パソコンに含まれるレアメタルの含有量とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

現在、パソコンはPCリサイクル法に基づいて処分しなくてはなりません。
その理由は、パソコンの内部にレアメタルがたくさん使われているからです。
そこで、今回はパソコンの内部に使われているレアメタルの含有量についてご説明します。
いったいどのくらいの量が含まれているのでしょうか?
また、パソコンのリサイクル方法なども一緒にご説明します。
パソコンを使っている方は、ぜひ読んでみてください。
あなたがお使いのパソコンの中にもレアメタルは含まれているのです。

目次

  1. レアメタルって何?
  2. パソコン1台に含まれているレアメタルの量とは?
  3. レアメタルはどうして高価なの?
  4. パソコンはどうやってリサイクルされるの?
  5. おわりに

1.レアメタルって何?

レアメタルとは、「希少金属」ともいわれ、非鉄金属のうちで流通量と使用量が少ない金属のことです。
ちなみに、レアメタルとは日本だけで使われている言葉で、海外では「マイナーメタル」といいます。
希少金属というと、金や銀が真っ先に思い浮かぶ方も多いでしょう。
しかし、金は貴金属でありレアメタルには分類されません。
レアメタルのうちで私たちになじみがあるものといえば、白金やチタン、コバルトでしょう。
レアメタルは、主に電子機器などに使われます。
貴金属のように宝飾品に使われることはほぼありません。
もちろん、パソコンにもレアメタルは使われています。
1台1台に使われている量はとても少ないですが、たくさん集まればバカにできない量になるでしょう。

12