ハードディスクや外付けHDDを物理破壊する方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今やビジネスにパソコンは欠かせなくなりました。
会社の重要な情報がパソコンの中にぎっしり詰まっているというところも多いでしょう。
しかし、困るのはパソコンが壊れてしまったときです。
ハードディスクやHDDの中身を消去したければ物理破壊をするしかない、ということもあるでしょう。
そこで、今回はその方法をご紹介します。
パソコンが壊れたときだけでなく、絶対に流出してはならない情報が入ったパソコンを処分したいときにも使えるでしょう。
パソコンの中の情報を完璧に消去したいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. パソコンの情報が記録されている場所とは?
  2. パソコンが壊れると困る理由とは?
  3. ハードディスクを物理破壊するとはどういうこと?
  4. おわりに

1.パソコンの情報が記録されている場所とは?

パソコンの情報は、ハードディスクと呼ばれる場所に記録されています。
パソコンを立ち上げると、カリカリという音が聞こえてくるでしょう。
これが、ハードディスクです。ハードディスクはパソコンの中に内蔵されていますが、容量を増やしたい場合は外付けのものが販売されています。
これが、「外付けHDD」と呼ばれるものです。
パソコンの中に記録した情報を削除する場合、通常は「削除」の項目を選んで実行します。
しかし、これだけではハードディスク内に記録されている情報は消えません。
少しパソコンに詳しい人ならば、簡単に復旧できてしまうでしょう。

12