壊れたパソコンをお得に処分する方法は? 処分前の注意点も併せて紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「壊れたパソコンはどうやって処分すればいいの?」など、パソコンの処分で悩んでいる方は多いでしょう。壊れたパソコンの処分方法はメーカーによる回収や不用品回収業者などさまざまな方法がありますが、できれば、あまり費用をかけずに処分したいと思っている方が多いはずです。お得に処分するポイントやコツを把握しておけば、最小限の費用で捨てることができます。また、パソコンには重要なデータが含まれているため、事前にデータを完全消去しておかなければなりません。

そこで、本記事では、パソコンの処分方法とデータ消去のやり方について解説します。

  1. 壊れたパソコンを処分する際の注意点
  2. 壊れたパソコンのデータを消去する方法
  3. 壊れたパソコンを処分する方法
  4. パソコンの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、壊れたパソコンを安心して処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


1.壊れたパソコンを処分する際の注意点

最初に、壊れたパソコンを処分する際の注意点をチェックしておきましょう。

1-1.パソコンは自治体回収で処分できない

要らなくなったものは、自治体回収で一般ゴミとして捨てるのがほとんどだと思います。けれども、パソコンはPCリサイクル法に基づいて処分するように定められているのです。そのため、自治体回収で処分できません。製造メーカーに連絡して回収してもらう方法で処分することになります。誤ってゴミ捨て場に持ち運んでしまうと不法投棄とみなされ、高額な罰金が科せられる恐れがあるので注意してください。自治体回収で処分できないことをきちんと頭の中に入れておきましょう。

1-2.壊れたパソコンでもデータ消去が必要

パソコンが壊れる=データもすべて消えると思いがちですが、壊れているからといって安心できません。最近は、個人情報の流出についての知識が一般にも普及しているため、故障しているパソコンからでも簡単にデータを入手し悪用するケースが増えています。故障していないパソコンよりも壊れたパソコンのほうが、データが取り出しやすいケースもあるのです。パソコンのデータは、パソコン本体ではなくハードディスクに保存されています。ハードディスク自体を破壊したり、専用ソフトでデータを消去したりしなければ意味がありません。壊れているからといってそのまま処分しないように注意しましょう。

1-3.処分前にPCリサイクルマークの有無を確認する

パソコンを処分する前にチェックしてほしいのが、PCリサイクルマークの有無を確認することです。製造メーカーに回収を依頼する場合、PCリサイクルマークがあれば無償で回収してもらえます。けれども、PCリサイクルマークがない場合は処分費用を支払わなければなりません。また、メーカーで製造していないパソコンは処分してもらえないので注意してください。製造メーカーが見当たらない場合は、一般社団法人パソコン3R推進協会に回収を依頼することになります。詳細は、ホームページをご覧ください。

1-4.悪徳業者とのトラブルに要注意!

壊れたパソコンを不用品回収業者に依頼しようか考えている方もいると思いますが、悪徳業者とのトラブルに注意してください。「回収してもらったものが不法投棄されていた」「パソコンのデータ消去も依頼したのに情報が流出していた」などのトラブルが相次いでいます。悪徳業者の中には、高額な回収費用を請求するところもあるので要注意です。トラブルを防ぐためには、安心して依頼できる業者か入念に確認する必要があります。

2.壊れたパソコンのデータを消去する方法

それでは、壊れたパソコンのデータを消去する方法について解説しましょう。

2-1.自分でハードディスクを取り出して破壊する

壊れたパソコンは操作ができなかったり、専用ソフトを使っての消去ができなかったりします。そのため、自分でハードディスクを取り出して破壊する方法を用いることになるでしょう。電源が入らなかったり、ディスプレイを見ることができなかったりする場合は、物理的に破壊するしかありません。まずは、自分が使用しているパソコンのどこにハードディスクが入っているのかメーカーのホームページや取扱説明書で確認してください。取り出した後は、ハードディスクに電動ドリルで8箇所程度穴を開けて貫通させます。しっかりと向こう側まで貫通させることがポイントです。ハードディスクのどの位置にディスクがあるのか分からない場合は、まんべんなく全体に穴を開けるといいでしょう。

2-2.パソコン専門店に破壊してもらう

パソコン専門店の中には、ハードディスクに穴を開けるハードディスク破壊サービスを行っています。費用はかかりますが、1台あたり約900円で依頼できるところもあるのでお得といってもいいでしょう。自分で破壊するのが難しい方や、完全にデータが消去できているか分からないまま処分したくないと思っている方におすすめの方法です。また、パソコン本体からハードディスクが自分で取り出せない場合にも、別途500円程度で取り出してくれるサービスもあります。

2-3.回収業者にデータ消去を依頼する

不用品回収業者の中には、パソコンなどのデータを消去してくれるところがあります。専用の機械で消去してくれるところもあれば、物理的に破壊してくれる方法などさまざまです。業者によってデータ消去方法が異なるため、どのような方法で消去してくれるのか確認してください。業者によっては、データ消去サービスを無料でしてくれるところもあります。また、後でトラブルにならないように、消去証明書を発行してもらうといいでしょう。消去証明書には、いつどのような方法で消去したのか記載されているため、トラブルの防止策につながります。

3.壊れたパソコンを処分する方法

ここでは、壊れたパソコンを処分する方法について解説します。

3-1.製造メーカーに回収を依頼する

パソコンリサイクル法によってパソコンは自治体で処分できないことになっているため、一般的に製造メーカーに回収を依頼することになります。前述したように、PCリサイクルマークがついているパソコンなら無償回収が可能です。PCリサイクルマークがついていない場合は、法律に基づくリサイクル料金を支払わなければなりません。パソコンの種類やメーカーによって多少の差はありますが、約3,000~6,000円になるでしょう。メーカーの窓口で申し込みをした後、ルールに従ってこん包し製造メーカーに送る形で処分することになります。

