨ててしまうと法律違反になるので、注意しなければなりません。
自治体に尋ねてみると、ほとんどがメーカーへの回収をおすすめしています。
また、地域の一般廃棄物処理業者を紹介してくれるケースもあるでしょう。
自治体では、パソコンディスプレイの回収ができないことを覚えておいてくださいね。

1-2.メーカーに回収してもらう

自治体で処分ができなくなった分、パソコンディスプレイはメーカーで回収してもらう方法が一般的になりました。
基本的に、メーカーで処分してもらう場合、リサイクル料金が必要になります。
しかし、パソコンディスプレイにPCマークが貼り付けられていれば、無料で回収してくれるのです。
処分する前に、PCマークがあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。
また、メーカーがつくったものでないと回収できませんので注意してください。
メーカーによって、多少流れは異なるかもしれませんが、基本的な処分の流れについて説明します。

  1. 電話、またはホームページから申し込む
  2. PCマークがない場合は、リサイクル料金を支払う
  3. メーカーから届いたエコゆうパック伝票を貼り、送る

以上の流れになります。
郵便局を利用してパソコンディスプレイを送ることになりますが、郵便局まで持ち運べない場合は、回収しに自宅まで来てくれるので安心してください。

1-3.回収・買い取り業者に依頼する

回収・買い取り業者に依頼する方法も、パソコンディスプレイの処分方法です。
街中には、回収・買い取り業者があります。
まだ使えそうなパソコンディスプレイなら、リサイクルに回さず、そのまま買い取ってくれるでしょう。
買い取ってくれるなら、処分費用もかからないので一石二鳥です。
買い取りが出来ない場合でも、回収してくれるのでスピーディーに処分できるでしょう。
回収・買い取り業者のほとんどが、電話で連絡すればすぐに自宅までやって来てくれます。
「今すぐ処分したい」「引越し前に片付けたい」「ほかにも処分したい不用品がある」場合は、ぜひ回収・買い取り業者を利用してみてはいかがでしょうか。

2.買い取り対象になるディスプレイとは

2-1.新品状態に近いもの

買い取り対象になるディスプレイとは、どのようなものになるのでしょうか。
気になっている人も多いと思います。
基本的に、壊れていないパソコンディスプレイなら、ほとんどの業者で買い取ってもらえるでしょう。
できるだけ、新品状態に近い、キレイなパソコンディスプレイが好ましいです。
査定をするのは同じ人間なので、誰でもキレイな方が好印象を持ちます。
ホコリがかぶっている、傷や汚れがついているようなパソコンディスプレイは、それだけ買い取り価格も下がるでしょう。
買い取りに出す前に、ある程度キレイに掃除をしてください
。ほんの少しの気遣いが、買い取り価格アップにつながります。

2-2.販売日から3年以上経過していないもの

買い取り対象になるパソコンディスプレイは、販売日から3年以上経過していないものに限ります。
次から次へと新しいパソコンが登場してきているので、月日がたてばたつほど、価値も下がってしまうのです。
「売りたい」と思ったときは、すぐにパソコンディスプレイを売ってください。
いつまでも先延ばしにしてしまうと、買い取りできなくなってしまいます。
3年以上経過したパソコンディスプレイは、「古い」と認識されるので要注意です。
また、できるだけ買い取り価格を上げたいのなら、付属品を一緒につけると良いでしょう。
パソコンディスプレイを購入する際についてきた箱、取り扱い説明書などが付属品になります。付属品をそろえた方が、買い取る業者も販売しやすくなるのです。
買い取りに出す前に、付属品がなかったかどうかチェックしてくださいね。

3.処分・買い取り業者に依頼する際の注意点

3-1.複数の業者から出た「見積書」を比較する

処分・買い取り業者に依頼する際、「見積書」を必ず比較してください。
たとえ、知人や友人から紹介された業者でも、自分の目で確認することが大切です。
買い取り価格はどのくらいになるのか、処分費用にいくらかかるのか、見積書を見て不備がないかどうか確かめましょう。
業者の中には、悪徳業者もいるので、比較することが見分けるポイントになります。
いくつかの業者を比較することで、どこが最も安い費用で処分できるのか、判断しやすくなるでしょう。
また、最も高い買い取り価格がつくところもわかります。
見積書だけでなく、サービス内容も比較すると良いですよ。
パソコン処分本舗では、無料回収をしているので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
お金をかけずに処分することができます。
ただし、割れている場合は回収できませんので注意してください。

3-2.インターネットの口コミ・評判をチェックする

悪徳業者にだまされないためにも、インターネットの口コミや評判をチェックしてください。
実際に利用した人の感想を見ることができます。
「ここの業者は対応が悪い」「買い取り価格が低かった」「後で追加料金を請求された」など、さまざまな口コミが確認できるでしょう。
自分にとって本当に信用できる業者かどうか、確かめることができます。
インターネットの口コミで評判が悪いところは、おすすめできません。
利用する前に、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

パソコンディスプレイの処分方法、買い取り対象になるもの、回収・買い取り業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
事前に、処分方法や注意点について把握しておけば、スムーズに処分できます。
ぜひ身につけておきたい知識です。

  • 自治体で捨てることはできない
  • メーカーに回収してもらう
  • 回収、買い取り業者に依頼する
  • 新品状態に近いものなら買い取りできる
  • 販売日から3年以内のパソコンディスプレイ
  • 付属品と一緒に買い取りに出す
  • 複数の業者から出た「見積書」を比較する
  • インターネットの口コミや評判をチェックする

以上は、必ず抑えておきたいポイントになります。
パソコンディスプレイを処分する場合は、正しい知識を身につけ、きちんと処分してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由