パソコンから異音がする原因とは?故障しかけている場合もある?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンは今やひとり1台の時代になりました。
仕事や勉強に欠かせない方も、たくさんいることでしょう。
しかし、パソコンにトラブルが起きると対処法に困る方も多いと思います。
特に、パソコンの内部から異音が聞こえると心配になる方もいるでしょう。
そこで、今回はパソコンから発生する異音についてご説明します。
パソコンの内部からはいろいろな音がするものですが、中には故障しているから出る音もあるのです。
パソコンの調子が気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. パソコンから発せられる音とは?
  2. パソコンから異音がする際の対処法とは?
  3. パソコンを処分する際の注意点
  4. おわりに

1.パソコンから発せられる音とは?

まず始めに、パソコンから出る音についてご説明します。
どのような音に気をつければ故障の兆候がわかるのでしょうか?

1-1.パソコンは音がするもの

パソコンの中では、いろいろな機械が動いています。
ですから、完全に無音で動くパソコンはありません。
どのようなパソコンでも、音がするのです。
代表的なものは、硬いものをひっかくような「カリカリ」という音。
これは、ハードディスクに情報が記録される音です。
また、「フォーン」という低くうなるような音がする場合もあるでしょう。
これは、パソコン内部の熱を逃すためにファンが回転する音です。
さらに、CD-ROMなどをいれると低くうなるような「ブーン」という音が聞こえます。
これは、CD-ROMを読みこんでいる音です。
ですから、パソコンから聞いたことがない音がするといっても問題ないものが多いでしょう。
心配ならばメーカーのホームページを確認してみてください。
パソコンの異音に関する説明をしているページがあるはずです。

1-2.こんな異音は要注意

しかし、中には気をつけた方がよい異音もあります。
たとえば「最近急にパソコンから大きな音がするようになった」という場合。
これは、パソコン内部にほこりがたまっていたり、パソコンの部品が劣化していたりするときに起こります。
また、今まで聞いたことのないような音がパソコン内部からした場合も、注意した方がよいでしょう。
さらに、パソコンのマザーボードが故障すると警告音が鳴るパソコンもあります。
「ピー・ピー」という電子音がパソコンの内部からしたら、警告音の可能性が高いでしょう。

1-3.実は無音が一番怖い

では、パソコンから全く音がしなければよいのかといえば、それは違います。
パソコンから全く音がしないというのは、パソコンの内部が全く動いていないことです。
特にハードディスクが完全に壊れてしまうと、動かずに無音のままでしょう。
ですから、「音がしなくなったから」と喜んではいけません。
むしろ、異音がするうちに対処した方がよいでしょう。

12