3-2.購入店で引き取ってもらう

新しいパソコンを購入する場合は、購入店で古いパソコンを引き取ってもらう方法があります。買い替えを検討している方は、購入店に古いパソコンの回収を行っているか確認してください。全国に店舗を構えている家電量販店では、宅配業者と提携してパソコンの回収・廃棄サービスを行っているところもあります。年式が新しいパソコンなら、処分ではなく下取りとして引き取ってもらえる可能性もあるでしょう。下取りサービスが利用できるなら条件の内容を確認し、引き取ってもらえるならどのような方法で回収してもらえるか、回収費用がいくらになるか確認することが大切です。

3-3.パソコン回収業者に処分を依頼する

パソコン専門の回収業者に処分を依頼するのも方法の1つです。パソコンに詳しい業者だからこそ、正しい知識で処分してもらえるという安心感があります。また、データの消去サービスを行っているところも多いので、自分でするのが不安な方におすすめです。中には、壊れたパソコンでも無料で回収を行っているところがあります。たとえば、パソコン処分本舗では、ノートパソコン・デスクトップパソコンなど無料対象商品が1点でも含まれていれば有料対象商品をいくつ同こんしても無料回収が可能です。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3-4.不用品回収業者に依頼する

パソコン以外に処分したい不用品があれば、まとめて処分できる不用品回収業者に依頼する方法もあります。大量の不用品でも一気に処分できる点が大きなメリットですが、処分費用がかかる点がデメリットです。買取サービスも行っているところに依頼すれば、買い取ってもらえるものがあれば処分費用が節約できます。ただし、買い取ってもらえるものも限りがあるため、必ず全部買取に出すことができるとは限りません。また、不用品回収業者とのトラブルが相次いでいるので悪徳業者に注意する必要があります。

3-5.オークションで売れる可能性もある!?

壊れたパソコンは売れないイメージが強いかもしれませんが、全国から買い手を探すことができるネットオークションなら売れる可能性もあります。パソコンの電源がつかなくても、ディスプレイがつかなくてもその旨をきちんと伝えておけば買い手が見つかるかもしれません。ネットオークションを利用するコツは、シャンク・欠品という情報を商品情報の中に記載することです。正確に品物の状況を伝えることで、購入を検討している方も安心して落札できます。壊れているパソコンでも貴重な資源が含まれているため、売れる可能性もあるのです。ただし、落札額は数百円と低くなります。

4.パソコンの処分に関してよくある質問

壊れたパソコンの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.製造メーカーにデータ消去は依頼できるのか?
A.製造メーカーのほとんどはデータ消去を行っていません。回収のみとなるため、自分でデータを必ず消去してから回収を依頼することになります。中には、初期化だけで済ませている人もいますが、初期化をしてもハードディスクの中にはデータが残っているので意味がありません。初期化はデータを表面上見えなくするだけなので、ハードディスクのデータを消すためには物理的破壊または専用ソフトを使用した論理的破壊の方法となります。壊れたパソコンは論理的方法が使えないケースがほとんどなため、自分でハードディスクを破壊するしかないでしょう。

Q.電動ドリルでハードディスクに穴を開ける際の注意点は?
A.自分で破壊したと思っていても、肝心のディスクの部分が破壊できていなかったというケースがよくあります。たとえ、ハードディスクの外側を開けたり、へこませたりしたとしてもディスクが破壊されていない限り情報を取り出すことができるのです。そのため、確実にドリルで穴を貫通させること・全体的にまんべんなく穴を開けること(最低でも8箇所)の2点に注意してください。また、電動ドリルの刃は金属用・木材用・石材用・鉄工用などがありますが、鉄工用を使用するのがポイントです。

Q.パソコンは小型家電リサイクル法の対象品目?
A.ノートパソコンなどサイズが小さめのパソコンは、小型家電リサイクル法の対象品目となります。小型家電リサイクル法に基づいて処分している自治体によっては、公共施設や家電量販店に設置してある小型家電回収ボックスに投かんする形で処分することになるでしょう。投かん口に入る大きさであれば、無料で処分できます。ただし、自治体によって処分方法が異なるため、ホームページで確認したほうが安心です。

Q.無料回収業者を利用する際のコツは?
A.壊れているパソコンでも回収できるか、なぜ無料回収が可能なのか確認することです。無料回収業者の中には、回収後に追加料金を請求したり、不法投棄したりする悪質な業者が存在しています。悪徳業者とトラブルにならないようにするためには、安心して依頼できる業者か慎重に見極めることが1番大切です。たとえば、パソコン処分本舗は回収したものをリユース品として販売したり、部品に分解して再利用したりしています。

Q.パソコンをこん包する際の注意点は?
A.製造メーカーによって注意点は異なりますが、複数台を処分する際は1台ずつこん包するのが基本です。厚手のビニール袋に入れるなら2枚重ねにする・使用済みパソコンは重さ30kgまでなど、こん包のルールがあるのできちんと確認しておきましょう。

まとめ

壊れたパソコンを処分する際は、必ず自分でハードディスクのデータを完全消去しておかなければなりません。パソコンリサイクル法によって自治体回収での処分ができないため、製造メーカーに依頼するか業者に回収してもらう方法となります。製造メーカーはデータ消去サービスを行っていませんが、回収業者の中には消去サービスを行っているところがあるので自分でするのが不安な方はお願いするといいでしょう。